希少価値の高いC2コルベットスティングレイのスプリットリアウィンド【F.A.S.T】

クーペ

ビンテージ

シボレー

C2コルベット

コルベット スティングレイ

大阪府

スティングレイ

スプリットウィンドウ

アメリカンビンテージvol.01

F.A.S.T

コルベット

1963y シボレーコルベット C2


後ろ姿で称賛を浴びるスプリットウィンドウ

1963y Chevrolet CORVETTE C2

1963年の僅か1年のみ採用され、現在となってはかなり希少価値の高い存在であるC2コルベット スティングレイのスプリットリアウィンドウ 。C2に想いを寄せて数台乗り継ぎ、その集大成として手に入れた魅惑のリアフォルムは、50年の時を経て、より一層の魅力を放つ。

 

コンバーチブルのみがリリースされていた初代モデルに代わり、クーペモデルを主流に1963年より誕生したセカンドジェネレーションのC2 。ルーフセンターからテールにかけて一本のリブが走り、左右均等にあしらわれた二分割式のリアウィンドウ。そのスプリットウィンドウ はコンバーからクーペへの変換期だった1963年型1年間のみに採用された、非常に希少価値の高い一台。C2オーナーのみならず、コルベットに乗る人なら誰もが憧れを抱く名車だ。

 

そのレアモデルであるスプリットウィンドウのオーナーが、東大阪市、堺市、西宮市の阪神間に3店舗を構える関西のアメリカンダイナー人気No.1のU・K Caféのオーナー。自身がアメリカのケンタッキー大学に留学していたことが名前の由来となっており、そこはまさにアメリカのルート66沿いに存在するトラックストップさながらの雰囲気である。スプリットウィンドウの所有歴は20年を超えており、それ以前にも数台のC2を乗り継いできた過去を持つ、生粋のC2フリークの一人だ。

特筆すべきは50年が経過したとは思えないコンディションの良さである。エンジンやミッションはオリジナルにオーバーホールを施しつつ足回りや吸排気系、消耗品のフルリフレッシュ。さらには四季折々の気候変化やストップ&ゴーの多い、日本の道路事情にも耐えられるようにエアコンの装備やラジエター、電動ファンの追加などクーリング系の見直しまで徹底しつつ、オリジナルの良さを残すのがキモ。

 

そのこだわりはインテリアにまで及び、音響システムに選んだマッキントッシュオーディオは、コンソールボックスに忍ばせ、フェニックスゴールドのアンプやJBLスピーカーも、極力インテリアの雰囲気を損なわないようにスマートインストール。

 

ちなみにマッキントッシュ×JBLの組み合せは、U・K caféの音響システムと共通であり、現車は西宮店のガレージに保管されているとの事。現在、名車“スプリットウィンドウ” を一目見てみたいとお店を訪れる人も多く、オーナーに代わってU・K Caféの顔としてその役目を受け継いでいる。


82年型C3コルベットにはインジェクション仕様のエンジン搭載

大胆メイクでヴィンテージマッスルカーの新境地を開拓! その名は「キャノンボール」CHEVROLET CORVETTE C3【F.A.S.T】


1963y Chevrolet CORVETTE C2、1963y シボレーコルベット C2

60年代を象徴する優雅なボディライン。現在のプレスラインとは比較できない程にデザイン性の高いそのフォルムを、より一層掻き立てるスプリットウィンドウは、1963年のみに採用された希少価値の高い装備だ。

スプリットウィンドウ、1963y Chevrolet CORVETTE C2、1963y シボレーコルベット C2
スプリットウィンドウ、1963y Chevrolet CORVETTE C2、1963y シボレーコルベット C2

左右均等に二分割でレイアウトされるスプリットウィンドウ 。テールエンドへ向かってフォルムをシェイプしつつ、一本のリブが走る独特のデザインはどのアングルから見ても美しく、他モデルとは別格の存在感を放つ。

1963y Chevrolet CORVETTE C2、1963y シボレーコルベット C2
1963y Chevrolet CORVETTE C2、1963y シボレーコルベット C2
1963y Chevrolet CORVETTE C2、1963y シボレーコルベット C2
スプリットウィンドウ、1963y Chevrolet CORVETTE C2、1963y シボレーコルベット C2
スプリットウィンドウ、1963y Chevrolet CORVETTE C2、1963y シボレーコルベット C2
スプリットウィンドウ、1963y Chevrolet CORVETTE C2、1963y シボレーコルベット C2

ヴィンテージアメリカンにふさわしいレトロスポーティなインテリアは、計器類やオーディオを含めすべてオリジナルをストック。オーナーのこだわりである音響改善も既存のオーディオはそのままに、コンソールへ隠してインストールするなどオリジナルの良さを損なわない、”大人の嗜み”が随所に見受けられる。


【F.A.S.T 1976y シボレーコルベット スティングレイ】絶妙なクビレがSEXYなC3

コルベットC3をオリジナルボディで魅せる、優雅なコークボトルライン!


■Special Thanks: U・K CAFÉ
HP:http://ukcafe.net/


■お問合せ:F.A.S.T
HP:http://fast1976.jp/


Text & Photos|AMERICAN VINTAGECAR magazine
アメリカンビンテージvol.01


最新記事


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

2024/02/21

アメ車マガジンの表紙を飾ったオーナーが営む神戸のダーツバー【DEAR'S】

ショップ

アメ車で乗り付けてジャンクフードを喰らうのが、アメリカンダイナーの醍醐味。しかしアメ車で乗り付けなくとも、お酒を嗜みながらアメ車話に花を咲かせられることもまた貴重。DEAR`sならそれが叶う!

ランキング


2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2020/10/22

東海カーズのマッスルカーを、華やかに彩る「和テイスト」のデザインワーク

ラッピング&ペイント

AMEMAG RECOMMEND ARTIST
遊鷹-Yutaka-

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】