クーダはプリマス・バラクーダの中でも尖ってるモデル

クーペ

ビンテージ

プリマス

アメマガ2019年9月号

立花未来

バラクーダ クーガ

愛知県

アメ車ジャーナル

東海カーズ

1971 PLYMOUTH 'Cuda 383 & 1970 PLYMOUTH 'Cuda 440

アメ車ジャーナル =注目車にフォーカス=


1971 PLYMOUTH BARRACUDA ‘Cuda、1971 プリマスバラクーダ クーダ

ビンテージマッスルに乗る女子って猛烈にイケてる!

1971 PLYMOUTH BARRACUDA 'Cuda 383 & 1970 PLYMOUTH BARRACUDA 'Cuda 440

今回で3回目となる「アメ車ジャーナル」 。注目のアメ車を、アメマガガールの立花未来ちゃん の目線で紹介していくもの。これまでにシルバラード 、コマンダー &グランドチェロキー と紹介してきたけど、今回はビンテージマッスルカーショップの東海カーズ のストックのプリマス・クーダ をフィーチャーするぞ。ビンテージって躊躇する人もいるけど、そんなに難しくないし、とにかく楽しいのだ!

ビンテージマッスルってワイルド過ぎて…なんて思ってたけど、乗ってみると乗りやすい!

本誌イメージガールをつとめながら、リアルなアメ車(ダッジ・チャレンジャー!) ユーザーでもある立花未来クン をフィーチャーしてお送りする「アメ車ジャーナル」 。今回は、マッスルカーならここへ行け!と、ファンの間ではおなじみになっている『東海カーズ』 が舞台。で、未来クンが注目したのは…。

そう、未来クンも大好きなMOPARの伝説的ハイパーフォーマンスカー、プリマス・バラクーダ「クーダ」 だ。ちょっとややこしいけれど、クーダはバラクーダの中でも尖ってるモデル。今回のモデルは'71年型で、その頃のダッジ・チャレンジャー と共通のEボディを採用、つまり兄弟車となる。「チャレンジャー」 と聞いただけで未来クン、興味シンシンなのだ。

 

エンジンは383(6.3ℓ)、トランスミッションは3速オートマチック。存分に走りを楽しめる1台だ。さらにパワートレーンはもとより、エクステリア、インテリアまで、すべて東海カーズ によって「見直されている」、つまり新車同様のコンディションに整えられている。

1971 PLYMOUTH BARRACUDA ‘Cuda、1971 プリマスバラクーダ クーダ

MOPARならではのボディカラーである「プラムクレイジー (に近い色)」、'71モデルの特徴である丸目4灯マスク、フロントフェンダーに「ウロコ」のように配置されたダミーダクト、そして同期のチャレンジャー よりもオーバーハングが短く、スタイリッシュ&スポーティにデザインされたリヤセクション。何より、台数が少なく、マニア好みなのが、クーダ 最大の魅力なのだ!

1971 PLYMOUTH BARRACUDA 'Cuda 383
プリマス・バラクーダ クーダ 383

1971 PLYMOUTH BARRACUDA ‘Cuda、1971 プリマスバラクーダ クーダ

リペイントしたボディカラーはMOPAR純正に近いプラムクレイジー 。丸目4灯のフェイスや、フロントフェンダーに刻まれた4連のダミーダクトが'71モデルの特徴だ。全幅は約1900mmもあるが、全長は約4740mmと、幅広・ショートなシルエット。ちなみにリヤは兄弟車のチャレンジャー より切れ上がっているイメージで、よりスポーティに感じる。

インテリアはウッドパネルを基調にしたラグジュアリー指向。もちろん、すべて東海カーズ によるリファインがなされている。パワーステアリング、パワーウインドーを装備、エアコンも追加されている。

サスペンションはフロントに独立式、リヤにリーフ・リジッド式を採用。ゆったりした乗り味はいかにも“ アメ車” だ。タイヤはグッドイヤーのM+S仕様、フロント235、リヤに255の、いずれも15インチを装着。ホイールはオリジナル。

バラクーダ のハイパフォーマンスモデルになる「クーダ」 。今回の'71モデルは383(6.3ℓ)を搭載、スペックは335hpを発揮。トランスミッションは3速のオートマチック。このエンジンにこのミッションは少々もったいないが、パワフルな走りは堪能できる!

見た目は色気ムンムン、走りも刺激的で一目惚れ!

1971 PLYMOUTH BARRACUDA ‘Cuda、1971 プリマスバラクーダ クーダ

そんなワケで、居並ぶ『東海カーズ』 ビンテージカーのストック車両の中でも、ひときわの輝きを放つ「'71クーダ」に目をつけた未来クン。パープルのボディカラー、ちょっと愛らしい4灯マスクに「かっこいい~!」と第一印象を語る。もともと60~70年代のマッスルカーには、自分と同じくらいの色気を感じている未来クン。「ホントは自分のチャレンジャーとこの'71クーダを乗り換えたいくらいだけど…」と、かなり気に入った様子だ。「でも、ワタシ、ホントに普段からチャレンジャーに乗ってるンですよ。コンビニ行ったり」

 

しかし、この年式のクルマで頻繁にコンビニ行くのも、酷使しているようでかわいそう、とか。「2台持てれば、いいんですけどね。イジリーさん(担当編集者)、買ってください~!」

 

そして運転席に乗り込んでみると、これまたポイント高し。「オシャレな雰囲気ですよね。エアコンは、なくても別にいいんですけど、このクルマはあり。エアコンのありなし、けっこう大事なんですよね~」

