クーダはプリマス・バラクーダの中でも尖ってるモデル

クーペ

ビンテージ

プリマス

アメマガ2019年9月号

立花未来

バラクーダ クーガ

愛知県

アメ車ジャーナル

東海カーズ

アメ車ジャーナル
1971 PLYMOUTH 'Cuda 383 & 1970 PLYMOUTH 'Cuda 440


1971 PLYMOUTH BARRACUDA ‘Cuda、1971 プリマスバラクーダ クーダ

1971 PLYMOUTH BARRACUDA 'Cuda 383 & 1970 PLYMOUTH BARRACUDA 'Cuda 440


American Car Drive Journal アメ車ジャーナル =注目車にフォーカス=

ビンテージマッスルに乗る女子って猛烈にイケてる!


今回で3回目となる「アメ車ジャーナル」。注目のアメ車を、アメマガガールの立花未来ちゃんの目線で紹介していくもの。これまでにシルバラードコマンダーグランドチェロキーと紹介してきたけど、今回はビンテージマッスルカーショップの東海カーズのストックのプリマス・クーダをフィーチャーするぞ。ビンテージって躊躇する人もいるけど、そんなに難しくないし、とにかく楽しいのだ!

ビンテージマッスルってワイルド過ぎて…なんて思ってたけど、乗ってみると乗りやすい!


本誌イメージガールをつとめながら、リアルなアメ車(ダッジ・チャレンジャー!)ユーザーでもある立花未来クンをフィーチャーしてお送りする「アメ車ジャーナル」。今回は、マッスルカーならここへ行け!と、ファンの間ではおなじみになっている『東海カーズ』が舞台。で、未来クンが注目したのは…。

そう、未来クンも大好きなMOPARの伝説的ハイパーフォーマンスカー、プリマス・バラクーダ「クーダ」だ。ちょっとややこしいけれど、クーダはバラクーダの中でも尖ってるモデル。今回のモデルは'71年型で、その頃のダッジ・チャレンジャーと共通のEボディを採用、つまり兄弟車となる。「チャレンジャー」と聞いただけで未来クン、興味シンシンなのだ。
エンジンは383(6.3ℓ)、トランスミッションは3速オートマチック。存分に走りを楽しめる1台だ。さらにパワートレーンはもとより、エクステリア、インテリアまで、すべて東海カーズによって「見直されている」、つまり新車同様のコンディションに整えられている。
1971 PLYMOUTH BARRACUDA ‘Cuda、1971 プリマスバラクーダ クーダ
MOPARならではのボディカラーである「プラムクレイジー(に近い色)」、'71モデルの特徴である丸目4灯マスク、フロントフェンダーに「ウロコ」のように配置されたダミーダクト、そして同期のチャレンジャーよりもオーバーハングが短く、スタイリッシュ&スポーティにデザインされたリヤセクション。何より、台数が少なく、マニア好みなのが、クーダ最大の魅力なのだ!

1971 PLYMOUTH BARRACUDA 'Cuda 383
プリマス・バラクーダ クーダ 383


1971 PLYMOUTH BARRACUDA ‘Cuda、1971 プリマスバラクーダ クーダ
リペイントしたボディカラーはMOPAR純正に近いプラムクレイジー。丸目4灯のフェイスや、フロントフェンダーに刻まれた4連のダミーダクトが'71モデルの特徴だ。全幅は約1900mmもあるが、全長は約4740mmと、幅広・ショートなシルエット。ちなみにリヤは兄弟車のチャレンジャーより切れ上がっているイメージで、よりスポーティに感じる。

インテリアはウッドパネルを基調にしたラグジュアリー指向。もちろん、すべて東海カーズによるリファインがなされている。パワーステアリング、パワーウインドーを装備、エアコンも追加されている。

サスペンションはフロントに独立式、リヤにリーフ・リジッド式を採用。ゆったりした乗り味はいかにも“ アメ車” だ。タイヤはグッドイヤーのM+S仕様、フロント235、リヤに255の、いずれも15インチを装着。ホイールはオリジナル。

バラクーダのハイパフォーマンスモデルになる「クーダ」。今回の'71モデルは383(6.3ℓ)を搭載、スペックは335hpを発揮。トランスミッションは3速のオートマチック。このエンジンにこのミッションは少々もったいないが、パワフルな走りは堪能できる!

見た目は色気ムンムン、走りも刺激的で一目惚れ!


