上質、かつ流麗なプレミアムセダン 2019 CADILLAC CTS

セダン

キャデラック

NEW MODLE IMPRESSION

CTS

アメマガ2019年5月号

NEW MODEL IMPRESSION 2019 CADILLAC CTS


2019 CADILLAC CTS

NEW MODEL IMPRESSION
毎年2月に行なわれる、JAIA(日本自動車輸入組合)主催の、輸入車一斉試乗会。その年の輸入車シーンを占う意味で、本誌・アメ車マガジンも積極的に参加しているが、さて、2019年、アメ車の動向はどうだろう? 気になるあのクルマは? さあ、乗りまくるぜ!

エレガントな雰囲気のラグジュアリーセダン

2019 キャデラックCTS、2019 CADILLAC CTS

元々はキャデラックのエントリーモデルとしてデビューした「CTS」だが、コンパクトモデルである「ATS」の登場により、ミディアムクラスに昇格。日本の道路でも扱いやすいボディサイズと、エレガントなフォルム、そしてフロントグリルに誇らしげに輝くエンブレムによって、スノッブなユーザーの獲得に成功。

現行モデルは2013年に2014年モデルがデビュー、2017年にはマイナーチェンジが実施され、フロントグリルをより力強く洗練されたデザインへと変更している。日本仕様のグレード構成は「プレミアム」のみ。パワートレーンは2.0ℓ直4ターボ+8速AT+AWDで、上質かつ安定感の高い走りを実現する。

装備は車内の温度を検知して連動するオートマチックシートヒーターやオートマチッヒーテッドステアリングなど、冬向けの機能が印象的だ。走りはそつなく、快適性を提供してくれる。エンジンは気持ちよく吹け上がり、軽快なハンドリングとともに、ワインディングなどが楽しいセダンだ。

左ハンドルのみの設定だが、ボディサイズも大き過ぎず、女性にこそ乗ってほしい、そんな感想を持つ。
安全性についてはエマージェンシーブレーキやアダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシストなど、先進的なものは一通り網羅。

センサーが危険を感知するとシート内蔵のバイブレーターが振動してアラートするセーフティアラートドライバーシートは、こちらのページのエスカレード も含め、キャデラック 共通の装備だ。そのエレガントさ、ちょっとアメ車っぽくないが、キャデラック なら納得なのだ。

2019 キャデラックCTS、2019 CADILLAC CTS
パワーユニットは2.0ℓ直4直噴インタークーラーターボ。小排気量ながら276ps&40.8kg-mを発揮する。ドライブトレーンは8速AT+AWD。マグネティックライドコントロールやブレンボブレーキなど、走りの機能も豪華。
 

エンジンフードには彫刻のようなラインが刻まれ、キャデラックのアイデンティティともいえる横スリットグリルとの絶妙なバランスを見せる。

タイヤはP245/40R18という快適性とスポーツ性を両立したブランドを採用、ホイールもオリジナルデザイン。
 


熟練のクラフツマンシップにより丹念に仕上げられるインテリア。シートはセミアニリン、またはソレイルケイセルのフルレザー張りを採用。エアコンはトライゾーン仕様。


GM JAPAN
TEL:0120-711-276
URL:https://www.gmjapan.co.jp


■Photo:浅井岳男
■ Text:高坂義信
アメ車マガジン 2019年 5月号掲載


最新記事


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

ランキング


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]