内外装がオールブルーのチャレンジャーに惚れた!【1970 DODGE CHALLENGER】

クーペ

ビンテージ

ダッジ

アメマガ2023年1月号

バーニーズ

三重県

アメ車を10倍楽しむ方法

チャレンジャー

ビンテージマッスルに魅せられし7人のカーマニアたち【バーニーズ】

AMERICAN VINTAGE CAR
OWNERS@BERNESE File-3 / OWNER:DAISUKE

アメ車を10倍楽しむ方法!


アメ車に興味が無かった彼を虜にさせる魅力とは?

AMERICAN VINTAGE CAR
OWNERS@BERNESE File-3 / OWNER:DAISUKE

70年型のダッジチャレンジャーに乗るDAISUKEさん。この手のクルマを選ぶオーナーさんは大抵、昔から憧れていたとか、色々なアメ車を乗り継いできて70年型に落ち着いたなんてエピソードトークをよく聞くが、良い意味でそんな期待を裏切る彼。まったくアメ車に興味を持っていなかったが、たまたま知り合いと遊んでいてバーニーズに用事があるから付いてきて欲しいと頼まれて訪れた際に目にしたのが現愛車だった。

 

一目惚れとはまさにこのことで、今までまったく興味が無かったはずなのに、このチャレンジャーは即決で欲しい!と思わせる魅力に溢れていた。青が好きな彼にとって鮮やかなブルーインテリア、そしてホワイトのバイナルトップとクロームバンパーのコントラストで一層映えるブルーメタリックのボディカラーはまさに理想形。

 

オリジナルを忠実に守る当時物のホイールやホワイトレターのラジアル、そして318のオリジナルエンジンにおいては、キャブレターまで純正品をストックするなどコレクションとしても申し分ない個体は、まさに一生モノとして所有すべき一台。イジって楽しむも良し、オリジナルをグッドコンディションで残すことも旧車の醍醐味であり、彼はその後者として大切に乗り続けてくれる事だろう。

内外装がオールブルーのチャレンジャーに惚れた!

1970 DODGE CHALLENGER

この手の個体は比較的エンジンを換装するケースも多くなってきているが、現車は正真正銘オリジナルの318エンジン。しかもキャブレターやエアクリーナーまでアルミラジエター意外はほぼ純正をストック。

シートやダッシュはもちろん、ドア内張り、天張りまでボディカラー同様にブルーで統一されたインテリア。シフター周りとステアリングのウッドが絶妙なアクセントとなって派手さと洗練された落ちついた印象を併せ持つ。


THANKS:バーニーズ

TEL:059-227-6365
HP:http://bernese.co.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2023年1月号掲載


最新記事


2024/07/20

ROHANオリジナル コンプリートカーが愛知県に上陸!

ショップ

2024/07/19

ピンクのラムトラから一転、モノトーン基調のチャージャーへ

セダン

アメマガガールズ

ダッジ

数年前、ピンクのラムトラックと共にアメマガガールとして登場してもらったオーナーさんがチャージャーに乗り変えて再び登場。落ち着いて洗練された印象のチャージャーは高校生からずっと憧れてきた大本命だ!

2024/07/18

【プリマスロードランナー】マッスルカーナショナルズの引き継ぎがターニングポイント!

クーペ

ビンテージ

プリマス

69年型シェベルを愛用してきたオーナーさんがこのロードランナーを手に入れたのが2019年。マッスルカーナショナルズを若い世代に委ねると、お声がかかったタイミングでの乗り換えはある意味、運命!

2024/07/17

そろそろ私もジープが似合う、大人の女性を目指そうかな。【Sareee】

SUV

アメマガガールズ

ジープ

もっと強くもっとかっこよくなるために自分磨きに挑戦
プロレス界の太陽神 Sareee

ランキング


2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2020/05/23

初代F-150ラプターの中でも、レアなスーパーキャブを紹介!

ピックアップトラック

フォード

AMERICAN 4X4 & TRUCK
FORD F-150 SVT RAPTOR

2024/07/17

そろそろ私もジープが似合う、大人の女性を目指そうかな。【Sareee】

SUV

アメマガガールズ

ジープ

もっと強くもっとかっこよくなるために自分磨きに挑戦
プロレス界の太陽神 Sareee

2023/04/10

多くのアメ車を所有するもずっと頭から離れなかった憧れのアストロ

バン

シボレー

アメリカンカルチャーが好きでアメ車にハマり、これまで所有したアメ車は片手では収まりきらない角田さん。しかも常に2台所有が基本スタイルで、現在はシルバラードと、いつかは乗りたいとずっと願っていたアストロが愛車になっている。