現代版マッスルカーの大本命! 一度味わうと虜になる DAYTONA392の魅力

クーペ

ダッジ

SOUL OF MOPAR

MOPAR

チャージャーDAYTONA392

BUBU阪神

チャージャー

アメマガ2019年5月号

兵庫県

Soul of Mopar 2017 DODGE CHARGER DAYTONA 392


2017 DODGE CHARGER DAYTONA 392

2017 DODGE CHARGER DAYTONA 392、2017 ダッジチャージャー デイトナ392

クライスラー系モダンアメリカンがスバラシイ理由

Soul of Mopar
6.4ℓ V8が生み出す怒涛のパフォーマンス性、アクセルを踏み込んだ時の瞬発力、DAYTONA392には現代版マッスルカーの魅力がギッシリと詰め込まれている。
 

特別なモデルをサラリと乗りこなす優越感

2017 DODGE CHARGER DAYTONA 392、2017 ダッジチャージャー デイトナ392

2015年にフルモデルチェンジを受けてフェイス周りを一新。シャープで洗練された顔付きとなった ダッジ・チャージャー 。旧モデルに比べてダッジらしい顔付きが若干薄くなった印象ではあるが、搭載されるエンジンや走りを吟味してみると、モパー系マッスルとしての魅力は健在。デイトナ392に関しては、むしろ高まってきていると言って良い。


低排気量にスーパーチャージャーを組み合わせてパフォーマンスを稼ぐモデルが主流となる昨今、6.4ℓ V8の大排気量NAエンジンを搭載したモデルはある意味、堂々と時代の逆を行くモデルだ。

2017 DODGE CHARGER DAYTONA 392、2017 ダッジチャージャー デイトナ392

昔のような3速、4速ATのトランスミッションで、有り余るパワーを豪快に操るのではなく、8速でジェントルにこなす劇的な進化と、時代は変わっても継承される大排気量エンジンのダイナミックな部分が絶妙に混在しており、まさに現代版マッスルカーを余すことなく堪能させてくれる大本命モデルと言って良いだろう。

2017 DODGE CHARGER DAYTONA 392、2017 ダッジチャージャー デイトナ392
撮影車両は2019年春にオープンしたばかりのBUBU阪神 が一押しするモデル。走行はわずか4500kmの2017年モデル。トーチレッドのエクステリアにDAYTONAロゴがあしらわれるブラックスェードレザーインテリアの、本国で人気を博す仕様。アップルカープレイも装備しており、ミュージックソースはもちろんナビゲーションシステムなどもスマートフォンから8.4インチのディスプレイで連動が可能。

オリジナルで専用20インチホイール×ブレンボ6ポットキャリパー、モパーコールドエアインテーク、ビルシュタインハイパフォーマンスサスペンションが装備されており、485hpのハイパフォーマンスながらサラリと操れるギミックが既に整っていることも特筆物。

2017 DODGE CHARGER DAYTONA 392、2017 ダッジチャージャー デイトナ392
デイトナ392を選ばずに、個々でパフォーマンスアップを図るのもモパー系マッスルカーの楽しみ方ではあるが、既に仕上がった特別なモデルを大切に維持するのも醍醐味の一つ。価値ある一台を購入して永く愛用したい。そんなあなたに是非オススメしたいモデルだ。

485hpのパフォーマンス を誇る6.4ℓV8HEMIエン ジン
モパ ーコールドエアインテ ークシステム
485hpのパフォーマンスを誇る6.4ℓV8HEMIエンジンに8速ATを組み合わせるデイトナ392。モパーコールドエアインテークシステムも標準で装備。
 


アップルカープレイ連動の8.4インチタッチパネルディスプレイ
スチールヘアラインのアクセントがあしらわれるインストルメンタルパネル。パドル操作も可能な8速ATを操るシフトノブ。スポーティーな雰囲気を高めるレッドを基調としたメーター類に、アップルカープレイ連動の8.4インチタッチパネルディスプレイ。2015年のフルモデルチェンジで細部まで質感を高めたインテリアも魅力的。
 

DAYTONAの刺繍がアクセントとなるブラックスウェードレザーの専用シート。座り心地はもちろんホールド性も良く、長時間のドライブも難なくこなせる。
 
トーチレッド×ブラックのコントラストで存在感を高める DATYONA専用デカール
トーチレッド×ブラックのコントラストで存在感を高める DATYONA専用デカール
テールレンズを含む灯火類はすべて日本仕様へ改善済
トーチレッド×ブラックのコントラストで存在感を高めるDATYONA専用デカール。テールレンズを含む灯火類はすべて日本仕様へ改善済。BCD自社輸入モデルは検査新規で3年付。走行距離無制限のBCD50プラスによる一年保証を付けて購入が可能。その他、気になる本国限定モデルもBUBU阪神 に相談すれば、親身になって探してくれるはずだ。
 
5スポークでスポーティさを演出しながらもツインタイプなのでシャープな印象も与えるホイール
5スポークでスポーティさを演出しながらもツインタイプなのでシャープな印象も与えるホイール
5スポークでスポーティさを演出しながらもツインタイプなのでシャープな印象も与えるホイール。ブレーキはブレンボを標準装備する。


Presented by BUBU HANSHIN
TEL:06-6427-5151
URL:http://www.bubu.co.jp


■Photo&Text:石井秋良
アメ車マガジン 2019年 5月号掲載


最新記事


2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。

2024/05/15

SUVが小さく見える、本気のモーターホーム【2022 TIFFIN ALLEGRO BREEZE 33BR】

キャンピング

OTHER

アウトドア

アメ車の専門店は全国にあるが、バスの様なモーターホームを扱うのは、熊本のワッツ以外にないのでは?代表の村上さんは「他店にはない個性」を追求した結果と語るが、全国から問い合わせが後を絶たないそうだ。

ランキング


2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2020/07/28

【パワーと贅沢の融合】一度は乗ってみたいGMCシエラ・デナリの魅力

ピックアップトラック

GMCシエラ・デナリについて解説。シボレーよりもGMC派にとっては、ヘビーデューティ性能とラグジュアリーが融合した魅力的な選択肢として人気の車種。豪華な装備やオフロード性能、EcoTec3 5.3L V8エンジンなど、ユニークな特徴をご紹介しよう!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。