3rdトランザム、C3と乗り継ぎ、ジェントルなセダンという選択肢【キャデラックCTS】

セダン

キャデラック

アメマガ2022年10月号

F.A.S.T

大阪府

CTS

今こそ狙うは「セダン」

キャデラックは成功者の証。本国では昔からそう言い伝えられてきた。しかし、日本ではこれが必ずしも当てはまらない。乗りたいアメ車も一通り経験した玄人が、そろそろ落ち着こうかな。そんな感覚で選ぶのがCTS だったりする。

今こそ狙うは「セダン」


代車で借りて「ええやん!」がキッカケとなり購入

2009 CADILLAC CTS

SUVやクロスオーバーが幅を利かす様になった昨今、セダンが注目を浴びる機会がめっきり減っている。しかし15年ほど前にはクライスラー300C、さらに遡ればカプリスやDTS、CTS、コンコースなど時代を代表する名車が多数存在した。紹介するCTSは2009年型で、排気量は2.8ℓのV6。V8を轟かせる往年のセダンとは異なる、ジェントルな大人の装いがシックでカッコいい。

そんなCTSに興味を持ったきっかけは何と代車。藤本さんは過去にサードトランザムを2台乗り継ぎ、友人のC3に乗った事で興味を持って82年型のC3ワイドボディを購入。しかしそのC3の修理でファーストへ預けている時に借りた同年代のCTSが快適過ぎて惚れた。「妻もこれなら運転できるかも!」と前向きで2年ほど前にC3からCTSへ乗り換えた。右ハンドルに限定して探したのは妻の運転も見据えての事だ。

 

購入後は妻からのプレゼントでタイヤ&ホイールを交換し、使い勝手の良い社外ナビゲーションをセット。GMのロゴプレートが付いたエアロパーツも上品かつスマートで、カスタムしたところと言えばグリルのメッシュ化とキャデラックエンブレムを際立たせるための黒い塗り分け程度。乗り心地が良くて燃費も悪くない。

 

右ハンドルとはいえしっかりアメ車感があるCTSは、夫婦そろって文句なしのクルマ。このままCTSで落ち着くのも悪くないけど、やっぱり過去に愛用したV8への未練がない訳ではない。CTSは手放せないけど、再びC3を購入して増車するって手もあり!?そんな藤本さんは、最近イベントに参加する度に「コルベット良いよなー」と、呟いているらしい(笑)。

グリル開口部はブラックメッシュに変更してCTS-V の様なハイパフォーマンスモデルらしいフェイスに変更。キャデラックのエンブレムがより際立って存在感アリアリ! エアロパーツはGMエンブレム入りで純正オプション品かと思われる。妻にプレゼントしてもらった18インチは235/50R18のタイヤで上品に履きこなす。リアバンパーアンダーやトランクリップなどスポーティな装いがクール!

2.8ℓのV6エンジンを搭載するCTS。2009年当時は、ちょうどダウンサイジングエンジンやハイブリッド車両が世に出回り出した頃。今じゃカマロも2.0ℓという時代だけに排気量やトルク云々はまったく問題ないレベル。むしろ車体にマッチしたベストなエンジンだ。

F.A.S.Tの代車でCTSを借りた覚えのあるオーナーなら誰もが経験している事だが、CTSのインテリアは本当に快適。さすがキャデラックと感じる部分が多数。後部座席も広く、トランクの積載スペースもかなり大きい。レザーのしっとりとした質感やダッシュパネルの造型、ウッドをあしらった純正のステアリングなど、どれもがワンランク上の仕立てとなる。

OWNER:藤本雅之さん


THANKS:F.A.S.T

TEL:06-6784-1976
https://fast1976.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年10月号掲載


関連記事

RELATED


クライスラー・300Cをフェイスチェンジ、誰もがひれ伏す超高級車のエッセンス

フェイスチェンジカスタムを次々進めるガレージジョーカーが、300Cをベースにイングリッシュフェイス化。超高級車を連想させるデザインを取り入れたことにより、街を走れば誰もがひれ伏すスタイルへ生まれ変わった。

名門HURSTとのスペシャルパッケージ による激レアなコレクタブルな300H!

