コルベットの2代目にあたる通称C2は、1963年から1967年に生産された紛うことなきクラシックカーだ 【SPEED RESEARCH】

ビンテージ

コルベット

アメリカンビンテージvol.01

C2コルベット

スピードリサーチ


和歌山から東京へ。一気に走れる気持ちよさ!

クラシックカーだからといって、大事にしまい込むのはつまらない。スピードを乗せてガンガン走りこむ。クルマ好きならそれこそ理想。外装はできるだけオリジナルを残しながらも、機関部分は徹底的なレストアを施し、500km以上の距離も一気乗り!

1967y Chevrolet CORVETTE C2

コルベットの2代目にあたる通称C2は、1963年から1967年に生産された紛うことなきクラシックカーだ。コンディションの良い掘り出し物が見つかることは稀で、多くのコレクターにとって垂涎の存在になっている。

 

そうしたクラシックカーの価値を語る場合、オリジナルを残しているかどうかはしばしば議論の対象になるテーマだ。骨董品的価値を重視するコレクターはオリジナルであることにこだわる。一方、クルマの本質を「走る存在」だと捉える場合には現代風なアレンジやレストア、カスタムも歓迎される。どちらが正しいということもない、それぞれクルマをどう捉えるかによって、好きに選べば良いことだ。

 

クルマに対する優れた見識を持つショップの場合、そのどちらをも納得させる1台を仕上げることができる。具体的には、できるだけオリジナルの状態を残しつつ、しかし整備性や機能性には現代的なアレンジを施し、クルマとしてしっかり使えることを追求するスタンス。例えばスピードリサーチのような店が、それを可能とするショップである。

1967y Chevrolet CORVETTE C2 OHVエンジン

クラシックアメリカンでは、膨大な排気量でハイパフォーマンスを発揮するOHVエンジンが搭載されることがほとんどだ。現在の国産車やヨーロッパ車で多く使われるDOHCエンジンと比べれば、OHVエンジンは整備性が高く、簡単に言えば頑丈なエンジンだ。配線などの細かな調整を正しく行ないさえすれば、長く快適に動いてくれる特徴を持っているのだ。

 

一方、ブレーキや冷却系などはエンジンのパワーに見合っていない部分もあるため、そうした部分は現代風なアレンジをすれば良い。ラジエーターやオルタネーターの大容量化、電動ファンの追加など、オリジナルのテイストを残しながらも、できることはたくさんある。

 

クラシックアメリカンをどう楽しむかは、オーナーが好きに選べば良い。しかし普段使いができて、遠出もできるという性能は、クルマ一般に求められている価値でもある。

1967y Chevrolet CORVETTE C2 足回り

足回りの形式はストックのままだが、強化スプリングとKONIショックをインストールしてホットロッドらしい乗り味に仕立ててある。高速でも安定した走りを堪能できる。

1967y Chevrolet CORVETTE C2 オリジナルの327エンジン

1967y Chevrolet CORVETTE C2 ラジエターの大容量化、電動ファン追加 1967y Chevrolet CORVETTE C2 デスビにイグナイターキット

オリジナルの327エンジンに、ラジエターの大容量化、電動ファン追加、デスビにイグナイターキットでポイントレス化など、オリジナルの美味しいところを残しつつ、日本の道路事情でも安定した性能を発揮できるよう、弱点だった部分を徹底的に現代風にアレンジしてある。ハイパワーエンジンに合わせてレイトモデルコルベットの4輪ディスクブレーキを流用。

1967y Chevrolet CORVETTE C2 ハンドル

1967y Chevrolet CORVETTE C2 シート 1967y Chevrolet CORVETTE C2 ブラウンでまとめられたインテリア

エクステリアと共通のブラウンでまとめられたインテリアは、優れたコンディションを維持している。エアコンも装着しており、現代のクルマと変わらぬ快適性で運転を楽しめるのは嬉しいポイント。ステアリングはラック・アンド・ピニオンに変更されており、ステアリングの操作感を向上。文字通り、運転している感触を存分に味わえる仕上がり。

1967y Chevrolet CORVETTE C2 オーナー

「走りたい!」という気持ちにさせてくれるくれるのもクルマ本来の魅力のひとつ。適切なレストアが施され、十分以上のパワーを発揮できるクラシックアメリカンならば、例えば和歌山から東京までの約550kmを走り切るのも苦ではない。


取材協力:SPEED RESEARCH
http://www.speedresearch.net/


Text & Photos|AMERICAN VINTAGECAR magazine
アメリカンカンビンテージ vol.01


最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2020/04/14

鹿児島の覇王ホイールズから、令和元年におけるアメリカ最旬トレンドを伝授!

SUV

ハマー

ホイール

AMERICAN 4X4 & TRUCK
HUMMER H2