amZ 2018に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その②

amZ

amZ

amZ 2018

カスタムジャパン

お台場

東京都

アメマガ2019年2月号

アメ車マガジンミーティングZ エントリーユーザーカー その②


amZ 2018ユーザーエントリーカーを紹介②

CHEVROLET ASTRO

owner:紅雲さん
エンジンを載せ替えて点火系チューニング

前オーナーのエンジンブローしてしまった93年型アストロを引き継ぎ、95年型エンジンを搭載。さらに点火系チューニング、ヘダース、オールペン、フレアフェンダー、ヒッチのシンプソンズなど、カスタムを盛り込んで立派なファミリーカーになった。

CHEVROLET ASTRO

owner:nickさん
アストロは最高のファミリーカー!

S-10、ダッジバン、カプリス、K-1500と乗り継いで「一周まわってアストロに」とnickさん。奥様が古いクルマに理解があるそうで、それについて感謝の言葉を忘れない。一緒に写っている息子さんが免許を取得するまで、大切に乗りたいとコメント。

DODGE RAM RUMBLEBEE

owner:senasenaさん
日本では実用的でないところが魅力!?

「アメ車初心者なので、分からないことだらけです。教えてください」と話すsenasenaさん。限定車のランブルビーを購入したきっかけは、奥様が欲しがったから。街で他の赤ラムSRTを見かけ惚れたそうで、実はラムに乗るのも奥様ばかりという。

CHEVROLET ASTRO

owner:シモハタさん
97年型アストロに乗り替えたばかり

購入して2ヶ月ながら、実は前のクルマも同年型アストロだったというシモハタさん。前のクルマはそれなりにヤレてきたので乗り換えたそうで、この美しいボディカラーは購入した時点から。イメージクラフトのエアサスが入り、AWは入念に磨いたそうだ。

FORD MUSTANG

owner:Toshimaaさん
COBBチューニング・ステージ3でシンプルに

カマロと悩んで3年前にマスタングを購入。父がマスタング派のため、ある意味では親孝行である。「できるだけシンプルなカスタムを!」とポリシーがあり、ポイントはCOBBチューニングのステージ3へのアップ。さらにエアサスも搭載済み。

CHEVROLET ASTRO

owner:オレンジさん
アストロ複数台持ちが惚れる程度極上車

オレンジさんはアストロを5台持っており、うち1台をバラしてパーツ供給源にしたベテラン。イベント時はオレンジのアストロで来ることが多いものの、今回は89年型で登場。しかしコンディションは極上。ムーンディスクの中身はボイドホイールだ。

TOYOTA TUNDRA

owner:瀬沼 剛さん
できることは自分たちで。ファミリーでカスタム

特徴的なカスタムとして目立つのは、ベッドからニョキッと生えた煙突マフラー。実はオリジナルの作品らしく「できることは自分たちで」とファミリーでカスタムを楽しんでいるとか。足回りにはラメを吹き付けてあり、それも自分で吹き付けたそう。

DODGE MAGNUM

owner:吉岡紘助さん
地表スレスレ限界車高はノーエアサス!

エアサスではなく、車高調で地面スレスレの車高を実現したマグナム。クルマを見て「どこのエアサスです?」と問われて「車高調です」と返したときの反応が、たまらないらしい。「これからもぶっとんだことをやっていきます」と期待できそうだ。

GMC SIERRA 3500

owner:しずさん
でかいクルマに乗りたくて選びました!

以前はタンドラだったが、物足りなさを感じ「でかいクルマに乗りたい」とシエラに乗り換え。フロントを2インチリフトアップして、KMCのXDホイール、AMPのサイドステップと、実用性高めのカスタム。オーディオかトレーラーを検討中。

DODGE DAKOTA

owner:HIRO20さん
トレーラーを見てね(BOXX Trailers)

クルマはノーマルのダコタで、高速ならリッター14kmは走れるとか。しかし主役はリアのトレーラー。「BOXXトレーラーズ」としてトレーラーを取り扱う仕事をしているそうで、気になる人は検索してみよう。バギーの搭載など使い勝手無限大。

LINCOLN NAVIGATOR

owner:増田真治さん
まだまだ発展途上、これからドカーンとカスタム

ヘッドライトのインナーペイントでフェイスの印象をハンサムにし、ローダウン、AWも完了。しかしまだまだ満足いかないらしく「これからドカーンとカスタムを」と語る。どうやらワイドボディのレーシー方向らしく、完成が楽しみな1台だ。

DODGE CHARGER

owner:ちゃじゃおさん
全国のイベントに参加し4年で16万㎞走破!

