入手困難になりつつあるサード・カマロ ミントコンディションの美し過ぎるサバイバー

クーペ

シボレー

カマロRS

埼玉県

アメマガ2019年4月号

サードカマロ

80's-90's BREEZE

カマロ

フルハウス

1989 CHEVROLET CAMARO RS


[vc_row][vc_column][vc_column_text]1989 CHEVROLET CAMARO RS、1989 シボレー カマロRS

1989 CHEVROLET CAMARO RS


80’s-90’s BREEZE
今こそ80~90年代のアメ車にハマりたい!
約30年に渡りミントコンディションを保持する正真正銘のサバイバー!しかも実走行27000kmという奇跡的なローマイレージ車。この美し過ぎるサード・カマロを見てくれ!!
 

価格が高騰してきている第3世代カマロ、買うなら今だ!


80年代ならではの直線を基調とするレーザーエッジの効いたスタイリングが今見ると新鮮で美しいサードジェネレーション・カマロ。スピード感のあるシルエットや、角形4灯式ヘッドライトによる目力の強い顔立ちも、まさに80年代のアメ車といったところ。セカンドから引き継がれたFボディも、インジェクション時代に向け82年からのサードで進化熟成を極めている。
そんな過渡期のモデルなだけに、インジョクシェンをはじめとする電子制御による性能、信頼性、快適性が飛躍的に向上しながらも、キャブレター時代の味わいが楽しめるバランスの良さも大きな魅力。スタイリングや基本設計においてはカマロの本質を保持しながらも、次世代に向けたアップデートが導入された正常進化によるモデルチェンジは見事である。
この個体は、ベーシックなグレードだったスポーツクーペに代わってRSが復活した89年型。カマロの同義語ともいえるパフォーマンスパッケージのZ‐28や、85年より導入されたIROC-Zに注目しがちだが、RSはシンプルでスタンダードならではのカマロの本質的な魅力を味わうことができる。それまでのスポーツクーペではボディカラーと色違いだったグランドエフェクトパーツも同色でペイントされるため、外観におけるグレード間の格差は感じない。
アメリカでは通勤など日常使用車としても選ばれるカジュアルなグレードとあって、中古市場ではホットロッドやカスタムのベース車としても人気が高い。日本の中古市場でもかなり安価だった時期があり、既に30年が経過するだけに、現存数は激減している。それだけに、ストックをキープした健全な個体はアメリカでも希少なのだが、実走行距離が2万7000kmというサバイバーなカマロは極めて希少である。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]

目力の強い顔立ちとレーザーエッジの効いたスタイリング、数あるカマロのジェネレーションの中で一番のイケメン!


1989 CHEVROLET CAMARO RS、1989 シボレー カマロRS

本国での絶大な人気はもちろん日本でも高い人気を誇る


カマロは日本国内においてもポピュラーな存在だったが、アメリカではNHRAのプロストック参戦車としての人気も高く、そのドラッグマシンならではのプロポーションを反映したプロストリートが一大ブームとなった。そのため当時はサード・カマロのプロストリートが大量に誕生しており、そうした個体は現在でもアマチュアレーサー達によってドラッグマシンとして比較的多く現存している。この個体は国内正規ディーラーにて販売された89年型カマロのRS。純正色であるミディアムグレイメタリックの車体色もクリーンにキープする奇跡的なサバイバーな状態が素晴らしい。ベーシックなスポーツクーペに代わるベースグレードとして標準エンジンは本来V6だが、ディーラー車では305ciのV8を搭載する。エアコンは従来のR12から134aへとアップデート済み。
1989 CHEVROLET CAMARO RS、1989 シボレー カマロRS
1989 CHEVROLET CAMARO RS、1989 シボレー カマロRS
 
88年型以降のサード・カマロは、それまでノーズの先端にあったスリッドがなくなり、よりスッキリとした印象となった。RSのエアロパーツがボディと同色となったこともあり、外観状はIROC-Zとほとんど変わらない。パフォーマンスパッケージとしてフードにルーバーが付くIROC-Zに対してフラットなRSの方が、サードならではのレーザーエッジの効いたスタイリングの良さが際立って魅力的。リアガラスの面積が大きいだけにサンシェイド・ルーバーは日よけおよびプライバシーの確保にも貢献する。このエッジの効いたスタイリングにルーバーがマッチして良い雰囲気だ。この個体に装着されたルーバーは社外品だが、純正品ではサードブレーキランプ部が突起するデザインとなる。

 
直線基調の外観同様に内装でも共通したコンセプトでデザインされている。スタンダードのステアリングはスクエアなスポークが特徴的。コックピットスタイルのダッシュ周辺からセンターコンソール、ドアパネル、スイッチ類まで整合性のあるデザインが魅力的。シンプルでシャキッとしたサードらしいこのデザインも89年型が最終。トランクが排除されガラス部が開閉するハッチ式になったことで、リアシートは可倒式となり、荷室スペースが確保される。ロールアップ式のカーゴシェードカバーも装備。オーディオではヘッドユニットこそ従来どおりだが、ツイーターが追加されるなど、よりパワフルなERS(Extended Range Soundsystem) を搭載。
スタンダードのステアリングはスクエアなスポークが特徴的

 

 
V8ながらスタンダードの305ciの最高出力は170hp程度と決して誇れるものではないが、V8ならではのリッチなトルクや、TBIならではのキャブレター的な味わいが気持ち良い。スタンダードのリアアクセルは2.77:1とハイギヤーなため瞬発性はないが、1.5tを切る軽量な車重が貢献して軽快な走りが楽しめるうえ、高速巡航では低燃費を実現する。低走行距離でグッドコンディションを保持する個体とあって、ハンドル操作、ブレーキのタッチおよび反応、サスペンションの挙動など、全てがスムースでしっかりとしている。


[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]FullHouse【フルハウス】
Location ◆埼玉県三郷市南蓮沼253-1
Phone ◆ 048-949-3030
URL ◆ https://www.fullhouse-mac.com
各国のスポーツモデルをメインに新旧アメ車まで、幅広いラインナップで対応するフルハウスは、80~90年代のネオクラッシックの取り扱いも積極的。現存数が減少する中、今回のカマロのようなアンチエイジングな優良物件に拘ってストック。メーカー・車種に合わせた保証プランも用意され、創業30年以上のキャリアによる信頼性の高さで、カーライフをサポートしてくれる!
フルハウス、Full House[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]Photo ◆ Hiroshi Nose
Text ◆ Hideki Ishibashi[/vc_column_text][vc_separator][vc_column_text]アメ車マガジン 2019年 4月号掲載[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×