貴重なコルベットC1とC7がライオンハートに集結!【ライオンハート】

クーペ

オープン

LION HEART

C7コルベット

CHEVROLET

愛知県

C1コルベット

シボレー

ライオンハート

コルベット

愛知県一宮市のアメ車専門店ライオンハートに、初代と現行のコルベット計3台が並んだ。アメリカンスポーツの象徴とも言える今昔のコルベット。この3台に注目する。


[vc_row][vc_column][vc_custom_heading text="注目MODEL LION HEART X CORVETTE"][vc_column_text]愛知県一宮市のアメ車専門店ライオンハートに、初代と現行のコルベット計3台が並んだ。アメリカンスポーツの象徴とも言える今昔のコルベット。この3台に注目する。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_custom_heading text="多様なラインナップは希少車も充実している"][vc_column_text]カスタムスタイルの提案を基軸として、様々なアメ車を扱う愛知県のライオンハート。だが、それだけではないのが同店の魅力。このコルベット3台は、たまたま取材時点で撮影できた組み合わせ。ブラックのC7はまさに撮影中に成約が決まったものの、C1とシルバーのC7は販売車両だ。ライオンハートのカスタムには定評があるものの、それを押し付けるようなことはしない。貴重なC1であれば、できるだけオリジナルを尊重するし、メーカーが充分な装備をそろえたZO6なら、無理に店の色を付けようとせず、良いコンディションでユーザーに提供できるよう務める(もちろん、ユーザーが望めばどんなカスタムにも応じられる)。アメ車好きのニーズに従って全力でサポートするというのが、同店の魅力そのものである。ヴィンテージカーに類するC1、プレオーダー限定カラーのC7のように、こうした貴重なクルマが集まるという点も、店の特徴と言える。実は、ショップの特色は中古車の品揃えでも感じられるものだ。全国に納車実績があり、誠実にカーショップとして運営していれば、やがてアメ車好きの間で輪が広がっていき、希少なクルマも集まるようになる。ライオンハートは老舗と呼ぶほどの歴史はないものの、確かな歩みを続けてきたことが、この3台で分かる。 _HMP4681[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_custom_heading text="1960 CHEVROLET CORVETTE C1"][vc_column_text]1953年から1962年に生産された初代コルベット。その1960年型モデル。見る限り外装はペイントし直した様子で美しい状態。フレームオフレストアが施されており、下回りも美しいコンディションでサビやヤレは見当たらない。エンジン、ミッションともにオリジナルを残しており、社外品として明確なのは、定番とも言えるホーリー・パフォーマンス・プロダクツのキャブのみ。幌は張り直す予定。 _HMP4650 _HMP4658 _HMP4663 _HMP4661[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]

2015 CHEVROLET CORVETTE C7 Z06

現行コルベットのスーパーチャージャー搭載モデル「ZO6(ジーオーシックス)」の、プレオーダー時のみとなるカラーリング。外装シルバー、内装レッドの組み合わせは珍しい1台。走行距離は2900kmと極めて少なくワンオーナー。MT。 _HMP4636 _HMP4621 _HMP4629[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]

2016 CHEVROLET CORVETTE C7 Z06

ZO6で外装ブラック、内装レッドというカラーリングは珍しく、日本に1台しかないとされるもの。ローダウン、カーボンリアディフューザーのカスタムが施され、AT搭載の1台ではあるが、実は撮影中に電話がかかってきて次のオーナーが決まったところ。ファンにとって入手できる機会は遠のいたが、ライオンハートの更なる仕入れに注目しよう。 _HMP4597 _HMP4608 _HMP4612 _HMP4615[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]LION HEART【ライオンハート】 ●所在地/愛知県一宮市萩原富田方上畑19-1 ●TEL/0586-67-1711 ●URL/http://www.lionheart2005.com[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]写真&文/加藤山往(ハチメガプロダクション)[/vc_column_text][vc_separator][vc_column_text]アメ車マガジン 2018年 5月号掲載[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連記事

RELATED


最新型カマロを入手するすこぶるスマートな方法【ラインハート】

愛知県一宮市のアメ車ショップ「ライオンハート」に、早くも中古の6世代カマロがラインナップされている。実はこの1台、本国から直輸入されたカマロである。このタイミングで選べる中古車に注目する。

RK SPORT CARBON &GLASS FIBER BODY KIT FOR CHEVROLET C7 CORVETTE 【WINGAUTO】

C7コルベットがベース。第7世代の特徴は、流麗さはそのままによりラインを強調させていること。これによってイメージをガラッと変えてスポーティさに拍車を掛けているのだが、さらに進化をもたらしているのが、そうRKスポーツのボディキットというわけだ。

C7カスタムのトレンドREVORIX集結!シボレーコルベット C7【ライオンハート】

車両価格はもちろん、それを乗りこなすライフスタイルなど、乗り手を選ぶコルベットC7。だからこそ、憧れの的。そしてそのC7の究極進化が、レボリックスエアロだ。究極進化の3台が集結するという圧巻の光景を見よ!

世界のスーパーカーをも凌駕する アメリカン・スーパースポーツ シボレーコルベット

コルベットというクルマはアメ車の中でも特別な存在だ。ファンからは最高の性能を常に求められ、実際、それに応えてきた。

C7コルベットをブラッシュアップさせるマジック!流麗に、そして大胆に!!【WING AUTO】

輸入車の総合ディーラーであり、GMの正規ディーラーである「シボレー名岐」を展開するウイングオートは、魅力的なアメ車を数多く日本全国に配信し続けてきた老舗ショップ。

 

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

×