人気のフォードF-150ラプターへGMが放つ刺客となるのか? GMC Sierra All Terrain X

ピックアップトラック

新車インプレッション

GMC

オールテレインX

OFFROAD

All Terrain X

シエラ

オフロード

SIERRA

シエラ オールテレーンX

GMのフルサイズピックアップトラックにはまだそのような動きが見られていなかったのだが、今回のGMCシエラ・オールテレーンXのデビューは、そうした試みの第一歩となるものではないか。


[vc_row][vc_column][vc_custom_heading text="マッチョ指向の強いオフロード・トラック"][vc_single_image image="1414" img_size="full"][vc_column_text]アメリカ国内において、ピックアップトラックは男子の憧れの対象である。映画「バック・ツー・ザ・フューチャー」のマーティ・マクフライを持ち出すまでもなく、今もチカラが正義というフロンティア精神が受け継がれているアメリカでは、男として生まれた者は誰もが多少なりともマッチョ指向を持っているのだ。そうしたチカラへの指向を満足させてくれるのがピックアップトラックというわけなのだ。
同じピックアップトラックでも、今熱い視線を集めているのがオフロードコンシャスなモデル。その最右翼とも言うべきなのがフォードのF-150ラプターだ。ノーマルの状態でデザートレースにも対応できる仕様を与えられたスペシャルな存在で、フロントマスクからしてスタンダードなF-150とは明確に異なるデザインによってアピール度も満点。エンジンも足回りも最強の仕様となっていることで、唯一無二の存在として人気を集めている。
こうした状況を他のメーカーが黙って見ているわけがない。ラムブランドではすでに「レベル」と名付けられたオフロードモデルが発表されており、こちらも従来の1500とは明確に異なるフロントマスクを持っている。ラプターをターゲットにしているのは間違いない。
そんな中、GMのフルサイズピックアップトラックにはまだそのような動きが見られていなかったのだが、今回のGMCシエラ・オールテレーンXのデビューは、そうした試みの第一歩となるものではないか。ただ、今回のオールテレーンXはシエラのパッケージオプションとして設定されたものであって、ラプターやレベルのように専用のフロントマスクまで用意されたものではない。「試みの第一歩」という表現をしたのはそれが理由である。
オールテレーンXは、デナーリを除けばシエラの最上級グレードとなるSLTのクルーキャブ&4WDモデルのみをベースとして、オールテレーンパッケージとXパッケージを同時に装着したものとなる。オールテレーンパッケージのみの装着は可能だが、オールテレーンパッケージを装着せずにXパッケージのみを装着することはできない。それぞれのパッケージの内容は上のリストにまとめたので参照してほしい。これを足がかりに、GMの最強オフロードトラックが登場するのだろうか。[/vc_column_text][vc_masonry_media_grid gap="3" grid_id="vc_gid:1462314714899-ba4a4188-6adf-2" include="1415,1416,1417"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_custom_heading text="All Terrain Special Features"][vc_column_text]●イートン製デフロック付き4WDシステム
●Z71オフロードサスペンションパッケージ
(ランチョ・モノチューブ・ショック/大容量エアクリーナ
ー/ヒル・ディセント・コントロール/アンダーボディ・ト
ランスファー・ケース・シールド)
●リア・パーク・アシスト
●クロームアクセント付きボディ同色専用グリル
●ボディ同色前後バンパー(リアはコーナーステップ付き)
●スプレー塗装ベッドライナー
●ドライバー・インフォメーションセンターの傾斜計
“X” Package Special Features
●265/65R18SL Goodyear Wrangler DuraTrac MT
●18×8.5インチ・ブラック・アルミホイール
●スポーツ・サイド・ステップ(ブラック)
●リアデッキ・スポーツバー(LEDランプ装着可)
● LED ヘッドランプ
●パフォーマンス・エキゾースト
(5.3ℓV8エンジンをパワーアップ=355→365hp)
●ボディ同色ドアハンドル&ボディサイドモール
●室内フロアライナー[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_single_image image="1418" img_size="full"][vc_column_text]こちらはオールテレーンXのベースとなったシエラSLT。オールテレーンXにはマッドテレーンタイヤが標準装備となるが、スタンダードなシエラにはオールテレーンタイヤが標準装備される。[/vc_column_text][vc_single_image image="1419" img_size="full"][vc_column_text]こちらはすでに発表された2017年モデルのF-150ラプター。
搭載エンジンはラプター専用の3.5ℓエコブーストのツインターボで、F-150の6.2ℓV8よりもパワフル&トルクフルになるという(詳細は未発表)。今回のシエラ・オールテレーンXが、このラプターを意識したものであるのは間違いない。[/vc_column_text][vc_single_image image="1420" img_size="full"][vc_column_text]http://www.gmc.com[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連記事

RELATED


GMブランドに登場したオフロード特化グレード・オールテレーン GMCシエラ【ファントム】

フォードやラムトラックスに、オフロードに特化したスペシャルモデルが次々と登場する中、唯一後れを取っていたのがGMだ。そうした状況の中、遂に登場したのが紹介するシエラ・オールテレーン。

ローダウンもリフトアップも理想のカタチを仕上げる匠 シボレーシルバラード&GMCシエラ【カープロデューサーK&G】

岐阜県各務原市にある「カープロデューサーK&G」は、アメリカントラック全般を専門とするカスタムショップ。旧車から最新型まであらゆるスタイルを実現する注目店だ。

最強オフロードモデルRUBICON(ルビコン)のUS仕様を駆って、大地へと挑んでみた

TEST DRIVE OFF-ROAD
JL WRANGLER US.RUBICON

GM・FORD・RAMの最新動向は?今注目のHOT MODELが大集結 2018年はトラックに乗る!

2018年 世界のトラック市場GM・FORD・RAMの最新動向は?日本と欧州もトラック市場に参戦!?続々モデルチェンジが発表され益々面白くなりそうな予感!!

フルサイズに引けを取らない ミッドサイズピックアップ GMCキャニオン【BUBU横浜】

アメ車=ピックアップトラックと言っても過言ではないほど、アメリカでは当たり前に目にする。キャニオンは、シエラ譲りの堂々たる佇まいで存在感もバツグン!!

 
×