1991年に1年間のみ限定生産された、幻の世界最速のピックアップトラック サイクロン

ピックアップトラック

シボレー

80's-90's BREEZE

サイクロン

アメマガ2019年4月号

1991 GMC SYCLONE


1991 GMC SYCLONE

80’s-90’s BREEZE

今こそ80~90年代のアメ車にハマりたい!

アメリカ初のコンパクトピックアップのシボレーS-10をベースに、ターボ&4輪駆動で武装した世界最速のピックアップ! 生産台数2995台のみのコレクタブルカーとしてアメリカでのバリューは相当なもの!!
 

GMCソノマがベースのハイパフォーマンストラック

1991 GMC SYCLONE、1991GMCサイクロン

アメリカ初のコンパクトな1/4tピックアップとして82年にリリースされたシボレーS‐10。その兄弟車としてGMCからはソノマ(S‐15)がラインナップ。僅かな変更を受けながらも9年間ラインナップされる中、S‐10との違いはバッジのみだった。

そこで、GMCは差別化を図るべく、ソノマをベースに3種のコンセプトモデルを製作し、ソノマのハイパフォーマンス仕様としてサイクロン(Syclone/マーキュリーCycloneが存在するため、頭文字を「S」にして対応)をリリース。


4.3ℓのV6、LB4エンジンには三菱製ターボチャージャー/ギャレット製インタークーラーを組み込んだスペシャルユニット。トランスミッションは4速ATの700 R4。ボルグワーナー製トランスファ(F:35%、R:65%)を導入した4輪駆動仕様。最高出力は285hpと、生粋のスポーツモデルでも280hpが相場だった当時としては平均的ともいえるが、48.4kg‐mのトルクによる瞬発力はまさにアメリカン・マッスル! 当時の専門誌による検証では1/4マイルを13秒台で駆け抜けたという記録がある。


「スポーツカー」ならではのグランドエフェクト・パーツが投入され、車体色は黒のみと、外観においても普通のピックアップではないことが明確にアピールされているのだ。実際のポテンシャルも大事だが、2シーターのコンパクト・ピックアップをスーパーマシンに仕立てて販売したことが素晴らしい。独創的なモデルなうえ出荷台数僅か2995台という希少なモデルなだけに、アメリカでは完全にコレクタブルカー扱いとなっている。

しかし、日本では評価はそれなりでも実売価格はかなり割安だったりする。そんなわけで、この個体は、ドラッグレースも楽しむMoparマッスルオーナーの日常使用車として活躍中である。

1991 GMC SYCLONE

1991 GMC SYCLONE、1991GMCサイクロン

1年限定で2995台生産されたコレクタブルカー

ベースモデルのGMCソノマは、シボレーS-10同様にレギュラーキャブ+ショートベッド、レギュラーキャブ+ロングベッド、そしてエクステンドキャブ+ショートベッドの3種でラインナップ。対してパフォーマンスパッケージの「サイクロン」は、レギュラーキャブ+ショートベッドのみとなる。

91年に2995台が出荷され、92年~ 93年には同型車の2ドアSUVのGMCジミーをベース車を変更した同じ仕様の「タイフーン」と入れ替った。通常のカラーバリエーションが利用できたタイフーンに対して、サイクロンは黒のみのラインナップとなる。

さらなる特別仕様車として、タルガトップにアレンジし、赤を纏ったマルボロの懸賞品としての専用車(限定10台/ デザインはラリー・シノダが担当!)や、INDYペースカー仕様も存在する。



 

軽量コンパクトなボディに285hp を発生するエンジン

太いトルクによる瞬発力とパンチのある走りが魅力大!

1991 GMC SYCLONE、1991GMCサイクロン
コンパクトで軽量なモデルなだけに、285hpのV6ターボのポテンシャルはパンチがあってマッスルな体感が味わえる。その瞬発力のあるポテンシャルはフルタイム4WDによって余すことなく路面に伝達されるので、0スタートでも気持ち良く加速していく。

タイトなサスペンションの設定や、ホイールのインチアップ&偏平タイヤの装着もあり、乗り味は現代的だ。レカロ製にアップグレードされたシートのホールド感も相まって、スポーツモデルに準じたドライブフィールを楽しむことができた。
 
1991 GMC SYCLONE、1991GMCサイクロン
ピックアップトラックでありながら、ハイパフォーマンスなスポーツ仕様車として、スポイラーが一体整形されるバンパーなどエアロパーツが装着され、車高は通常のソノマよりも2インチ低い設定。

この個体はホイールは本来の16インチから18インチにインチアップしたうえで、走行性能をスポイルしない範囲内で3インチほどローダウン。ストック以上に疾走感あふれるクールなプロポーションを構築している。
 




乗用車然としたゲージクラスターは、90年型ポンティアック・サンバード・ターボ用が流用されている。エアコンなどのスイッチ類のデザインも、いかにも90'sらしく、ワクワクする。シートはレカロ製に変更。モデルのキャラクターにマッチしているだけでなく、スポーツ走行を満喫するうえで大きく貢献する。
 

ソノマに設定されたエンジンは1.9~2.5ℓの直4が5種、2.8ℓと4.3ℓによるV6が4種とで計9種。サイクロンは4.3ℓのV6エンジンをベースにターボチャージャー+インタークーラーで武装した285馬力仕様が用意され、4速AT(4L60)+トランスファによるフルタイム4WDとなっているのがポイント。

ちなみに、外観状はサイクロン同等ながら、駆動系は通常の4.3ℓ V6(195馬力)& 4速ATによるソノマGTが92年型としてリリースされたが、わずか800台程度と激レアゆえに、日本ではその存在そのものを知る人が少ない。
 

ホイールは前後共にC5 コルベット純正品(97~99)のリア用18インチにアレンジ。数種のスペーサーでフィッティングを繰り返し、理想的なポジションで収めている。タイヤはFALKEN AZENIS FK510(255/40ZR18)。ロワリングにおいては、フロントトーションバーの調整で2インチ、リヤは3インチ・ブロックで対応している。

Photo ◆ Hiroshi Nose 
Text ◆ Hideki Ishibashi
アメ車マガジン 2019年 4月号掲載


最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。