ゲットしないと一生後悔するMoparミニカーたち

ホビー・雑貨

マリブホビーズ

ミニチュア

MOPAR

アメホビ

アメカル

ダイキャスト

SOUL OF MOPAR

ミニカー


SOUL OF MOPAR MOPAR 1/18 scale MINIATURES

アメ車ファンには、ミニカーやグッズのコレクターは多いが、中でもMoparミニカーのコレクター熱はかなりのもの。その人気を反映して、とくに1/18ビッグスケールでは、ビンテージマッスルをはじめ数多くの魅力的なアイテムがリリースされてきた。ここでは過去に発売されたもの、そして今注目のミニカーまでを紹介していこう。

オサエておきたいMoparの1/18スケールミニカー

Moparは大好きだけど、実車を買うのは難しい…維持するのもツライ…という人には、実車を手に入れるまでの間は1/18スケールのミニチュアカー(ミニカー)をオススメしたい。1/64や1/43スケールのいわゆる「スモールスケール」でもMoparミニカーはそれなりにリリースされているが、その迫力や重厚感、そして種類の豊富さで言うと、1/18スケールの「ビッグスケール」がオススメだ。

ビッグスケールの場合は、これまではダイキャストアルミ製のいわゆる「ダイキャストモデル」が主流だったのだが、最近はボディはABS樹脂でインナーボディがダイキャストの「コンポジットモデル」や、レジンキャスト製のモデルも登場してきており、より様々な車種がリリースされるようになってきた。

で、ここではMoparのミニカーを紹介していくわけだが、やはりもっとも層が厚いのはビンテージマッスル系だ。人気のチャレンジャーやチャージャーは多くのメーカーから様々な仕様やモデルイヤーのミニカーがリリースされている。

アメリカの景気後退の影響もあり、一時期は新商品リリースが少なくなってしまったこともあるが、ここ最近は再販やバージョン違いのアレンジ品なども数多く登場している。今回は過去、そして最近の注目すべきMoparミニカーを紹介するので要チェックだ!

1970 DODGE CHALLENGER R/T




かつては数多くのマッスルカーミニカーをリリースしていた「ハイウェイ61」だが数年前に消滅。現在のアメ車ミニカー界のリーディングカンパニーのグリーンライト社の傘下になり再販された70年型チャレンジャー。映画バニシングポイントの劇中車と同じ仕様の白いR/Tで、文句なしのディテールの逸品。

1/18 HIGHWAY 61
http://www.greenlightcollectibles.com/

2010 DODGE CHALLENGER R/T




ハイウェイ61の金型をベースにACMEがリファインして2016年にリリースした現行チャレンジャー。こちらは世界限定250個のレアなダイキャストだ。

1/18 ACME
http://www.acmediecast.com

1969 DODGE CHARGER R/T




2007年にアーテルから発売されたアメリカンマッスルシリーズの上位モデル・オーセンティクスの69年型チャージャー。とくにブラックにレッドラインはレアなのだ。

1/18AMERICAN MUSCLE Authentics

1969 DODGE SUPER BEE “MOD TOP”




アメ車ミニカーのトップメーカーだったアーテルだが、10年ほど前から新製品のリリースはなし。こちらのコロネット・モッドトップは2005年に出たもの。

1/18 AMERICAN MUSCLE Ertl Colletibles

1969 DODGE CHARGER DAYTONA




NASCARのホモロゲマシン究極のMopar の69年型チャージャー・デイトナもアーテルが2007年にリリース。10年以上前の絶版品だがまだ入手はできそうだ。

1/18 AMERICAN MUSCLE Ertl Collectibles

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD




ロードランナーがベースのスーパーバードもNASCARのホモロゲマシン。こちらは2006年に発売されたもので2502個製作された。生産数が多いので入手可能。

1/18 AMERICAN MUSCLE Ertl Collectibles

1975 DODGE MONACO California Highway Patrol




以前アーテルが発売したダッジ・モナコを、カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール仕様でオートワールドがリファインしたもの。やっぱパトカーはマストバイだ。

1/18 auto world
http://www.autoworldhobby.com

1970 PLYMOUTH ROAD RUNNER




高品質ミニカーメーカーとして名品を多くリリースしたgmpも消滅…。現在はグリーンライト社の傘下で再販を開始。こちら2008年発売の伝説のミニカーだ。

1/18 gmp

1971 PLYMOUTH HEMI 'CUDA 426




こちらのハイウェイ61やアーテル製品などには限定品に「スーパーカーコレクティブル」ブランドが存在。このHEMIクーダは2003年発売の名品だ。

1/18 HIGHWAY 61

1992 DODGE VIPER R/T




昨年、GTスピリットモデルからリリースされたばかりの初代バイパーのレジンモデル。レジンのため開閉ギミックはないが、ハイディテールの逸品だ。

1/18 GT SPIRIT
http://www.gts-models.com

1995DODGE RAM 3500 “Dually”




かつてピックアップトラックやSUVを豊富にラインナップしていたアンソン製ラム3500デューリー。1995年にリリースされた絶版品。迫力のモデルなのだ。

1/18 ANSON

2001 DODGE DURANGO




こちらもドイツのメーカーのアンソンが2000年に発売したもの。ディテールはそれほど高くはないものの、全体的な雰囲気はカッコイイダイキャストモデル。

1/18 ANSON

2005 CHRYSLER 300C



_N6I3367
_N6I3183

リーズナブルプライスで魅力的なラインナップを展開するマイスト製の300C。プライスのわりに良くデキているコレクターに優しいモデル。2005年に発売。

1/18 Maisto
http://www.maisto.com

2014 Jeep WRANGLER




人気のJeepラングラーだが、1/18スケールでモデル化されているのはマイスト製のみ。なぜかロングの「アンリミテッド」はモデル化されていない…。

1/18 Maisto
http://www.maisto.com

1992 Jeep CHEROKEE




実車は人気が高いのにXJチェロキーのミニカーは少ない。こちらはオットーから昨年リリースされたばかりのレジンモデル。ギミックはないが非常に精巧なモデルだ。

1/18 Otto mobile
http://www.otto-models.com

CHRYSLER PANEL CRUISER




PTクルーザーのミニカーも数種類リリースされているが、こちらはホットウィール製のプロトタイプの「パネルクルーザー」。なぜかスーパービーでR/T仕様…。

1/18 HotWheels
https://hotwheels.mattel.com

紹介しているミニカーには絶版品も含まれます。プライスも含め入手できるかどうかは「マリブホビーズ」に問い合わせてみよう。どんなレアモノでも世界中から探し出してくれるのでノープロブレムだ。


◆マリブホビーズ
tel:0480-85-7306
http://www.malibuhobbys.com/


Photo◆Takeo Asai
アメ車マガジン 2018年 5月号掲載


最新記事


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

ランキング


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。