ジープブランドの大黒柱「ラングラー」がモデルチェンジ。新型ラングラーデビュー!!

SUV

ジープ

新車インプレッション

アメマガ2018年2月号

新車

ラングラーアンリミテッドルビコン

ラングラー

サハラ

ラングラーアンリミテッド

2017年11月29日からロサンゼルスで行なわれたLAオートショー


左)1973 Jeep CJ-5 右)2018 Jeep Wrangler Sahara

2017年11月29日からロサンゼルスで行なわれたLAオートショーで、ジープラングラーの新世代モデルがデビューした。一見して先代と似たイメージだが、中身は大きく進化しているぞ。   ジープブランドの大黒柱「ラングラー」 がモデルチェンジして次世代モデルとなった。CJの時代から「ラングラー」 のモデルネームを与えられたYJ、TJ、JK を経て、今回はJL とされた。

ラングラー4ドアサハラ、Wrangler Sahara

2ドアと4ドアが用意されるのは JK と同様だが、4ドアに「ラングラー・アンリミテッド」という独立した車名を与えることはせず、単に4ドアのサブネーム的に「アンリミテッド」が使われている。 スタイリングデザインは、どこから見てもラングラー であることが分かるもので、一見、それほど変わっていないようにも思えるが、詳細に見ていくとディテールはかなり異なっているのが分かる。

ラングラー4ドアサハラ、Wrangler Sahara

もっとも顕著に表れているのがフロントマスク。上の写真を見ていただければ一目瞭然だが、7スロットグリルにヘッドランプを重ねてCJのようにデザインされている。他の外板にも凝ったディテールが多用されており、コストがかけられているのが伺える。 エンジンラインナップも変化のひとつ。

3.6LV6はJK からのキャリーオーバーだが、JL には新たに2.0L直4ターボエンジンがオプションとして加わっており、さらに2019年には3.0?V6ディーゼルエンジンが追加されることも決まっている。2Lターボは最大トルクにおいて3.6Lエンジンを上回っており、ディーゼルの最大トルクはさらにその上を行く。

ラングラー4ドアサハラ、Wrangler Sahara

ターボおよびディーゼルエンジンの燃費については未公開だが、これらのエンジンの主眼とするところがそこにあるのは間違いない。 トランスミッションはこれまでの6MT/5ATから6MT/8ATへと進化した。これも燃費性能には大いに貢献するはずだ。4WDシステムについても、これまでのコマンドトラック(ルビコンはロックトラック)に加えて、サハラではセレクトラックも選べるようになった。

セレクトラックはフルタイム4WDなので、より幅広い層が4WDでの走行性能を享受できるようになる。 ここまでの解説は、今回北米モデルとして発表されたものについてのものなので、今後、日本に正規輸入されるものは、これとは若干異なる可能性もある。その点はご注意願いたい。

ラングラー4ドアサハラ、Wrangler Sahara
[gallery link="file" columns="2" size="large" ids="7512,7514,7513,7511"]
インテリアデザインはダッシュボードを中心に一新された。写真はすべて4ドアサハラのもの  
■ラングラー・4ドア・サハラ
全長4785㎜×全幅1875㎜×全高1868.4㎜
ホイールベース3008㎜
アプローチアングル41.8°
ディパーチャーアングル36.1°
ブレイクオーバーアングル21°
グランドクリアランス245.0㎜
サスペンション:前後コイルリジッド
タイヤP255/70R18
■3.6L V6DOHC(全車に標準) 
285hp@6400rpm 
35.9kg-m@4800rpm
■2.0L直4DOHCターボ(オプション) 
270hp@2520rpm 
40.8kg-m@ 3000rpm

ラングラー 2ドア ルビコン、Wrangler Rubicon ラングラー 2ドア ルビコン、Wrangler Rubicon
■ラングラー・2ドア・ルビコン
全長4237㎜×全幅1875㎜×全高1868.4㎜
ホイールベース2460㎜
アプローチアングル44°
ディパーチャーアングル37°
ブレイクオーバーアングル27.8°
グランドクリアランス264.6㎜
サスペンション:前後コイルリジッド
タイヤ:BFグッドリッチオールテレーンKO2 LT285/70R17C
■3.6? V6DOHC(全車に標準) 
285hp@ 6400rpm 
35.9kg-m @ 4800rpm
■2.0?直4DOHCターボ(オプション) 
270hp@ 2520rpm 40.8kg-m@3000rpm
■Jeep Official Site http://www.jeep.com


■Text|アメ車MAGAZINE
アメ車マガジン 2018年2月号掲載


最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]