休日のアシに活躍する〝惚れるカマロ〟1970y Chevrolet CAMARO RS【TDO MOTORING】

クーペ

ビンテージ

シボレー

TDOモータリング

岐阜県

カマロ

アメリカンビンテージvol.01

レストア

カマロRS

TDOモータリングの手により現代風のアレンジが施されている。エアコンやラジエーターなど快適性や安定性を左右するパーツについては適切なカスタムが施され、タイヤ&ホイールは18インチに大型化。そしてローダウンだ。


1970y Chevrolet CAMARO RS

大排気量エンジンでモーレツな走りができるのはマッスルカーの魅力。そういう走り方でもいい。だけどのんびり走るのもいい。そのどちらもを楽しむことができるのがクラシックマッスルの魅力でもある。美しいコンディションが維持されたカマロの素性を聴いた。

カマロは1967年から生産されているシボレーのマッスルカー で、1970年から2代目、1982年から3代目、1993年から4代目、現行の5代目は2009年からのモデルとなる。5代目が初代を踏襲したスタイルに回帰したものの、基本的に各世代でまったく異なるデザインが採用されており、それぞれが個性的でカッコ良い。写真のカマロは2代目の前期モデルにあたる。2代目はデザインこそ大変更が施されたものの、その中身は概ね初代から引き継がれているのも特徴だ。


1970y Chevrolet CAMARO RSバックスタイル

そんな2代目カマロのRSを仕入れ、TDOモータリングがリフレッシュしたのが、ここに紹介する1台である。現在はこの1台に惚れ込んだオーナーにより大切に愛用されている。可能な限りオリジナルを残しているのが特徴のひとつだ。

可能な限りオリジナルを残しているのが特徴のひとつだ。エンジンはオリジナルのままリフレッシュされており、外装についてはカラーナンバーを調べてオリジナルと同じカラーでリペイントしている。メッキ部分こそリプロ品を使っているが、それ以外は純正部品でリフレッシュしている徹底ぶりだ。


それでいて現代風のアレンジがTDOモータリングの手により施されている。エアコンやラジエーターなど快適性や安定性を左右するパーツについては適切なカスタムが施され、タイヤ&ホイールは18インチに大型化。そしてローダウンだ。


ところで、現在のオーナーはポルシェも愛用するが「ポルシェだと挑まれる」と苦笑する。ところがこのカマロなら自分のペースで走ることができると話す。オーナーは、TDOモータリングが仕上げたカマロに一目惚れして購入を決意したという。

1970y Chevrolet CAMARO RS チルトレバーを装着

現代のクルマでは当たり前に備わっているチルト機能だが、クラシックカーでは備わっていない場合も多い。このカマロはコラムにチルトレバーを装着し、調整できる。

1970y Chevrolet CAMARO RS ビンテージエアーのエアコン装着

クラシックカーの弱点とも言えるエアコンに対するTDOモータリングの答えは、ビンテージエアーのエアコン装着。さらにインパネ中央部分に吹き出し口を増設し、効きにも配慮してある。

1970y Chevrolet CAMARO RS シート 1970y Chevrolet CAMARO RS オーディオ
1970y Chevrolet CAMARO RS サイドドア 1970y Chevrolet CAMARO RS 天井

内装はリフレッシュが施されており、程よくオリジナルの状態を残しながらも、清潔感のあるコンディションが保たれている。もちろん、現オーナーが大切に乗っているからこその良好なコンディションだ。

1970y Chevrolet CAMARO RS 足回り 1970y Chevrolet CAMARO RS 足回り

足回りではホチキス製ローダウンスプリング&リーフを装着。純正のままでは野暮ったくなってしまうシルエットを引き締めつつ、乗り味にも配慮した、ショップのセンスが光るチョイスだ

1970y Chevrolet CAMARO RS エンジンルーム

1970y Chevrolet CAMARO RS 1970y Chevrolet CAMARO RS

オリジナルの350立方インチのエンジンを搭載。つまり5.7ℓのV8 エンジンでコンディションは万全にレストア済み。アルミラジエターを装着して安定性を向上しているのもポイントのひとつ。エンジンのフタであるボンネットにはカウルインダクションを装着し、マッスルカーらしい美しいボディラインを強調。


■取材協力:TDO MOTORING
http://www.tdomotoring.com/


■Text & Photos|AMERICAN VINTAGECAR magazine
アメリカンカンビンテージ vol.01


関連記事

RELATED


歴代カマロの中でもひと際人気の高い1969yカマロ

CAMARO RS

69年型から、以前はシェビーⅡのサブネームだった「ノバ」に車名統一。1970y シボレー ノバ【ガレージカーカス】

メンテナンスからカスタムまで。新旧アメ車、逆輸入車などをトータルで扱う「ガレージ カーカス」。今回そのピットで見つけたのは1970年型のシボレーノバ、2ドアクーペだった。

アメリカを代表するピックアップトラック、シボレーC-10の2代目モデル【TDO MOTORING 1969y Chevrolet C-10】

ピックアップトラックはアメ車らしさを満載しているが、現代的なピックアップは高級感が強すぎて無骨に使うイメージがない。しかしクラシックなら程よく力が抜けた感じがあって、例えばレジャーのアシにもピッタリの存在だ。

1970年型シボレー・シェベルSSのクラシックカー改造術!快適性とパフォーマンスを追求

1970年型シボレー・シェベルSSの記事では、アイコーポレーションがレストア・カスタマイズしたクラシック・アメリカン・カーを紹介。この車は日本の高温多湿な夏のコンディションに合わせて改造され、快適性とパフォーマンスが向上した優れもの。大規模なカスタマイズにおいてベース車の選択の重要性にも触れる!

トランザムやカマロを20年以上専門に取り扱うショップ【F-Performance】

1970y PONTIAC GTO THE JUDGE / 1979y PONTIAC Firebird Trans-Am / 1973y PONTIAC Firebird Trans-Am / 1980y Chevrolet Camaro Z-28

 

最新記事


2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/01/23

クアートFABでキャデラックATSを見た瞬間、奥様が一目惚れをして乗り換え

セダン

キャデラック

クルマを購入する時、一番重視するのは何か? もちろん欲しいクルマがあるかは当然だが、その次に価格ばかり見てはいないだろうか? でも、結局はお店とお客さんとの信頼関係で、人と人との縁が重要と言える。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】