最大級のフルサイズ2ドアという究極のラグジュアリーカーにしてマッシブなTNT440 を搭載したマッスルパッケージ!しかも名門HURSTとのスペシャルパッケージによる激レアなコレクタブルな300H!

純正デザインを壊さず違いを生み出すZERO DESIGN

2021年、新型エスカレードを日本最速導入したアズールモータリング・アメリカンショールームは、ノーマル展示をすることなくZERO DESIGNによるボディキット製作に着手。ようやくその全貌をお伝えする機会を得た。

上質、かつ流麗なプレミアムセダン 2019 CADILLAC CTS

NEW MODEL IMPRESSION 2019 CADILLAC CTS

同じフェイスでもキャラクターの異なる2台の魅力 ロードランナー&サテライトワゴン

VINTAGE MOPAR FANATICS
1970 PLYMOUTH ROAD RUNNER
1970 PLYMOUTH SATELLITE WAGON

 

最新記事


2023/09/21

ひと手間加えて防音・猛暑対策も!たるんだ天井を自らの手で張り替える!

メンテナンス

最近、愛車の天井がたるんできた。そんな悩みを持つオーナーは多いのでは?でも張り替えって、お願いすると高いんでしょ? だったら自分でやってみる?生地もネットで買えるし専門工具も不要。やろうと思えば、なんだってできる!

2023/09/20

【ダッジ・チャレンジャーのオーナーを取材!】こだわりの愛車とカーライフを総まとめ

ダッジ

ダッジ・チャレンジャーといえばただの交通手段ではなく、夢と冒険の象徴となる魅惑のクルマ。映画やカルチャー、知人からの影響など、様々な出会いから始まり、カスタムへのこだわりや、ライフスタイル、走行のパワフルさなどいろいろな魅力に沼っていくオーナたち。今回はそんなダッジ・チャレンジャーのオーナーたちのこだわり、魅力をまとめて一挙にご紹介しよう!

2023/09/20

【ジープ グラディエーター】遊びに使うことに特化した、ある意味スーパーカー

ピックアップトラック

ジープ

JLラングラーが空前のヒットを続けており、それに続けとばかりに日本で正規発売されるJTグラディエイター。ただボディを伸ばしただけはない本気度が感じられるモデルだ。

2023/09/19

扱いやすさが大きな魅力、今脚光を浴びるエクスプローラースポーツトラック

ピックアップトラック

フォード

2006年に登場し、07年から日本でも販売されたフォード・エクスプローラー・スポーツトラック。11年型がラストモデルと短命だったが、日本でもピックアップトラックの存在が大きくなる今、扱いやすいボディサイズとして注目を浴びている。

ランキング


2023/09/21

ひと手間加えて防音・猛暑対策も!たるんだ天井を自らの手で張り替える!

メンテナンス

最近、愛車の天井がたるんできた。そんな悩みを持つオーナーは多いのでは?でも張り替えって、お願いすると高いんでしょ? だったら自分でやってみる?生地もネットで買えるし専門工具も不要。やろうと思えば、なんだってできる!

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2023/09/20

【ダッジ・チャレンジャーのオーナーを取材!】こだわりの愛車とカーライフを総まとめ

ダッジ

ダッジ・チャレンジャーといえばただの交通手段ではなく、夢と冒険の象徴となる魅惑のクルマ。映画やカルチャー、知人からの影響など、様々な出会いから始まり、カスタムへのこだわりや、ライフスタイル、走行のパワフルさなどいろいろな魅力に沼っていくオーナたち。今回はそんなダッジ・チャレンジャーのオーナーたちのこだわり、魅力をまとめて一挙にご紹介しよう!

2023/09/18

アメ車(シボレーC1500)でサーフィン行かないです、潮風に晒して錆びるのが嫌なんで!

ピックアップトラック

シボレー

初めて自分のお金で買った愛車C1500。てっきりサーフィンに夢中の彼が、その足として選んだのかと思えば、話を聞くと「波乗りはハイエース!」と断言。その真意を訪ねると生粋のクルマ好きであることが判明。