貴重なコルベットC1とC7がライオンハートに集結!【ライオンハート】

クーペ

オープン

LION HEART

C7コルベット

CHEVROLET

愛知県

C1コルベット

シボレー

ライオンハート

コルベット

愛知県一宮市のアメ車専門店ライオンハートに、初代と現行のコルベット計3台が並んだ。アメリカンスポーツの象徴とも言える今昔のコルベット。この3台に注目する。


注目MODEL LION HEART X CORVETTE

多様なラインナップは希少車も充実している

カスタムスタイルの提案を基軸として、様々なアメ車を扱う愛知県のライオンハート。だが、それだけではないのが同店の魅力。このコルベット3台は、たまたま取材時点で撮影できた組み合わせ。ブラックのC7はまさに撮影中に成約が決まったものの、C1とシルバーのC7は販売車両だ。ライオンハートのカスタムには定評があるものの、それを押し付けるようなことはしない。

貴重なC1であれば、できるだけオリジナルを尊重するし、メーカーが充分な装備をそろえたZO6なら、無理に店の色を付けようとせず、良いコンディションでユーザーに提供できるよう務める(もちろん、ユーザーが望めばどんなカスタムにも応じられる)。アメ車好きのニーズに従って全力でサポートするというのが、同店の魅力そのものである。

ヴィンテージカーに類するC1、プレオーダー限定カラーのC7のように、こうした貴重なクルマが集まるという点も、店の特徴と言える。実は、ショップの特色は中古車の品揃えでも感じられるものだ。全国に納車実績があり、誠実にカーショップとして運営していれば、やがてアメ車好きの間で輪が広がっていき、希少なクルマも集まるようになる。ライオンハートは老舗と呼ぶほどの歴史はないものの、確かな歩みを続けてきたことが、この3台で分かる。

1960 CHEVROLET CORVETTE C1

"][vc_column_text]1953年から1962年に生産された初代コルベット。その1960年型モデル。見る限り外装はペイントし直した様子で美しい状態。フレームオフレストアが施されており、下回りも美しいコンディションでサビやヤレは見当たらない。エンジン、ミッションともにオリジナルを残しており、社外品として明確なのは、定番とも言えるホーリー・パフォーマンス・プロダクツのキャブのみ。幌は張り直す予定。

_HMP4650

_HMP4658

_HMP4663

_HMP4661

2015 CHEVROLET CORVETTE C7 Z06

現行コルベットのスーパーチャージャー搭載モデル「ZO6(ジーオーシックス)」の、プレオーダー時のみとなるカラーリング。外装シルバー、内装レッドの組み合わせは珍しい1台。走行距離は2900kmと極めて少なくワンオーナー。MT。

_HMP4636

_HMP4621

_HMP4629

2016 CHEVROLET CORVETTE C7 Z06

ZO6で外装ブラック、内装レッドというカラーリングは珍しく、日本に1台しかないとされるもの。ローダウン、カーボンリアディフューザーのカスタムが施され、AT搭載の1台ではあるが、実は撮影中に電話がかかってきて次のオーナーが決まったところ。ファンにとって入手できる機会は遠のいたが、ライオンハートの更なる仕入れに注目しよう。

_HMP4597

_HMP4608

_HMP4612

_HMP4615


LION HEART【ライオンハート】
●所在地/愛知県一宮市萩原富田方上畑19-1
●TEL/0586-67-1711 
●URL/http://www.lionheart2005.com


写真&文/加藤山往(ハチメガプロダクション)
アメ車マガジン 2018年 5月号掲載


関連記事

RELATED


最新型カマロを入手するすこぶるスマートな方法【ラインハート】

愛知県一宮市のアメ車ショップ「ライオンハート」に、早くも中古の6世代カマロがラインナップされている。実はこの1台、本国から直輸入されたカマロである。このタイミングで選べる中古車に注目する。

C7カスタムのトレンドREVORIX集結!シボレーコルベット C7【ライオンハート】

車両価格はもちろん、それを乗りこなすライフスタイルなど、乗り手を選ぶコルベットC7。だからこそ、憧れの的。そしてそのC7の究極進化が、レボリックスエアロだ。究極進化の3台が集結するという圧巻の光景を見よ!

C7コルベットをブラッシュアップさせるマジック!流麗に、そして大胆に!!【WING AUTO】

輸入車の総合ディーラーであり、GMの正規ディーラーである「シボレー名岐」を展開するウイングオートは、魅力的なアメ車を数多く日本全国に配信し続けてきた老舗ショップ。

世界のスーパーカーをも凌駕する アメリカン・スーパースポーツ シボレーコルベット

コルベットというクルマはアメ車の中でも特別な存在だ。ファンからは最高の性能を常に求められ、実際、それに応えてきた。

70年型7AARクーダ、73年型ファイヤーバード、68年型と71年型カマロ、4台のビンテージマッスルの走りを披露【東海カーズ】

希少なマッスルカーを豊富在庫している『東海カーズ』。今回はそんな中から、70年型7AARクーダ、73年型ファイヤーバード、68年型と71年型カマロ、4台のビンテージマッスルの走りを披露してくれた。

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。