日本最大級の屋外クルマイベント『CUSTOM JAPAN』に2017年もアメマガが参戦!【amZ】

amZ

カスタムジャパン

フジスピードウェイ

amZ

アメマガミーティングZ

アメマガミーティング

CUSTOM JAPAN

FUJI SPEED WAY

静岡県

amZ 2017

今回は大型の台風が接近し、開催が危ぶまれたなかで決行することに。雨にも台風にも負けず来てくれたユーザーとショップを一挙公開しよう!


雨にも台風にも負けずアメマガ祭り2017開催!

2017.10.22 FUJI SPEED WAY with CUSTOM JAPAN

クルマ雑誌の垣根を越えて合同クルマイベントを開催。これが日本最大級の屋外クルマイベント「CUSTOM JAPAN」だ。2016年に続きアメマガは、同イベントのアメ車部門を担当することになり「アメマガミーティングZ」と称して挑んでいる。ただ今回は大型の台風が接近し、開催が危ぶまれたなかで決行することに。雨にも台風にも負けず来てくれたユーザーとショップを一挙公開しよう!

日本のカーカスタマイズ文化を広げようと、普段はライバルとなる出版社同士が利害を超えて、同じ時、同じ場所でカスタムイベントを行なうというのが「CUSTOM JAPAN」。そのアメ車部門を担当するのが2016年に続きアメ車マガジンというワケだ。2016年は8月開催だったが、2017年は10月22日(日)、場所は同じくフジスピードウェイ。

今回は開催がハロウィーンが近いということで「みんな仮装して参加しよう」と呼びかけたのだが、天候がまさかの台風直撃! 雨の中で仮装は少々厳しく、せっかく用意した衣装も着替えられず断念したユーザーも…。残念ながらエントリーと出展も台風でキャンセルも相次ぎ、規模的にはトーンダウンしてしまったけど、来場してくれた方たちには少しでも楽しんでもらおうと、参加ショップの方々も色々と奮闘。とにかく、こんな天候の中で来てくれたユーザーさん、ショップの方々、本当にありがとうございました! 次回開催は未定ですが、今度こそは快晴で開催させましょう!

CSフジテレビ「カスタム野郎Cチーム」が撮影
amZ会場内のアメ車を湘南乃風のRED RICEさんがカスタムチェック!

今まで音も無い静か~なイベントだったけど、今回のamZでは会場の音響を一気に引き受けるツータイト・DJ DEEQUITEさんのブースも設置。クルマに特化したMIX CDも販売し、これを聞けばきっと楽しいドライブが間違いなし!

遂にアメマガにamZガール登場!

今回のamZで遂に(?)キャンギャルが登場! 写真左から水嶋ななさん、坂井伊織さん、立花未来さんの3人がイベントに花を添えてくれた。台風じゃなければ、もっと様々なハロウィーン衣装に着替えてもらう予定だったけど、それができず無念。それは今後のアメマガのイベントに期待しましょう!

amZでハロウィーンを楽しもう!参加者達の仮装を紹介!

みんなでやれば恥ずかしくない! アメ車×ハロウィーン

ハロウィーン間近なのでみんなで仮装してイベントを楽しもう!台風で厳しい状況のなか様々な衣装にチェンジ!こりゃ来年はハロウィーンイベントやるしかない?

とにかくみんな様々な衣装や小道具を持ち込んで来てくれました! 最初はみんな周りを伺いながらの雰囲気で、誰かが着替えて歩き回れば着替え始めるという、ちょっとシャイな参加者達(笑)。もちろん我々アメマガスタッフも衣装チェンジしましたよ! 本来なら仮装する予定だったけど、台風で着替えを遠慮する参加者も多かったようで、やっぱりいろんな意味で台風でのイベントはツライですな…。でも、面白いという声もあったので、2018年はハロウィーンパーティやっちゃう?

子供が泣き叫ぶほどの、恐怖のハロウィーングッズを大量に販売するガレージジョーカー。このブースだけ異様な空気か流れていた…。

出展ブース一挙公開

台風の影響は出展ブースにも及び、残念ながらキャンセルも複数あり…。それでも、こんな天候のなかでも来てくれたユーザーのために、様々なパーツやUS雑貨を並べて盛り上げてくれた各ショップには本当に感謝です! エントリー者に配られた1000円の商品券を手にして色々物色する光景が多く見られたので、今後イベントで商品券配布またやるかも?

BF Goodrich

BFグッドリッチのブースではアンケートを実施。アメ車好きには定番のタイヤ「BFGoodrich Radial T/A」だが、実は正規輸入品ではないそう…。そこで正規輸入に賛成か反対か、また輸入するならどんなサイズ? などなど、参加者にアンケートをとっていたのだ。

www.bfgoodrichtires.co.jp/

TIGER AUTO

新車コンプリートの元祖と言うべきタイガーオートは、タイガーパッケージのCタイプを展示。MKWのホイールにBFグッドリッチのAT KO2の35インチを装着。JAOSのバンパーにはLINE-Xを施し、強度のUPと個性を追求。ジープグッズの販売もしていた。

www.tigerauto.com/

GARAGE JOKER

ヴィンテージ・セダンから最新のSUVまで。扱わないアメ車はない! おなじみ「ガーレジJOKER」のブースには、巨大なキャデラック・フリートウッドがデンと置かれていた。ブースの中にはハロウィーングッズがいっぱい!! 本場USグッズも豊富に揃ってます。