1971 PLYMOUTH BARRACUDA ‘Cuda、1971 プリマスバラクーダ クーダ
そんなワケで、居並ぶ『東海カーズ』ビンテージカーのストック車両の中でも、ひときわの輝きを放つ「'71クーダ」に目をつけた未来クン。パープルのボディカラー、ちょっと愛らしい4灯マスクに「かっこいい~!」と第一印象を語る。もともと60~70年代のマッスルカーには、自分と同じくらいの色気を感じている未来クン。「ホントは自分のチャレンジャーとこの'71クーダを乗り換えたいくらいだけど…」
と、かなり気に入った様子だ。「でも、ワタシ、ホントに普段からチャレンジャーに乗ってるンですよ。コンビニ行ったり」
しかし、この年式のクルマで頻繁にコンビニ行くのも、酷使しているようでかわいそう、とか。「2台持てれば、いいんですけどね。イジリーさん(担当編集者)、買ってください~!」
そして運転席に乗り込んでみると、これまたポイント高し。「オシャレな雰囲気ですよね。エアコンは、なくても別にいいんですけど、このクルマはあり。エアコンのありなし、けっこう大事なんですよね~」
1971 PLYMOUTH BARRACUDA ‘Cuda、1971 プリマスバラクーダ クーダ
実際にドライブしてみると、このクルマのコンディションのよさにびっくり! 50年近くも前のクルマなのに、走りは元気そのもの。愛車のチャレンジャーより取り回しもよく、乗りやすいそう。
そうして街を流し、車庫に帰ってくると、目の前には'70クーダが入庫中だった…。「あ、あっちの方がもっと可愛い!」とのこと。すっかりクーダファンになってしまった未来クンでありました。
1971 PLYMOUTH BARRACUDA ‘Cuda、1971 プリマスバラクーダ クーダ
ビンテージなマッスルカーは、ホントに大好き!今の愛車と乗り換えたいくらいだけど、コンビニに行くだけに乗っていたんではかわいそう…。走りは50年前のクルマとは思えないほど元気だし、快適! 東海カーズさんがしっかりリファインしてくれているので、安心して乗れますね! あと、エアコンがしっかり効いてくれてるのは、ポイント高いです!

Miki's Impression 1971 プリマス・バラクーダ クーダ 383


立花未来
『東海カーズ』の数あるガレージの1つ、シャッターを開けて、まず姿を見せたパープルのクーダに、まず魅せられてしまった未来クン。丸目4灯マスク、スタイリッシュなボディラインに、かわいらしさもあって、さっそく愛車のチャレンジャーと乗り換えを考えてしまったほど?しかし、この'71モデルの試乗を終え、帰ってくるとガレージには、さらにイエローボディの'70クーダが!「あー!こっちの方がもっとかわいい!」。ちなみに'70モデルは丸目2灯。しかもさらにハイパフォーマンスな440エンジンを積んでいるので、ボンネットには“シェイカーフード”が!
「こっちの方がいいかも…」。しかし残念ながら、こちらはマニュアルミッションで…(未来クン、マニュアル免許は持ってるけど、運転は辛いようで)。

1970 PLYMOUTH BARRACUDA 'Cuda 440
プリマス・バラクーダクーダ 440


1970 PLYMOUTH BARRACUDA 'Cuda 440

こっちの黄色い子もっと好きかも!


『東海カーズ』のガレージの片隅に、静かに置かれていた'70クーダ。未来クンがめざとく、見つけてしまった!まだ入庫したばかりということで、リファインの手はまだ入っていないが、シェイカーフードと丸目2灯のマスクは、かなり存在感あり。もちろんイエローのボディカラーも鮮烈だ。
搭載されるエンジンは440(7.2ℓ)。フードには“440-6”、つまり6パック(2バレルのキャブを3つ搭載する6バレル)を表す記号が刻まれているが、実際には4バレルのままだという(6パックに変更することも可能)。それでも375hpを絞り出すパワーは圧巻だ。ちなみにトランスミッションは通常、4MTを採用しているが、このモデルは5MTにスワップしている。
1970 PLYMOUTH BARRACUDA 'Cuda 440、立花未来
そんなワケで未来クン、運転免許はオートマ限定ではないものの、マニュアル車は苦手なため、このクルマのドライブはできず。隣に乗った感想は…。

Miki's Impression 1970 プリマス・バラクーダクーダ 440


1970 PLYMOUTH BARRACUDA 'Cuda 440、1970 プリマスバラクーダクーダ440
1970 PLYMOUTH BARRACUDA 'Cuda 440、1970 プリマスバラクーダクーダ440
丸目4灯の'71クーダもかわいかったけど、2灯の'70クーダはもっとかわいい! しかも“シェイカーフード”もマッスルカーらしくてステキ!エンジンも大きくて、東海カーズの細井さんはドリフトしてました! ただ、残念なのはマニュアルミッションだったこと。5速に載せ換えて乗りやすくなってみるみたいだけど、今の未来にはまだマニュアル車の運転はちょっと苦手なので、今回はヨコに乗せてもらっただけです。それでも、あのパワフルな走り!やっぱりMOPARは大好きだなー!マニュアル車を乗れるように修業してからクーダちゃんを迎えに来ます!


Tokai Cars【東海カーズ】


住所:愛知県豊川市東名町1-25
Tel:0533-86-8890
「サビまで愛して」が東海カーズのキャッチフレーズ。ビンテージなアメ車は、見た目の経年変化は許容範囲。それより走って、楽しめることが大事と、リファインを完璧に行なうのがポリシー。在庫は'60~'70年代のマッスルカーを中心に揃え、中には全開試走OKのクルマもあるぞ!
東海カーズ


Special Thanks ◆ Tokai Cars
Tel:0533-86-8890
E-mail:info@car-s-mm.com


Model ◆ Miki Tachibana


Photo ◆ Fumio Koga
Text ◆ Yoshinobu Kohsaka
アメ車マガジン 2019年 9月号掲載

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×