【エッジカスタムズ チャレンジャーS】フロントマスクの印象から、付いたサブネームは「レッドアイ」

クーペ

ダッジ

ヘルキャット

MOPAR

EDGE CUSTOMS

SOUL OF MOPAR

オーバーフェンダー

エッジカスタムズ

チャレンジャーS

チャレンジャーSRT Hellcat

エアフォース

アメマガ2019年5月号

チャレンジャー

ラグジ

岐阜県

DODGE CHALLENGER SRT Hellcat
EDGE CUSTOMS CHALLENGER S RED EYE


EDGE CUSTOMS CHALLENGER S RED EYE、ダッジチャレンジャーSRTヘルキャット

DODGE CHALLENGER SRT Hellcat EDGE CUSTOMS CHALLENGER S RED EYE


クライスラー系モダンアメリカンがスバラシイ理由
Soul of Mopar

ヘルキャットの本性が目覚める 野生的&攻撃的なスタイル!


2019年4月号の表紙を飾った、ラグジの「チャレンジャーS」。前回はフルコンプリートモデルを紹介したが、2019年5月号ではオプションパーツが省かれた、ハーフコンプリート仕様を紹介しよう。


ラグジのコンプリートモデル、チャレンジャーSのボディラインを見よ!


近寄りがたいほどの威圧的なオーラが漂う


東京オートサロンの会場には、2019年4月号で紹介したブルーカーボンの他に、もう一台チャレンジャーSが展示されていた。今回紹介するサブネーム「レッドアイ」は、ベースにヘルキャットをチョイス。これに前後のボディキットが追加されるが、フルコンプリートに装着されるスプリッターやカナードはオミットされており、さしずめハーフコンプリートモデルと呼ぶべきスタイル。
新たに発表されたオーバーフェンダーは、非常に独創的な形状を採用しているのが特徴。フェンダーのトップ部分をフラット気味にすることで、どの角度から見てもワイドに見えるよう計算されている。前回は光沢グロスブラックのカーボンラッピングだったが、今回のモデルはマットブラックをチョイス。ボディのブラックカーボンと相まって、近寄りがたい威圧感を醸し出すほどの変貌ぶりを遂げている。強いて言うなら、ノーマルのヘルキャットが仔猫のように見えてしまうほどだ。
EDGE CUSTOMS CHALLENGER S RED EYE、ダッジチャレンジャーSRTヘルキャット
フルコンプリートモデルのボディキットが150万円なのに対し、ハーフコンプリートは120万円前後を予定。残念ながらパーツ単体の販売を行なう予定はなく、新車&中古車をベースにモディファイすることになる。既にチャレンジャーを所有しているオーナーは、これを期にハイパフォーマンスモデルに乗り換え、チャレンジャーSへアップグレードしてはいかがだろうか?EDGE CUSTOMS CHALLENGER S RED EYE、エッジカスタムズ チャレンジャーS レッドアイ
サスペンションはAIRFORCEエアサス
ヘルキャットのフロントリップは、敢えてそのまま装着。ヘッドライトの下にカラーパーツを加えることで、獰猛な雰囲気を更に際立たせる。サスペンションはAIRFORCEエアサスに変更し、極限の低さを追求する。フロントマスクの印象から、付いたサブネームは「レッドアイ」だ。
EDGE CUSTOMS CHALLENGER S RED EYE、ダッジチャレンジャーSRTヘルキャット
リヤディフューザーやトランクスポイラー&ガーニーフラップは、 フルコンプリートモデルと同形状を装着
リヤディフューザーやトランクスポイラー&ガーニーフラップは、 フルコンプリートモデルと同形状を装着
リヤディフューザーやトランクスポイラー&ガーニーフラップは、フルコンプリートモデルと同形状を装着。オーバーフェンダーが横の広がりを見せるが、スポイラーが縦の厚みを加えるので、バランスよく見える。
NITTO&WORKの組み合わせ
NITTO&WORKの組み合わせ
オーバーフェンダーの厚みはフロントが80mmで、リヤが120mm。ブルーカーボンと同じNITTO&WORKの組み合わせだが、ホイールのカラーをマットブラック&ブロンズにする事で、全く違った印象を受ける。

チャレンジャーS・フルコンプリートモデル


チャレンジャーS・フルコンプリートモデ
ブルーカーボンと言うサブネームを持つ、チャレンジャーSのフルコンプリートモデル。オーバーフェンダーの形状・サイズは同一だが、仕上げが変わることで印象が全く異なって見える。


ヘルキャットの上位モデル「ヘルキャット・レッドアイ」は797hpエンジンを搭載。
アイファイブならではの確固たるスタンスは、リニューアルしても変わらず人々を魅了
デーモンの後を受ける最強モデル ヘルキャット・レッドアイが遂に日本へ!


Produce:LUXZ
TEL:058-259-3922
URL:https://luxz.jp/


Photo:浅井岳男
Text:空野 稜
アメ車マガジン 2019年 5月号掲載

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

×