30年近く前のモデルだが現代的な走りにアレンジしたGMCシエラ

ピックアップトラック

ビンテージ

アメマガ2021年7月号

シングルキャブ

THE VINTAGE

東海カーズ

シエラ

愛知

1985 GMC SIERRA

THE VINTAGE


1985 GMC SIERRA

フロントセクションはカーボンボディに変更!軽量化でパフォーマンスを最大限に引き出す

トラックは荷物を運ぶ便利なクルマ。だから走りは二の次三の次…と思う日本人は多い。でもアメリカでは、オフロードだけでなくサーキットを走る競技もあるほどで、カスタムの仕方次第で走りを楽しむことも十分可能。そんな、走ってナンボなシエラを紹介しよう。

30年近く前のモデルだが現代的な走りにアレンジ

日本人の感覚では、ピックアップ=荷物が運べる便利なクルマとか、アウトドアのためのトランスポーター、というイメージが圧倒的に定着している。だが、アメリカのカスタムを見てみると、スポーツトラックというジャンルが定着しており、オフロードレースでもトロフィートラックなど、ピックアップが圧倒的に主流と言える。 そんなイメージを盛り込み「走れるピックアップ」を目指したのが、このGMC・シエラ。ベースは1985年型のシングルキャブで、フロントフェンダーやボンネット、さらには前後バンパーまでワンオフのカーボンパーツに変更。しかも外観だけに留まらず、インナーフェンダーもカーボン化して、徹底した軽量化を実施している。

1985 GMC SIERRA

エンジンはフルカスタムされた383を搭載し、キャブはエーデルブロックのAVS2を組み合わせ、ラジエーターは容量アップ&電動ファン化して信頼性を向上。もちろんビンテージエアーも装着し、快適性でも抜かりはない。

 

さらに足回りを覗いてみると、前後共コイルオーバーの車高調に変更。燃料タンクはスペアタイヤがあった位置に変更し、車高を下げるだけでなく前後の重量バランスも配慮されている。スタイルこそクラシカルだが、現代のクルマと比較しても遜色のない走りを実現。ピックアップでもスポーティに走りたい! そんな人に最適な1台と言えそうだ。

_N6I8925 _N6I8944_N6I8937 _N6I8852

エンジンは383のV8を搭載。今時の電子制御部品は皆無で、スッキリし過ぎにも見えるエンジンルーム。ラジエーターは電動ファン化されており、グリル側にはオイルクーラーやエアコンコンデンサーが見える。外観に気を遣うユーザーは多いが、実はサスペンションを変更したことに伴いインナーフェンダーもカーボンに変更。まさにコダワリだらけの1台と言える。

_N6I8860 _N6I8875_N6I8881

サスペンションは前後共コイルオーバーの車高調に変更。フロントはアーム類も完全に作り直しており、リアも燃料タンクの位置を変更。ブレーキはウィルウッドに変更し、フロントには6ポッドを装着。まさに走る・曲がる・止まるのバランスを考慮した、スポーツトラックと呼ぶのが相応しい内容だ。

_N6I8843 _N6I8833 _N6I8893_N6I8911_N6I8916

ボディラインは極力オリジナルをキープするが、フロント周りはほとんどカーボンに変更。前後バンパーも純正のスチールバンパーとほぼ同じでありながら、ここもワンオフのカーボンに変更。ローダウンを行ない、マフラーはボディを加工して左右ともサイド出しに変更。ベッド部分はチッピング塗装を施し、トラックとしての実用性も向上させる。

_N6I8982_N6I8965

インパネデザインはオリジナル風だが、色や雰囲気はまるで別物。ノーマルのベンチシートにホールド性を求めるのは無意味なので、左右独立タイプのバケットタイプを装着。ドリンクホルダーを兼ねた巨大なアームレストを設置。


THANKS:東海カーズ

TEL:0533-86-8890
PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2021年 7月号掲載

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×