ビンテージカー愛好家による新春クルーズ

イベントレポート

アメマガ2019年4月号

2019 New Year Cruise! Go to MOONEYES. THURSDAY JANUARY 3,2019


Go to MOONEYES.

THURSDAY JANUARY 3,2019

東京から横浜への新春ドライブ、走って談義できればそれでイイ!

ビンテージアメリカンファンによる2019年初のクルーズは、東京ゲートブリッジからサザンカリフォルニアのカーカルチャーの発信源でもあるムーンアイズに向けて。当日は総勢30台が参加!

年末クルーズが企画されるキッカケとなった新春のクルーズは、ストリートロッドやマッスルカーのオーナーだけでなく、日本車や欧州車であっても、Hot Rodを意識したアメリカンなスタイルを楽しむマニアックなオーナーたちによって数年前にスタート。

集合場所は恐竜橋の異名を持つランドマークの、東京ゲートブリッジ付近のパーキングとし、そこからはクルーズを楽しみながら本牧のムーンアイズを目指すといった内容。これといってアトラクションなどはないが、純粋に走ることやカー談義を楽しむ、まさにクルマバカな人だからこそ成立するスタイル。


ムーンアイズといえば、参加者たちにとっては聖地ともいえる存在なだけに、初売りのタイミングに合わせて初詣的な感覚もこめて最終目的地とした。集合場所のパーキングは公園キャンプ場に隣接する大型サイズなうえに、新春で空いているため、ほぼ貸し切り状態。そのため、車種別に並べて記念撮影なども行なえた。

その後のムーンアイズまでの高速移動は、1時間程度のショートランだが、走りやすくて景色の良い湾岸線を気持ち良く走れて最高だった! 途中の大黒パーキングでは、スーパーカーや日本の旧車のグループでほぼ満車だったので、通過だけして本牧へと向かった。

初売りのムーンアイズでは、福袋を求めるお客さんたちで賑わい、カフェも常に満席状態。そもそも30台体制ではムーンアイズのパーキングには収まらないため、クルーズ参加車は揃って近所のパーキングを利用。新春のムーンアイズにて、まさにおめでたい時間を過ごすことができたのだ。
 




今回初めて利用した公園キャンプ場のパーキングは、規模が大きいうえに、新春ということでガラ空きの貸し切り状態なため、集合写真を撮ったり楽しめた。
 




ストリートロッドのオーナーを中心とするカークラブ、OSCAのメンバーによる戦前のストリートロッドから、指折りのMOPARマッスル、そして、静岡方面からは、Hotなシェビー勢が参加。Hot RodなアレンジしたVWや国産旧車も含め30台が参加。車種は様々でも、感覚の近い者同士で和気あいあいとしたムードが心地良い!
 
ムーンアイズ、MOONEYES
ムーンアイズ、MOONEYES
初売りとして1月2日からオープンしていたムーンアイズでは、福袋が販売されて大人気となっている。そんなわけで、新春クルーズの日程も福袋が販売される1/2または1/3に設定されている。


Photo & Report◆Hideki Ishibashi
アメ車マガジン 2019年 4月号掲載


最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2022/07/05

モパーが並ぶショップでマスタングは狙い目

クーペ

フォード

2013 FORD MUSTANG GT PERFORMANCE PKG

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/06/02

モデル史上最大のボディサイズとなるフォードサンダーバード

クーペ

ビンテージ

フォード

1974 FORD THUNDEBIRD