歴代カマロの中でもひと際人気の高い1969yカマロ

クーペ

ビンテージ

シボレー

アメリカンビンテージvol.01

FORGIATO

レカロ

カマロRS

東京都

リッチライン

カマロ

CAMARO RS


カマロRSの未来はここから始まる

THE FUTURE CAMARO RS

オールドアメリカンだからといってガレージにしまいっぱなしにするのではなく、気軽に走りを楽しみたい…そんな思いから作られているのがリッチラインに並べられているアメリカ車達。最新の技術を注ぎ込まれたクルマは いかなる時もユーザーを満足させる走りを提供してくれるのだ。

 

60's~70'sのアメリカ車に現代の技術を注ぎ込み、プロツーリング仕様として仕上げられたのが、リッチラインのストックリストとしてラインナップされているアメリカンマッスルだ。オールドアメリカンだからといって臆することなく、安心して日々のドライブを楽しめるようにと始めたカスタマイズだったが、今ではある意味最先端といっていいカスタマイズが施されたアメリカ車を世に送り出しているといっていい。

シボレーカマロRS

カスタマイズを施すといってもオリジナルの持つデザイン性や雰囲気がしっかりと残されているのがリッチライン流。あくまでも走りに関わるパートにこだわり手が入れられている。ひと目でかなり手が入っているということが分かるスタイリングでも、そのクルマのファンを納得させる仕上がりとなっているのだ。

 

例えばココでご紹介しているカマロ。歴代カマロの中でもひと際人気の高い1969yをベースにしているが、この年式のファンが見てもこのスタイリングは魅力的に映るはずだ。ベースにチョイスされているのがRSというのもカマロファンには刺さるところだろう。このカマロ、ボディはオリジナルを忠実に再現して作られているが中身は全く別物といっていい仕様。別物とはいってもドライブトレインは現行のカマロから移植されているのである意味血筋は守られているのだ。

エンジンは500hpを発揮するLS3

エンジンは500hpを発揮するLS3、ミッションは6速ATの組み合わせとなり、'69yのカマロを軽々と走らせてしまうスペックを持っている。このハイパワー化に対応すべくリアアクスルハウジングはFord 9"に交換されサスペンションはコイルオーバー化することで強大なV8パワーをしっかりと路面へと伝え、フレームもレインフォースドしブレーキに前後6ピストンのディスクブレーキを組み込むことでカッチリとした走りを手に入れているのだ。

 

リッチラインではトータルコーディネイトでのカスタマイズが基本となっている。よくエンジンだけをハイスペック化している個体をみかけるがそれだけでは不十分。ハイパワー化を図った個体ではドライブトレインのみならず他のパートにも手を入れトータルバランスを保たないと、せっかく得たハイスペックを存分に楽しむことができないのだ。ココまで仕上げるにはそれなりにコストは弾むが得られるメリットはかなり大きいはず。それを求めてリッチラインには日々ユーザーが集っているのだから。

337T5874

ひと通り手は入っているもののオリジナルの雰囲気を崩すことなくまとめられているドライバーズシート。黒基調で要所要所に使われるメッキパーツがアクセントになっている。

ブレーキは6ピストン化して制動力をアップし、リアアクスルハウジングはFord 9"を採用してエンジン換装で得たハイパワーをしっかりと受け止め路面へと伝えられる仕様に。フューエルタンクはステンレス製に交換。フロントシートはRECARO SPORTSTERを装着し、リアシート後部にはカスタムオーディオをインストール。存在感抜群のホイールは FORGIATOーRITRNO。 フロントは20x10.5J&285/25R20、 リアは22x13J&355/25R22の組み合わせとなっている。インストルメントパネルに収められているメーター類は全てオートメーター化して信頼性をアップしている。エンジンスワップと同時にミッションも現行カマロの6L80E(6速AT)を搭載。エクステリアのルックスからは想像できないスムースかつパワフルな走りを手に入れた。


取材協力:RichLine【リッチライン】
HP:http://richline.co.jp/


Text & Photos|AMERICAN VINTAGECAR magazine
アメリカンカンビンテージ vol.01


関連記事

RELATED


休日のアシに活躍する〝惚れるカマロ〟1970y Chevrolet CAMARO RS【TDO MOTORING】

TDOモータリングの手により現代風のアレンジが施されている。エアコンやラジエーターなど快適性や安定性を左右するパーツについては適切なカスタムが施され、タイヤ&ホイールは18インチに大型化。そしてローダウンだ。

トランザムやカマロを20年以上専門に取り扱うショップ【F-Performance】

1970y PONTIAC GTO THE JUDGE / 1979y PONTIAC Firebird Trans-Am / 1973y PONTIAC Firebird Trans-Am / 1980y Chevrolet Camaro Z-28

青年実業家としての慌ただしい日々を69年型カマロが解放してくれる

1968 CHEVROLET CAMARO SS

セミファストバック形状のフォルムへと進化した2代目モデル 1970y シボレー シェベル【アズールモータリング】

ワイルドスピードやアウトローなど、映画ではクールでタフな男の愛車として登場する1970年式シェベル。

【1969年型 シボレーカマロ】絶品コンディションのベビーカマロ

官能のビンテージアメリカン Vintage Ecstasy オリジナルブランドを展開し、エスカレードなど高級SUVカスタムを提案するAZRことアズールモータリング。しかし同店の魅力は、こうしたヴィンテージカーの扱いにもある。

1969 Chevrolet Camaro RS
1969 Chevrolet Camaro Convertible

 

最新記事


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

ランキング


2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger