JEEPやSUVだけでなくマッスルも超絶ホット!【MOPAR】

イベントレポート

SEMA SHOW

SEMA SHOW 2018

アメマガ2019年2月号

LAS VEGAS CONVENTION CENTER
LAS VEGAS,NEVADA OCT 30 - NOV 2,2018


_N6I0459

SEMA SHOW 2018 SPECIAL REPORT

LAS VEGAS CONVENTION CENTER
LAS VEGAS,NEVADA OCT 30 - NOV 2,2018

メーカーとしての意地と誇りを見せるかのように、JLのカスタムを3台投入。また、1000psを発揮するクレートエンジンを発表。それを積むスーパーチャージャーは、多くの人から注目を集めていた。

エンジンは5.7ℓのHEMI でオフロードの走破性をUP !

_N6I0593

2019年型のラム・レベルをベースに、本来のコンセプトをさらに引き立てる様なモディファイを実施。2インチのリフトアップを施すとともに、パフォーマンスフードやRAMBARを追加。その上には5インチのランプも装備して荒野を駆けるテイストもバッチリ。さらに足もとは18インチのビードロックホイールで武装し、高い機動性を実現している。

ストリートを意識したド派手なカラーリングがポイント!

_N6I0628

グリルやトップをグロスブラックに、ボトムをシルバーにペイントしたラム・ビッグホーン。こちらはローダウンをテーマに掲げているため2インチダウンし、ホイールは22インチがチョイスされている。さらに1ピース構造のトノカバーや5インチのテールチップも装着して、ストリート映えするシルエットに仕立て上げている。

コンパクトなトラックに426HEMIを強引に積む!

_N6I0599
_N6I0638

1964年型のA100ワゴンがベース。オリジナルのエンジンは直6だが、これを426HEMIにコンバート。923hpという想像を絶するパフォーマンスを実現しており、発進時にノーズアップすることが容易に想像できる。それをイメージさせるべくこのようなディスプレイ方法を採用するところが、さすがアメリカだ。

一際鮮やかな外観が印象的な250台限定のスペシャル仕様

_N6I0575
_N6I0584

6.4ℓHEMIを搭載する2018yのSRTをベースに、オクタンレッドと名付けられた鮮やかなレッドを身にまとう。ブラックとレッドの塗り分けは、日本人には思いつかないような独創的なライン。シートももちろんレッドで、赤いものには目がない編集部のカズなら、迷うことなく飛びつきそうな1台だ。

1000hpを実現したHellephantエンジンを搭載

_N6I3825

SEMA2018の初日に発表された「スーパーチャージャー」。ベースは1968年型で、これに同日発表された1000psの426HEMIにコンバージョン。オーバーフェンダーを追加し、オリジナルよりも4インチワイドなスタイルを実現。フロントタイヤは305/30R20、リヤは315/35R21をチョイスする。ちなみにマフラーエンドはテールランプ部分で、大胆なスタイリングを実現する。

2018年のドラッグマシンのチャンピオンカーをそのまま展示

_N6I0422
_N6I0406

2018年の、全米ホットロッド協会(NHRA)のファクトリーストック部門でクラス優勝を果たしたチャレンジャーDRAG PAKを展示。ベース車両は2015年型で、エンジンは354にスーパーチャージャーを搭載。リアバンパーに備わるパラシュートや、物々しいロールバーなどから、本物のドラッグマシンのオーラが伝わってくる。

バハマシンに着想を得て創り上げたバギースタイル

_N6I0459

サンドストームと名付けられたこのJL。一見するとショートのように見えるが、実はアンリミテッドの後席ドアを埋めたもの。ノーマルよりも25㎜拡張したワイドフェンダーというが、フラットフェンダーに近い形状で取り付け位置もUPする。エンジンは392のHEMIに載せ換え、ショックはKINGのバイパスタイプを採用。敢えてタイヤはATとなる。

ビンテージモデルもレストモッドを施しアップデート!

ワゴニアはメッキバンパーを敢えてペイント。また、さりげない形状だがオーバーフェンダーも追加し、雰囲気を一新する。1965年型のヴェルベディアは、392のクレートエンジンに換装。MOPARでは、ビンテージカーを最新モデル並みにアップデートできるクレートエンジンをリリースするが、ハーネスなどがセットになっているのも魅力的だ。

ルーフをカットしてまでも往年の名車にその姿を似せる

_N6I0514
_N6I0525

1966年型のジープスターをオマージュしたコンセプトカー。シルエットを似せるために2インチ屋根を低く、フロントスクリーンを2.5度傾斜させるこだわりぶり。赤と白のカラーリングもジープスターを意識しており、無骨さよりも可愛らしさがにじみ出ている。


PHOTO◆TAKEO ASAI
TEXT◆RYO SORANO
アメ車マガジン 2019年 2月号掲載


最新記事


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

ランキング


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】