www.garage-joker.com/

カーゴトレーラーのMAROYA

本場のカーゴトレーラーを日本のユーザーにデリバリーする「MAROYA」。今回も会場にはイカしたトレーラーをJeepコマンダーで引っ張ってきた。トレーラーの中には、これまたレアなアメリカングッズがびっしり。興味のある方はお店に! 常時10台くらい展示中だ。

www.maroya.jp/

ALL IMPORT

USの本格チューニングブランド「COBB」を日本のユーザーにも紹介している「ALL IMPORT」。ブースには走りに振ったマスタングとチャレンジャーを展示。吸排気系パーツからサスペンション、ブレーキまで。アメ車ではまだまだ少ない、オトナのスープアップに注目!

www.allimport.jp/

MONAMI MOTORS

逆輸入車、とくにNISSANやINFINITYを得意としている「MONAMI MOTORS」は、2台のフルサイズ・ピックアップトラック“タイタン”を展示。レッド×ブラックのタイタンは10年型。リフトアップスタイルがイカす! もう1台は17年型の最新モデル。いいね~!

https://www.monamimotors.co.jp/

FAST

大型台風が吹き荒れる中、はるばる大阪から駆けつけてくれたのは「F.A.S.T」。しかし長旅と荒天の疲れからか、代表の大森さんは車内で爆睡中…。せっかく駆けつけてくれたのに、挨拶できずじまいでした。もちろんダッジバンのパトロールカーは会場でも存在感バツグン!

http://fast1976.jp/

BRIDGE!

「BRIDGE!」のブースには'16GMCシエラがfor SALE。24インチを履くシングルキャブ仕様に、アクティブなスポーツを楽しみたいユーザーが熱視線! USの街で実際に使われていたというサインボードの数々も、ここでなければ手に入らないレアものなのだ。

http://bridge77.vg/

GRACECAB

お店のスタッフの皆さん、それにお客さんたちと、嵐の中、和気アイアイと過ごされていた「GRACECAB」ご一行様。テントの前にはfor SALEの3台が。300C、8th&9thサバーバンと、個性派が並ぶ。とくに300Cはフルエアロ&車高調、22インチで308万円とお買い得!

http://gracecab.jp/

JETCITY

広島から3台のチャレンジャーを持ち込んでくれた「JETCITY」。メインブースの前に置かれた08年型チャレンジャーはair Force Japanのエアサスをセットアップ。車高のコントロールがリモコン1つでOKなのだ。さらにユニバーサル・エアサスペンションの装着車も。

http://carshop-jetcity.com/

COAST MOTORING

アグレッシブ&スポーティなカスタムを得意としている「COAST MOTORING」。ブース前には28インチを履き、両サイド3連テールのマフラーを装着したエスカレードを。さらにブース向かいにはレーシーな2台のチャージャーと、エアロでまとめた300Cでインパクトな演出。

http://coast-jp.com/

SAVINI

プレミアムなアメリカンホイールで足もとを演出してくれる「SAVINI Wheel」。ブース前のエスカレードは、超個性的なローズゴールドの24インチ「SV66D」を装着。フォージドの2ピースで強靱さも魅力だ。ほかにフォージド2ピースは、豊富にラインナップ。

http://saviniwheels.jp/

PGD

プラチナム・グラフィック・デザインを手がける「PGD」。つまり特殊なラッピング技術だが、ブースにはそのすべてを注いだマスタングが。マジョーラ風なベースとオリジナルデザインで、陽の当たり方によってカラーが変化。予算は60万円~、これはハイセンスで目立つ!

www.pgd-wraps.com/

LUXZ

エッジの効いたスポーティチューンが魅力の「LUXZ」。ブースにはレース仕様のチャレンジャーを展示し、カスタムレベルの高さをアピール。ブース内では雑貨の販売も行われ、とくにチケット利用で1000円で手に入る、レアなTシャツが大人気。雨の中、お疲れでした!

http://luxz.jp/

GRAND ARTS

エアブラシ、ピンストライプなど、カスタムペイントの名手「GRAND ARTS」は、作品例とともに自慢のテクニックを披露。スマホにピンストを入れてくれるサービス(有料だけど)も行なってくれた。天気がよければ、ぜひお願いしたかったのだが…また、お願いしますね!

https://www.grandarts.net/

尾林ファクトリー

ストレッチカスタムを施したシェビーバンがランドマークになった「尾林ファクトリー」。ブース内にはアストロのリアにセットアップされたオーディオカスタムが!さらにインフィニティQ56も…さすがのノウハウは、台風の豪雨・強風にも負けないサウンドを奏でていたぜ。

www.obayashi-f.jp/

AZZURRE MOTORING

超カスタムを施したマスタングとエスカレード、最新モデルを持ち込んでくれたのは「AZZURRE MOTORING」。圧倒的な迫力のエアロデザイン「ZERO Design」や、大口径のスポーツホイール「SKY FORGED」など、プレミアムなカスタムの数々はアメ車乗りの憧れだ!

http://azzurre-motoring.com/


ユーザーエントリーカーはこちらから


■写真/浅井岳男、古閑章郎、加藤山往
■レポート/浅井岳男、加藤山往、高坂義信、編集部
アメ車マガジン 2018年1月号掲載


最新記事


2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。