1971 PLYMOUTH BARRACUDA ‘Cuda、1971 プリマスバラクーダ クーダ

実際にドライブしてみると、このクルマのコンディションのよさにびっくり! 50年近くも前のクルマなのに、走りは元気そのもの。愛車のチャレンジャーより取り回しもよく、乗りやすいそう。

 

そうして街を流し、車庫に帰ってくると、目の前には'70クーダが入庫中だった…。「あ、あっちの方がもっと可愛い!」とのこと。すっかりクーダファンになってしまった未来クンでありました。

1971 PLYMOUTH BARRACUDA ‘Cuda、1971 プリマスバラクーダ クーダ

ビンテージなマッスルカーは、ホントに大好き!今の愛車と乗り換えたいくらいだけど、コンビニに行くだけに乗っていたんではかわいそう…。走りは50年前のクルマとは思えないほど元気だし、快適! 東海カーズ さんがしっかりリファインしてくれているので、安心して乗れますね! あと、エアコンがしっかり効いてくれてるのは、ポイント高いです!

Miki's Impression 1971 プリマス・バラクーダ クーダ 383

立花未来

『東海カーズ』 の数あるガレージの1つ、シャッターを開けて、まず姿を見せたパープルのクーダに、まず魅せられてしまった未来クン。丸目4灯マスク、スタイリッシュなボディラインに、かわいらしさもあって、さっそく愛車のチャレンジャー と乗り換えを考えてしまったほど?しかし、この'71モデルの試乗を終え、帰ってくるとガレージには、さらにイエローボディの'70クーダが!「あー!こっちの方がもっとかわいい!」。ちなみに'70モデルは丸目2灯。しかもさらにハイパフォーマンスな440エンジンを積んでいるので、ボンネットには“シェイカーフード” が!

 

「こっちの方がいいかも…」。しかし残念ながら、こちらはマニュアルミッションで…(未来クン、マニュアル免許は持ってるけど、運転は辛いようで)。

1970 PLYMOUTH BARRACUDA 'Cuda 440
プリマス・バラクーダクーダ 440

1970 PLYMOUTH BARRACUDA 'Cuda 440

こっちの黄色い子もっと好きかも!

『東海カーズ』 のガレージの片隅に、静かに置かれていた'70クーダ。未来クンがめざとく、見つけてしまった!まだ入庫したばかりということで、リファインの手はまだ入っていないが、シェイカーフード と丸目2灯のマスクは、かなり存在感あり。もちろんイエローのボディカラーも鮮烈だ。

 

搭載されるエンジンは440(7.2ℓ)。フードには“440-6”、つまり6パック(2バレルのキャブを3つ搭載する6バレル)を表す記号が刻まれているが、実際には4バレルのままだという(6パックに変更することも可能)。それでも375hpを絞り出すパワーは圧巻だ。ちなみにトランスミッションは通常、4MTを採用しているが、このモデルは5MTにスワップしている。

1970 PLYMOUTH BARRACUDA 'Cuda 440、立花未来

そんなワケで未来クン、運転免許はオートマ限定ではないものの、マニュアル車は苦手なため、このクルマのドライブはできず。隣に乗った感想は…。

Miki's Impression 1970 プリマス・バラクーダクーダ 440

1970 PLYMOUTH BARRACUDA 'Cuda 440、1970 プリマスバラクーダクーダ440
1970 PLYMOUTH BARRACUDA 'Cuda 440、1970 プリマスバラクーダクーダ440

丸目4灯の'71クーダもかわいかったけど、2灯の'70クーダはもっとかわいい! しかも“シェイカーフード” もマッスルカーらしくてステキ!エンジンも大きくて、東海カーズ の細井さんはドリフトしてました! ただ、残念なのはマニュアルミッションだったこと。5速に載せ換えて乗りやすくなってみるみたいだけど、今の未来にはまだマニュアル車の運転はちょっと苦手なので、今回はヨコに乗せてもらっただけです。それでも、あのパワフルな走り!やっぱりMOPARは大好きだなー!マニュアル車を乗れるように修業してからクーダちゃんを迎えに来ます!


Tokai Cars【東海カーズ】

住所:愛知県豊川市東名町1-25
Tel:0533-86-8890

「サビまで愛して」が東海カーズのキャッチフレーズ。ビンテージなアメ車は、見た目の経年変化は許容範囲。それより走って、楽しめることが大事と、リファインを完璧に行なうのがポリシー。在庫は'60~'70年代のマッスルカーを中心に揃え、中には全開試走OKのクルマもあるぞ!

東海カーズ


Special Thanks ◆ Tokai Cars
Tel:0533-86-8890
E-mail:info@car-s-mm.com


Model ◆ Miki Tachibana


Photo ◆ Fumio Koga
Text ◆ Yoshinobu Kohsaka
アメ車マガジン 2019年 9月号掲載


最新記事


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

2024/02/21

アメ車マガジンの表紙を飾ったオーナーが営む神戸のダーツバー【DEAR'S】

ショップ

アメ車で乗り付けてジャンクフードを喰らうのが、アメリカンダイナーの醍醐味。しかしアメ車で乗り付けなくとも、お酒を嗜みながらアメ車話に花を咲かせられることもまた貴重。DEAR`sならそれが叶う!

ランキング


2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2020/10/22

東海カーズのマッスルカーを、華やかに彩る「和テイスト」のデザインワーク

ラッピング&ペイント

AMEMAG RECOMMEND ARTIST
遊鷹-Yutaka-

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】