アメリカンSUVスペシャリストは本国仕様のJLラングラーもストック

SUV

ジープ

アメマガ2019年3月号

ALL-NEW Jeep WRANGLER

JLラングラー

埼玉県

スカイオート

JL JEEP WRANGLER UNLIMITED


JL JEEP WRANGLER UNLIMITED

アメ車としてこだわるなら本国仕様という選択肢も大アリ!

JLラングラー、JEEP WRANGLER UNLIMITED、ジープラングラーアンリミテッド

ハマーのスペシャリストとして知られる「スカイオート」だが、SUVやトラックについても、そのノウハウを存分に注いでくれている。今回の注目はJeep JLラングラー。日本にも正規ディーラーから販売が開始されたが、やっぱ本国仕様に乗りたいでしょ!
 
「スカイオート」といえば、ハマーH1のオーナーズクラブ事務局をつとめるなど、そのスペシャルティショップとして広く知られるところ。ただし取り扱いはハマーだけでなく、最新モデルからビンテージまで、アメ車全般に及ぶ。とくに深いノウハウをみせてくれるのが、SUVやピックアップトラック。スカイオートの広い敷地・展示場には魅力的なモデルがSUVをメインにズラリと並び、見ているだけでもワクワクさせてくれるのだ。

JLラングラー、JEEP WRANGLER UNLIMITED、ジープラングラーアンリミテッド
そんなスカイオートが今、力を入れているのがJeepラングラーJL。言わずと知れた最新モデルの「正統派Jeep」だが、今秋から日本でも正規販売が開始され、ブレイクの予兆を見せている。もちろん、スカイオートが扱うのは、右ハンドルの日本向け正規モデルではなく、本場・北米向けのJL、左ハンドル仕様だ。


はっきり言って日本仕様は売れ線グレードだけの設定で、JLならではの魅力が半減。JL本来の魅力は、北米仕様にこそある。そう、スカイオートなら、もっと楽しい本国仕様のグレードのオーダーだって可能なのだ。


今回、撮影に提供されたのは、スカイオートがいち早く輸入した「4ドア・サハラ」。JLの最高級仕様に、さらに様々なプレミアムなオプションが追加されている。こだわるなら、左ハンドルで乗ってこそ、Jeep。アメ車をアメ車らしく乗ることを教えてくれるモデルなのだ。


新型JLラングラーは、従来のJKのフォルムを踏襲、サイズもほぼ同等だが、ホイールベースの2.4インチ延長により、リヤシートの快適性が増している。ヘッドライトやデイライト、テールライトはLEDとなるが、これはアメリカではオプション装備となる。フェンダークリアランスもJKよりだいぶ大きく、大径タイヤが履きやすくなった。ボディはアルミ製の部分を多用、3分割のトップも軽量化されている。



今回の撮影車量はプレミアム装備充実の「サハラ」。センターパネルには先進のUconnectシステムを採用し、スマートフォンなどとスムーズに連携。各種操作もタッチスクリーンで行える。今回はクロス地のシートだが、レザーシートもオーダー可能だ。
 

搭載されるエンジンはJKからキャリーオーバーされた3.6ℓ/V6 DOHC。ただしATは8速化され、燃費などは大幅に向上。4WDシステムは伝統的な“コマンドトラック”パートタイム式。日本仕様は全車、フルタイム4WDのポジションを持つ“セレクトラック式”になるが、もちろん本国仕様のSAHARAはオプションでセレクトラックを選べる。
 



サスペンションは前後5リンク・コイル・リジッド。JKと形式は同じだが、アームのレイアウトは大きく変更され、フェンダーのインナーもかなり広くなった。ゆえに、より大径・ファットなタイヤも選びやすくなった。SAHARAは純正で255/70R18サイズのタイヤを装着、銘柄はブリヂストン・デューラーA/T RH-Sという専用のもの。


■JLラングラー北米仕様諸元表 
グレード:SAHARA 4-door
全長×全幅×全高(mm):4785×1875×1869 
ホイールベース(mm):3007 
車両重量(kg):1971 
最低地上高(mm):200 
最小回転半径(m):6.2 
乗車定員(名):5 
エンジン種類:水冷V型6気筒DOHC 
総排気量(ℓ):3.6 
最高出力(hp/rpm):285/6400 
最大トルク(lb-ft/rpm):260/4100 
トランスミッション:8速AT 
駆動方式:パートタイム4WD 
燃費(MPG):17city/23hwy 
使用燃料/タンク容量(gal):レギュラーガソリン/21.5 
サスペンション前:5リンク・コイルリジッド 
サスペンション後:5リンクコイル・リジッド 
ブレーキ前:ベンチレーテッドディスク 
ブレーキ後:ディスク 
タイヤサイズ:255/70R18
 

“Colorado ZR2” in Stores Now!

Colorado ZR2、コロラド ZR2
Colorado ZR2、コロラド ZR2
スカイオートの店頭に、もう1台、話題のクルマが! シボレーのミドルクラス・ピックアップ「コロラド」だ。このクラスは今、アメリカでも最も熱い! 日本ではハイラックスや北米仕様のタコマがライバルになりそうだが、なんと言ってもこのカッコ良さ! ほかのユーザーに差をつけられること、間違いなし。今回の仕様は4WDモデルの最上級グレード「ZR2」、クルーキャブ(ダブルキャブ)仕様。搭載エンジンの3.6ℓV6は308hp!
■Thanks: SKYAUTO
TEL:048-976-1235
HP:https://www.skyauto.co.jp/
■Photo:浅井岳男 ■ Text:高坂義信
アメ車マガジン 2019年 3月号掲載

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2020/09/03

存在感としては控えめながら、血統の良さでアメリカでは人気のダート

クーペ

ビンテージ

ダッジ

The Golden Age 60’s-70’s
1967 Dodge Dart

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger