ラグジのコンプリートモデル、チャレンジャーSのボディラインを見よ!

クーペ

ダッジ

ワークエモーション

アメマガ2019年4月号

チャレンジャーRT PLUS SHAKER

エッジカスタムズ

ニットー

TO THE LIMIT!!

NITTO

チャレンジャー

ラグジ

岐阜県

WORK EMOTION

EDGE CUSTOMS

TO THE LIMIT!! 過激さへの挑戦に終わりはない
LUXZ EDGE CUSTOMS CHALLENGER S


LUXZ EDGE CUSTOMS CHALLENGER S、2015y DODGE CHALLENGER R/T PLUS SHAKER

EDGE CUSTOMS CHALLENGER S


MODERN MUSCLECARS
TO THE LIMIT!!  過激さへの挑戦に終わりはない

LUXZ初のコンプリートモデル、斬新のボディラインを見よ!


日本はもとより、本国USAでも高い認知度を誇るLUXZの EDGE CUSTOMS 。これまでM LINEとR LINEの2つのプロダクツを提案してきたが、新たなシリーズ「チャレンジャーS」をプロデュースし、コンプリートモデルが発売開始される。

既成概念に囚われない、全く新しい形状を実現


チャレンジャーの持つ力強さをさらに強調した、筋肉美のような美しさを実現したMライン。また、無駄を削ぎ落とした独特なスタイルで、カスタムの新たな扉を切り開いたRライン。異なる2つの方向性を提案することで、チャレンジャーカスタムを牽引し続けるのが、 エッジカスタムズ というブランンドを展開する ラグジ だ。
日本国内はもとより、世界中でその名を知らしめており、メーカーよりも先にワイドバージョンの ヘルキャット を実現披露するなど、自動車メーカーの先をゆくカスタムは、ユーザーのハートを魅了し続けている。
そのラグジが、新たにパーツ単体ではなくコンプリートカー専用パッケージとして「チャレンジャーS」という新たなスタイルを、東京オートサロン2019の会場で発表した。

東京オートサロン2019
カスタムカーコンテスト インポートカー部門優秀賞受賞


ラグジ、東京オートサロン2019 カスタムカーコンテスト インポートカー部門優秀賞受賞
2019年のカスタムの幕開けと言える、東京オートサロン。そのインポートカー部門で、このチャレンジャーSが見事優秀賞を受賞! だが、頂点だけを目指していた島澤社長の表情に笑みはなく、明らかに悔しさが滲み出ていた。この想いが、また新たなカスタムの原動力となることを期待したい!

全身をカーボンラッピングすることで、レーシーなテイストを際立たせる!

 

コンプリートで楽しむ、新しいカスタム方法


今回発表されたチャレンジャーSの最大のポイントは、その独創的なオーバーフェンダーのラインに尽きる。一般的なオーバーフェンダーは、タイヤを包み込むようなアーチを採用しており、横からみると円を描くような形状が多い。それに対しこのチャレンジャーSは、アーチを描きつつも、敢えてトップ部分をフラットにすることでそのワイドさを強調。また複雑なラインが絡み合うことで、見る角度によって全く異なる印象を与えてくれる。
LUXZ EDGE CUSTOMS CHALLENGER S、2015y DODGE CHALLENGER R/T PLUS SHAKER
オーバーフェンダーの素材はFRPとなっており、ノーマルボディよりも片側でフロントが80mm、リヤも120mmワイド化されており、さながらドラッグマシンのようなシルエットを実現している。
今回ベースとなったのはR/Tのプラスシェイカー。フロントスプリッターや前後カナード、トランクスポイラー、リヤディフューザーなどがセットになったフルコンプリートパッケージのプライスは、150万円。加えてデモカーはカーボンラッピングを施す事で、独特な世界観を実現。
新車、もしくはベース車両をラグジで購入する際に「チャレンジャーS」へとカスタムを実施することとなるので、ベース車両のグレードやエンジンは自由にチョイス可能。完成されたスタイリングのコンプリートカーを手に入れるというのは、新しいカスタムの楽しみ方と言えるだろう。
 