週末の予定はほぼイベント参加で、とにかくイベントが大好きなちゃじゃおさん。所有4年で走行距離が16万㎞オーバー。オイル交換などメンテナンスは絶対に欠かせない。暗闇で反射するボディのラインテープを増やし、夜の姿は激変する。

DODGE CHALLENGER T/A392

owner:たかし☆たかしまだいらさん
異次元のパワーに引かれてアメ車の虜に!

友人のマグナムを運転したら異次元のパワーに引かれ、アメ車の虜になったとか。それ以来、グラチェロ、マスタング、チャージャーなど乗り継ぎ半年前にチャレンジャーT/A392を購入。本来はカスタムする予定も残念ながらパーツが届かず…。

DODGE CHARGER SRT HELLCAT

owner:Hiroさん
チューニングで900hpを発揮する!

今までは家族中心で欧州車に乗っていたけど子育てが一段落し、自分が一番乗りたいクルマとして選んだのがチャージャーヘルキャット。吸排気チューン、ロアプーリー交換、CPUセッティングで900hpまで引き上げたとか。ゼロヨンが10秒台!

DODGE CHARGER

owner:長池亮治さん
チューニングで注目のHPPデモカー!

埼玉のチューニングショップHPPのデモカーであるチャレンジャー。特注カムシャフトに変更するなど様々なメニューが施され、PCM/TCM現車セッティングも実施。新たにHPPオリジナルワイドフェンダーも製作してお披露目となった。

DODGE CHALLENGER

owner:ハマちゃんさん
今はまだノーマルだけど変わっていきます!

経験上「ほぼノーマルですけど」と言う人ほど、何かしらやっているんだけど、ハマちゃんさんもやっぱり車高調、ストレートタイプマフラーなど施工済み。ホイールを変えれば理想のカタチだそうで、それまではノーマルと言い続けるのかな。

DODGE CHALLENGER

owner:満腹亭豚丸さん
通勤で遅刻しそうになったらNOS発射!

数々のチューニングを行なうHPPで、NOS搭載という特殊なメニューが施されたマッドレッドのチャレンジャー。「マジで遅刻しそうになったときにNOSを押します!」と満腹亭さん。そんなギリギリな世界で生きてるんだね~。

JEEP GRAND CHEROKEE

owner:TamaOnlineさん
ロシアで見つけたグラチェロ用グリル!

パッと見このクルマが何か分かりませんでした(笑)。グリルが変わると印象が変わるよね~。このグリル、ロシアのメーカーらしいです。ボディカラーは、もう一台の愛車であるチャレンジャーのB5ブルーでオールペン。さらに進化予定!

DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT

owner:@redkeyyyyyさん
ぼちぼちカスタムしていきますかね~

チャレンジャー乗りの間では有名なカスタムチューニングされたチャレンジャーを乗っていたけど、1年前に突然ヘルキャットに乗り換え。フロントスプリッター、ウィッカービル、リアディフューザーを装着し徐々に進化。どうなるか期待です!

CHEVROLET CORVETTE

owner:HPPデモカーさん
サーキット走行用にチューニング着手!

サーキット走行用にC7コルベットをチューニング。GTウイングやカナードなど装着し、スロットル、吸気、現車セッティングを実施。実はオーナーは、HPPでチューニングしたエコブーストマスタングに乗っていた方。速いクルマが好きだね~。

CHEVROLET K2500

owner:けーたさん
国産ヨンクに立ち向かう 454エンジンの力持ち!

国産ヨンクがひしめくオフロードイベントに、K2500で積極的に参加するけーたさん。泥んこまみれで走る姿はかなりメチャクチャカッコ良く、アメマガも昔から彼を応援している。ボロボロになってもコツコツメンテして、今後も乗り続けて!

