初代チャレンジャーの魂を色濃く反映 MOPARらしさが光る「T/A 392」

クーペ

ダッジ

CHALLENGER

T/A

チャレンジャー

バーニーズ

T/A392

アメマガ2018年8月号

BERNESE

三重県

モパー

MOPAR

ダッジ・チャレンジャーはトランザムレース参戦を前提として1970年に新設計で投入されたスペシャルモデルである。


ACCELERATING DODGE CHALLENGER

進化&人気が加速するチャレンジャー!

IMG_0716

ダッジ・チャレンジャーはトランザムレース参戦を前提として1970年に新設計で投入されたスペシャルモデルである。三重県に店を構えるバーニーズでは、ホモロゲモデルとしてラインナップされたチャレンジャーのルーツに直結した「T/A」の2018年版の「T/A 392」を投入。その渋いアピアランスとスペックを紹介することにしよう。

2018 CHALLENGER T/A 392

初代「T/A」のイメージを踏襲した新型「T/A 392」

IMG_2549

創業54年を誇る三重県内では唯一のGM認定サービス工場である「バーニーズ」では、アメ車のあらゆるモデルに対応。車両販売においても同様で、ストックにない、または、そもそも日本に輸入されていないモデルであっても、オーダーでアメリカより輸入してくれるのだ。

今回紹介する、この「チャレンジャーT/A 392」も、ユーザーの依頼によりバーニーズが輸入したものだ。 2017年モデルより新グレードとしてGTと共に追加された「T/A」は、チャレンジャー誕生に深く関わる重要なモデル。チャレンジャーはそもそも、Trans‐Am(トランザム)レース参戦モデルとして1970年に新設計で投入されたダッジ初のポニーカーだ。

プリマスのバラクーダとはEボディを共有する兄弟車の関係ながら、ホイールベースなども異なる。 T/AはSCCAが主催するトランザムレース参戦車として、70年型にだけラインナップされた。ホモロゲーション取得規定台数の2500台(出荷数は2399台)が市販されたスペシャルモデル。

ファイバーグラス製フード、前後スポイラー、サイドマフラー、6バレル・キャブレター、クイックレシオのステアリングギアボックスなど、専用パーツとMOPARらしいインパクトのある独自のカラースキムで武装。この2018年型「T/A 392」は、そんな初代T/Aのキャラクターを色濃く反映したモデルなのである。

初代チャレンジャーを彷彿とさせる ハイインパクトカラーがクール過ぎる!

往年のMOPARの雰囲気を絶妙に再現

IMG_0727

マイナーチェンジを受けた2015年以降にラインナップされている現行モデルには、様々なグレードが存在するが、「T/A 392」は、AWDのGTと共に2017年より投入(復帰)された往年のスタイルを色濃く反映したMOPARマッスルを象徴するパッケージである。

初代のT/Aはホモロゲモデルだが、現行のT/Aは初代のキャラクターを復活させたトリビュート的なアプローチとあって、搭載エンジンや仕様はトランザムレースの規格とは関係なく、5.7?HEMIを搭載するR/Tベースと、ここで紹介する6.4?の392HEMIを搭載する 「R/T SCAT PACK」ベースとの2ライン。 

目を引くサイドストライプは初代のデザインを採用。ブラックアウトされたフードやリアスポイラーも、初代T/A同様に専用デザインによる軽量な樹脂製を装備している。軽量化フードの装着に伴って、専用のダンパーと、MOPARのMマークが刻まれたフードピンが備わっている。

さらにブレンボ製6ピストンブレーキや、ビルシュタイン製サスペンションなどで足回りを強化。 モデルのキャラクターに見合う高いスペックも魅力だが、何はなくとも、往年のMOPARマッスルを象徴する「ハイインパクトカラー」が採用されたT/Aのカラースキムのカッコ良さは格別!

IMG_0735

R/T SCAT PACKベースとなるT/Aでは、最高出力485hpを発生する6.4?の392HEMIを搭載する。トランスミッショッンは8速AT。マニュアルモードでは、ステアリング・パドルシフトによってスポーツ走行が楽しめる。

IMG_0762 IMG_0808

シートはT/Aの文字が刺繍で入る専用アイテム。アルミニウムインテリアベゼルやホワイトメーターは、T/Aでは標準装備。内装はブラックで統一。

IMG_0780 IMG_0795

初代T/Aのカラースキムを採用しつつ、デッキリッドもサテンブラックで統一。専用の軽量な樹脂製フードの先端には、MOPARのMマークが刻まれるフードピンを装備。

ヘッドライトの内側2つは、リングタイプを採用し、エアインテークとして機能する。車体色は往年のMOPARマッスルにラインアップされていた“Go Mango”だ。

IMG_0755 IMG_0758

ブラックアウトされた純正ホイールは軽量なアルミ鍛造製。20インチ直径×9.5インチ幅。タイヤはピレリ製Pゼロ(275/40ZR20)。ブレーキは前後共にブレンボ製(F:6ピストン/R:4ピストン)。アンチスピンディファレンシャル、ハイパフォーマンスサスペンション&ビルシュタインショックを装備。

IMG_0726 IMG_0736


Contact:BERNESE

IMG_9615
TEL. 059-227-6365
URL. http://bernese.co.jp/


撮影&原稿◆石橋秀樹
アメ車マガジン 2018年 8月号掲載


関連記事

RELATED


ハイパフォーマンスMOPARもSPORT名古屋でGetできる!【グッドスピード SPORT 名古屋】

近頃、JEEPとマッスルカーを積極的に手がけているSPORT名古屋。経済性に優れたスタンダードモデルを数多くラインアップするが、今回はその中でもHOTバージョンのMOPAR車を紹介しよう。

SOUL OF MOPAR GOOD SPEED SPORT NAGOYA

内外装がオールブルーのチャレンジャーに惚れた!【1970 DODGE CHALLENGER】

ビンテージマッスルに魅せられし7人のカーマニアたち【バーニーズ】

チャレンジャー愛が溢れる、注目の2人が初対談!!【LUXZ 代表 島澤 典詳 × グラビアモデル 立花未来】

日本のチャレンジャーカスタムをリードするラグジと、大のアメ車好きでチャレンジャーオーナーでもあるグラビアモデルの立花未来ちゃんが、念願かなって初対談!

ヘルキャット・ワイドボディが、WHAコーポレーションに到着!

2018年モデルからチャレンジャーのラインナップに追加されたヘルキャット・ワイドボディ。最新モデルをいち早く日本へ輸入することで知られる愛知県名古屋市のWHAコーポレーションで、その実車にふれた。

半世紀近く経過したビンテージマッスルでも、幅広いネットワークを駆使し自社輸入を実施!

1970 Dodge Challenger
1973 Pontiac FireBird

 

最新記事


2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2024/04/11

圧倒的な整備力が多くの整備難民を救う【ハロウィン】

メンテナンス

ショップ

埼玉県春日部市にあるハロウィンは全メーカー対応の専用テスターを完備し、ディーラーと同等の整備を行なうショップとして知る人ぞ知るアメ車ショップ。信頼ある整備を行なうショップを探しているならば、是が非でも訪れたいショップだ

2024/04/10

カスタム済みの中古車なら購入時からスタイリッシュ!【トップスピード】

SUV

ジープ

最近、JEEPが気になる人が増加中!でも、今からディーラーに新車を買いに行っても数年待ちは当たり前。「今すぐ乗りたいし、カスタムしたい!」という人に、TOPSPEEDのラングラーをお勧めしよう!

ランキング


2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】