BASE MODEL 2015y DODGE CHALLENGER R/T PLUS SHAKER





_


フロントバンパーには大型のスプリッターを装着。フルコンプリート仕様にのみ装着されるカナードは、オーバーフェンダーとラインが繋がるようにデザインされている。オーバーフェンダーのトップ部分をフラットにすることで、独自のスタイリングを実現。デモカーはエアサスをセットするが、車高調でもキットは装着可能となる。
タイヤはNITTO INVOで、フロント285/30R20/リヤ345/25R20をチョイス。ホイールはWORK・エモーションCR3Pを組み合わせ
タイヤはNITTO INVOで、フロント285/30R20/リヤ345/25R20をチョイス。ホイールはWORK・エモーションCR3Pを組み合わせ
タイヤはNITTO INVOで、フロント285/30R20/リヤ345/25R20をチョイス。ホイールはWORK・エモーションCR3Pを組み合わせ、リヤは13Jという極太サイズのリムとなる。マジョーラのペイントを施すことで、見る角度によって様々な表情を見せる。
サイドスカートはプロトタイプモデルを装着。
トランクスポイラーのエンド部分には、クリアなガーニーフラップを追加
サイドスカートはプロトタイプモデルを装着。実際の製品に向けて、若干形状が変更される予定だ。トランクスポイラーのエンド部分には、クリアなガーニーフラップを追加。視界を確保しながらも、スタイリングと空力性能を向上させている。
 

Produce:LUXZ


TEL:058-259-3922
URL:https://luxz.jp/

Photo&Text:浅井岳男
アメ車マガジン 2019年 4月号掲載

最新記事


2023/09/27

やっぱりGMが好きなので、迷わずシルバラードを選ぶ

ピックアップトラック

シボレー

それがいつのことか、どこだったのかまったく思い出せないが、街を走るアメ車の四駆を見て「カッコイイ!」と思った三河さん。その刷り込みが非常に強く残っていたことで、今にして思えばそれがアメ車ライフの始まりと言える。

2023/09/26

【グランドワゴニア / ラングラールビコン】392ciのV8を搭載する、正反対なキャラクター!

ショップ

ここ数年、アメ車にもエンジンのダウンサイジング化の波が押し寄せている。だが、そんな時代の流れに抗うかのように登場した、ラングラールビコン392とグランドワゴニア。エンジンこそ同じだが、まったく異なる2台を紹介しよう。

2023/09/25

目指すは普段乗りができるシボレーC10のプロストリート!

ピックアップトラック

シボレー

C10人気が高まる昨今、オリジナル重視の個体はもちろん、パティーナやラット、さらにはビレットホイールを履かせたスタイルなど、多種多様の盛り上がりを見せている。そんな中、度肝を抜く一台を大阪の6ディグリーズで発掘してきた!

2023/09/22

稀少限定色のレインにルビコン392を搭載するモンスター!

SUV

ジープ

1981年まで生産されたCJ以来、40年ぶりにV8エンジンを搭載した「RUBICON 392」。モパーらしさを色濃く感じさせるハイパフォーマンスな走りは、良い意味でラングラーらしからぬ魅力を放つ。

ランキング


2023/09/26

【グランドワゴニア / ラングラールビコン】392ciのV8を搭載する、正反対なキャラクター!

ショップ

ここ数年、アメ車にもエンジンのダウンサイジング化の波が押し寄せている。だが、そんな時代の流れに抗うかのように登場した、ラングラールビコン392とグランドワゴニア。エンジンこそ同じだが、まったく異なる2台を紹介しよう。

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2023/09/25

目指すは普段乗りができるシボレーC10のプロストリート!

ピックアップトラック

シボレー

C10人気が高まる昨今、オリジナル重視の個体はもちろん、パティーナやラット、さらにはビレットホイールを履かせたスタイルなど、多種多様の盛り上がりを見せている。そんな中、度肝を抜く一台を大阪の6ディグリーズで発掘してきた!

2023/09/20

【ダッジ・チャレンジャーのオーナーを取材!】こだわりの愛車とカーライフを総まとめ

ダッジ

ダッジ・チャレンジャーといえばただの交通手段ではなく、夢と冒険の象徴となる魅惑のクルマ。映画やカルチャー、知人からの影響など、様々な出会いから始まり、カスタムへのこだわりや、ライフスタイル、走行のパワフルさなどいろいろな魅力に沼っていくオーナたち。今回はそんなダッジ・チャレンジャーのオーナーたちのこだわり、魅力をまとめて一挙にご紹介しよう!