2019年モデルのチャレンジャーに変化あり?オプション設定でグレード展開は増加。

クーペ

ダッジ

愛知県

SOUL OF MOPAR

MOPAR

チャレンジャー

チャレンジャーR/T SCATPACK

チャレンジャーR/T SHAKER Package

アメマガ2019年5月号

ライオンハート

Soul of Mopar 2019y DODGE CHALLENGER


2019 ダッジチャレンジャーR/T SCATPACK、2019 ダッジチャレンジャー R/T SHAKER Package

2019y DODGE CHALLENGER?R/T SCATPACK 2019y DODGE CHALLENGER?R/T SHAKER Package

クライスラー系モダンアメリカンがスバラシイ理由 Soul of Mopar

グレードが整理された2019年モデル、狙い目チャレンジャーに変化あり?

2019年モデルでカタチこそ大きく変わらないものの、大きな変化が起きたダッジ・チャレンジャー。SRT392が消滅し、シェーカーやT/Aといった特殊グレードはオプションパッケージになるなど、全16あったグレードは6にまで減少。いち早く2019年モデルを導入するライオンハートにて狙い目のモデルを見ていこう。

オプション設定でグレード展開は増加

モダンマッスルを中心として、モアパワーをコマーシャルに各メーカーが競う展開が続いているが、その主役となるモデルは、やはりダッジ・チャレンジャーだ。ハイパフォーマンスのSRTを皮切りに、700馬力を超えるSRTヘルキャット、異次元の840馬力を発揮するデーモンなど、ライバルモデルと比べて頭一つ抜けた存在といえるだろう。 そのチャレンジャーの2019年モデルでは、驚くべき展開があった。デーモンは登場時点で2018年限定と発表されていたのでカタログ落ちは予想通りだが、ヘルキャットの上位モデルとして797馬力を誇るヘルキャット・レッドアイを新設。ヘルキャットも707→717馬力へとパワーアップした。 一方で、NAエンジン上位モデルであったSRT392が消滅し、R/Tスキャットパックが上位モデルに。つまり、6.4?V8エンジンはスキャットパック専用となる。加えてプラス、T/A、シェーカー、ワイドボディといった上位装備&個性派モデルがスタンダードから外れて、オプションパッケージとして選択することになる(設定できないグレードがあるので要注意)。車両的に面白いAWD仕様は、従来どおりのGTに加えSXTにも設定されたが、要望が多いと思われたV8には設定されていないのが少々残念ではある。

究極の選択は2台の組み合わせ?

2019年型モデルは、18年型ではスタンダードとして設定されていたシェーカーがオプションパッケージとなり、そのシェーカーパッケージを設定できるのは、V8のR/TとR/Tスキャットパックのみ。撮影した愛知県のライオンハートでは、これまで多くのチャレンジャーを販売してきたが、ボンネットから飛び出すシェーカーインテークを備えるシェーカーは常に人気モデルで、いち早く導入した19年型はR/Tにシェーカーパッケージを追加し、さらにパフォーマンスハンドリンググループと呼ばれるオプション装備なども追加し、ブレンボ4ピストンブレーキや、ハイパフォーマンスサスペンションなど、仕様的には上位のR/Tスキャットパックにも負けてはいない内容だ。 ヘルキャットほどの能力は必要ないが、パワーは欲しい。そんなオーナーの声もあることから、同ショップにはSRT392に変わるNAエンジンの上位モデルであるR/Tスキャットパックも導入。6.4?V8を搭載し、485馬力を発揮するパワーは圧巻。標準でブレンボ4ピストンブレーキ、ハイパフォーマンスサスペンション、ラインロックなどの充実の走行装備を備える。こちらも同ショップが追加でオプション装備を充実させ、ベーシックなR/Tスキャットパックとはワンランク上の仕様となる。 結果的にこの2台でどれがオススメかといえば難しい。モアパワーを求めるか、シェーカーインテークを求めるかだ。どちらも捨てがたければ、R/Tスキャットパックにシェーカーパッケージを追加したモデルを、ライオンハートに注文するという手もある。

2019y DODGE CHALLENGER?R/T SHAKER Package オプションパッケージとなったシェーカー

2019 ダッジチャレンジャー R/T SHAKER Package 2019 ダッジチャレンジャー R/T SHAKER Package ギミック的な要素もあるシェーカーインテークは、見た目のインパクトはダントツ。5.7?V8 HEMIエンジンのスペックは、18年型から変更はない。インテリアのデザインはスキャットパックと基本同じ。メーターパネルがホワイトになっている部分が違いだろうか。 2019 ダッジチャレンジャー R/T SHAKER Package 2019 ダッジチャレンジャー R/T SHAKER Package 2019 ダッジチャレンジャー R/T SHAKER Package 2019 ダッジチャレンジャー R/T SHAKER Package 2019 ダッジチャレンジャー R/T SHAKER Package 【主要諸元:2019年型ダッジ・チャレンジャーR/T】 ●全長×全幅×全高:5027×1924×1460mm ●ホイールベース:2951mm ●車両重量:1923kg ●エンジン種類:V8 HEMI ●総排気量:5700? ●トランスミッション:8AT ●最高出力:372hp/51500rpm ●最大トルク:55.3㎏-m/4400rpm ●ブレーキ:4輪ディスク・パフォーマンスブレーキパッケージ ※諸元表はオプションパッケージを含まないR/T標準モデル。 撮影車両は ●シェイカーパッケージ ●プラスパッケージ ●ドライバーズコンビニエンスグループ ●パフォーマンスハンドリンググループのオプションパッケージを追加装備。

2019y DODGE CHALLENGER?R/T SCATPACK NAエンジンで最上位モデルとなるR/Tスキャットパック

2019 ダッジチャレンジャーR/T SCATPACK 2019 ダッジチャレンジャーR/T SCATPACK SRT392とスキャットパックが共用していた6.4?V8エンジンは、19年型ではSRT392が消滅したためスキャットパック専用となる。8ATとの相性はバツグンで、加速の伸びは出色だ。スーパービーのロゴがシートにも入る。 2019 ダッジチャレンジャーR/T SCATPACK AM3I0056 2019 ダッジチャレンジャーR/T SCATPACK 2019 ダッジチャレンジャーR/T SCATPACK 2019 ダッジチャレンジャーR/T SCATPACK 【主要諸元:2019年型ダッジ・チャレンジャーR/Tスキャットパック】 ●全長×全幅×全高:5027×1924×1460mm ●ホイールベース:2951mm ●車両重量:1923kg ●エンジン種類:V8 HEMI ●総排気量:6400? ●トランスミッション:8AT ●最高出力:485hp/6100rpm ●最大トルク:65.7kg-m/4100rpm ●ブレーキ:4輪ディスク・ブレンボ4ピストンパフォーマンスブレーキキャリパー 撮影車両は ●アルパインオーディオグループ ●ドライバーズコンビニエンスグループ ●プラスパッケージのオプションパッケージを追加装備。他オプション ●グラナイトグレーメタリック(オプションカラー) ●スキャットパックストライプ ●サンルーフ

LIONHEART【ライオンハート】

所在地:愛知県一宮市萩原富田方上畑19-1 TEL:0586-67-1711 営業時間:10:00~21:00 定休日:第2・3水曜日 URL:http://www.lionheart2005.com
■写真/古閑章郎 ■文/相馬一丈 アメ車マガジン 2019年 5月号掲載

×