CHEVROLET S10 BLAZER

owner:片倉普さん
真面目だけが取り柄のオーナーです(笑)

「魅力をまだ見つけていなく、これから良い部分を探していきます」って、S10の話ではなく片倉さんの話。「自分、真面目だけが取り柄です…」。撮影しててチョット笑っちゃいました。デイトナ15インチ、フローマスター40装着です!

CHEVROLET CORVETTE Z06

owner:momoちゃんさん
ハイクオリティなオリジナルDIYが満載!

DIYでのカスタムとは思えないのがこのコルベット。自作パーツはヘッドライトやリアスプリッター、メーターカバーなど内外装にびっしり。とくにブラックホールミラーテールは、思わず注文したくなる完成度になってます!

LINCOLN NAVIGATOR

owner:安室武久さん
高級感・大きなトルク、ナビゲーター最高!

以前のクルマは02ナビゲーターだったけど、モデルチェンジした08ナビゲーターのインテリアに一目惚れして乗り換え。「高級サロンのようで踏めばガンガン走る。もう最高ですよ」と安室さん。今の所ノーマルで満足しているようです!

DODGE CHALLENGER

owner:おはるさん
サイド出しマフラー初号機でクールにカスタム

サクソンレーシングからリリースされる予定のサイド出しマフラー。そのプロトタイプに換装したおはるさんのチャレンジャー。漆黒のボディと、2トーンガンメタのアルミなど、オリジナルなカラーリングなど細部までこだわったペイントもクールだ。

CHEVROLET CORVETTE

owner:江口巧一さん
解放感がたまらないコンバーチブルコルベット

オープンの解放感とスタイルお気に入りという江口さん。購入して2年というが、現状ではカスタムしたのはアルミのみ。他はフルノーマルのスタイルで大人なスタイルを楽しんでいる。amZでカスタムしたくなりました?

CHEVROLET CORVETTE ZR-1

owner:鈴木哲也さん
C4の走りに磨きをかけるチューンをほどこす

完成度の高いC4だが、その走りにさらに磨きをかけたのが鈴木さんのC4ZR-1。エンジンはDOHCのLT5のパワーを最大限に引き出すためMOTECのフルコンをインストール。マフラーもST5に交換しトータルでチューンしている。

CHEVROLET CORVETTE

owner:IKEさん
ライトチューンでスマートなスタイリングに

購入して1年というIKEさんのC6。エクステリアはカーボン製フルエアロを装着しスポーツカーであることをアピール。走りではK&Nのエアクリに換装し、純正ルックをキープしたスマートなスタイリングでカスタムしている。

FORD MUSTANG SALEENH281

owner:MORIさん
日本に3台しかない激レア車が登場!

マスタングベースのチューニングモデル、サリーンH281。3台しか輸入されなかったという激レア車。そのレア感を大切に乗るのがMORIさん。08モデルだがプラやメッキパーツは交換するなどレストア。アルミのみPJグレードに換装している。

CHEVROLET CORVETTE

owner:角谷実さん
超個性的なC3はDIYのカラーラッピング!

星条旗をまとった個性的なC3は角谷さんの愛車。このグラフィックはカラーラッピング。しかも角谷さん自らDIYで行なったというから驚き。そんな愛車のお気に入りのポイントは、350から383馬力へとボアアップしたLT-1だ。


満員御礼!第3回 amZ アメ車マガジン祭りは、念願だったお台場で初開催!

出展ブースがズラリと並んでamZの会場を埋め尽くした。

ピンスト入りラジオフライヤーを授与できるのは、最優秀賞を合わせて計7つ!

amZ 2018に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その①

amZ 2018に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その③

amZ 2018に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その④

amZ 2018に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その⑤

amZ 2018に集まったユーザーエントリーカーを一気見せ その⑥


PHOTO★古閑章郎・加藤山往・Tomo’s PHOTO・石井秋良・編集部
TEXT★高坂義信・加藤山往・石上智章・石井秋良・編集部
アメ車マガジン 2019年 2月号掲載


最新記事


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

ランキング


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。