「HIGH FORGED」のビードロック17インチを装着したタンドラ

ピックアップトラック

逆輸入車

OTHER

覇王

アメマガ2022年4月号

タンドラ

HIGH FORGED

AMERICAN CUSTOMS

HAOU WHEELS

2014 TOYOTA TUNDRA

AMERICAN CUSTOMS


カスタムの醍醐味はイマジネイション!

2014 TOYOTA TUNDRA

ボルトオン装着可能な市販品で着飾るのも悪くない。ブランド=ステイタスってのも頷ける。だけど、こだわればこだわるほどに、他人と同じじゃ満足できなくなるのがカスタムの奥深さ。その沼にハマりし者が行き着く先こそ、ワンオフワールドだ。

一通りスタイルを確立した後、リセットしてリトライ!

豪快に川へ侵入して撮影してから数年。かつて覇王ホイールのデモカーとして本誌誌面を賑わせたあのタンドラが再び誌面に登場することとなった。キッカケは昨年末のクロスファイブ・ファイナルの会場。一昨年エントリーしていた時の面影はほとんどなくなり、始めてエントリーした時のサイクルキャリアスタイルとも異なる。

 

誌面に登場した時は同色のカヤックを積載しての撮影だったことも記憶に新しく、思い返せば毎回思考を凝らしたマニアックで個性的なスタイルで我々を楽しませてくれるKokiさん。そんな彼がフルオーダーフォージドホイール「HIGH FORGED」の新作ビードロック17インチの第一号モデルとして新たに仕様変更を果たした。そのホイールに触発されて、覇王ホイール神戸営業所独自ディビジョンとして新たに展開することとなったのが、ワンオフバンパーやワンオフラックを初めとするアイアンワークだ。完全フルオーダー制で、寸法から角度、形状までこだわりたい方にとって、まさに吉報である。

2014 TOYOTA TUNDRA

ポケットスタイルのビス穴をすべてプレーンに加工してバンパー側へと絶妙な角度でアプローチしつつ、重厚感をセンターに集中させて両サイドタイヤが正面からのアングルでワイルドに魅せつけるフォルム造型美がまさにソレ。さらにベッド部分からゲートを飛び出してスィングアームロング加工を施すバギーの寸法と合わせたキャリアもKokiさん自ら製したもの。

 

この他リフトアップで必須となるマウントを隠すプレート(通称「下駄隠し」)や、ワンオフルーフキャリアなど、要望があれば様々なアイアンパーツを設計、製作してくれるとのこと。「ない物は作る」をコンセプトに、フルオーダー鍛造ホイールを筆頭に、そのもう一歩先へと世界観を広げ続ける覇王ホイール。カスタムのあるべき姿を追求する冒険は、これからが本番と言ったところだ。

DSC_6416DSC_6413

軽量なファイバーではなく、強靭なアイアン製法のオリジナルフロントバンパー。多少オフロードでヒットしても凹む心配もなく、上から同系色のラプターライナーで塗れば即席でリペアが可能となっている。オーバーフェンダーからナチュラルに造型された両サイドのアプローチもお見事!

DSC_6432 DSC_6443 DSC_6433

ベッドにバギーやバイクを積むのがセオリーなトラッキンライフではあるが、積載スペースの有効活用と積んだ時のフォルム重視で、キャリアを製作してウインチで引き上げてバギーを載せるのがクール。両サイドの造型は他車種用のサイドステップを流用しており、タフな印象を色濃く反映。ブルヒッチも抜群に似合う!

DSC_6386 DSC_6397 DSC_0788

HIGH FORGEDの新作17インチビードロック第一号としてオーダー。ビード部分をボディカラーとマッチさせつつ、ニットー・トレイルグラップラーの40×13.5R17とタイヤの厚みにこだわった組み合わせが、オールドスクールなリフテッドトラックらしくて好印象。フルオーダー製法なので車種やジャンルを問わずお好みのリムデザインでオーダーが可能だ。

DSC_6391DSC_6440

ラフ& カントリーのVERTEXリザーバータンク式のショックを前後に装着する足回り。ベースとなるプロコンプのリフトアップキットとも相性が良く、40インチの重量級タイヤ装着でも乗り心地は上々。


HAOU WHEELS【覇王ホイール】

TEL:0995-73-8684
HP:http://www.haouwheels.com
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年4月号掲載

関連記事

RELATED


鹿児島発信!ワイルドリフテッドのタンドラが超ヤバい!

2010 TOYOTA TUNDRA

マットラッピングで楽しむアイランドスタイルの真骨頂!

2007 TOYOTA TUNDRA LIMITED

ハニーDのエアロなら、アゲもサゲも似合う!【トヨタ タンドラ】

トヨタ車でありながら、アメ車と違わぬ個性や空気感を醸し出すUS TOYOTA。その中でもタンドラは、圧倒的なサイズやV8エンジンなど、どこを見ても〝アメ車!〟と思わせられる内容を誇る。

SUVも豊富に取り揃えている、札幌のトミーモータース

以前ビンテージアメリカンを紹介した、札幌のトミーモータース。実はSUVも豊富に取り揃えており、最新モデルもいち早く導入。今回は、エスカレードとタンドラを紹介しよう。

トヨタのタンドラって何がスゴイ?逆輸入車の知名度を押し上げた初代を解説

トヨタの「タンドラ」といえば、言わずもがな欧米でも絶大な人気を誇り、日本の「アメ車」として有名な逆輸入車だ。特にタンドラは第二世代がフォーカスされがちだが、この地位を築き上げたのは初代あってこそ。今回はそんな初代モデルについてご紹介。

Text & Photos|アメ車MAGAZINE編集部
アメ車マガジン 2019年 1月号掲載

 

最新記事


2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。