3rdトランザム、C3と乗り継ぎ、ジェントルなセダンという選択肢【キャデラックCTS】

セダン

キャデラック

アメマガ2022年10月号

F.A.S.T

大阪府

CTS

今こそ狙うは「セダン」

キャデラックは成功者の証。本国では昔からそう言い伝えられてきた。しかし、日本ではこれが必ずしも当てはまらない。乗りたいアメ車も一通り経験した玄人が、そろそろ落ち着こうかな。そんな感覚で選ぶのがCTS だったりする。

今こそ狙うは「セダン」


代車で借りて「ええやん!」がキッカケとなり購入

2009 CADILLAC CTS

SUVやクロスオーバーが幅を利かす様になった昨今、セダンが注目を浴びる機会がめっきり減っている。しかし15年ほど前にはクライスラー300C、さらに遡ればカプリスやDTS、CTS、コンコースなど時代を代表する名車が多数存在した。紹介するCTSは2009年型で、排気量は2.8ℓのV6。V8を轟かせる往年のセダンとは異なる、ジェントルな大人の装いがシックでカッコいい。

そんなCTSに興味を持ったきっかけは何と代車。藤本さんは過去にサードトランザムを2台乗り継ぎ、友人のC3に乗った事で興味を持って82年型のC3ワイドボディを購入。しかしそのC3の修理でファーストへ預けている時に借りた同年代のCTSが快適過ぎて惚れた。「妻もこれなら運転できるかも!」と前向きで2年ほど前にC3からCTSへ乗り換えた。右ハンドルに限定して探したのは妻の運転も見据えての事だ。

 

購入後は妻からのプレゼントでタイヤ&ホイールを交換し、使い勝手の良い社外ナビゲーションをセット。GMのロゴプレートが付いたエアロパーツも上品かつスマートで、カスタムしたところと言えばグリルのメッシュ化とキャデラックエンブレムを際立たせるための黒い塗り分け程度。乗り心地が良くて燃費も悪くない。

 

右ハンドルとはいえしっかりアメ車感があるCTSは、夫婦そろって文句なしのクルマ。このままCTSで落ち着くのも悪くないけど、やっぱり過去に愛用したV8への未練がない訳ではない。CTSは手放せないけど、再びC3を購入して増車するって手もあり!?そんな藤本さんは、最近イベントに参加する度に「コルベット良いよなー」と、呟いているらしい(笑)。

グリル開口部はブラックメッシュに変更してCTS-V の様なハイパフォーマンスモデルらしいフェイスに変更。キャデラックのエンブレムがより際立って存在感アリアリ! エアロパーツはGMエンブレム入りで純正オプション品かと思われる。妻にプレゼントしてもらった18インチは235/50R18のタイヤで上品に履きこなす。リアバンパーアンダーやトランクリップなどスポーティな装いがクール!

2.8ℓのV6エンジンを搭載するCTS。2009年当時は、ちょうどダウンサイジングエンジンやハイブリッド車両が世に出回り出した頃。今じゃカマロも2.0ℓという時代だけに排気量やトルク云々はまったく問題ないレベル。むしろ車体にマッチしたベストなエンジンだ。

F.A.S.Tの代車でCTSを借りた覚えのあるオーナーなら誰もが経験している事だが、CTSのインテリアは本当に快適。さすがキャデラックと感じる部分が多数。後部座席も広く、トランクの積載スペースもかなり大きい。レザーのしっとりとした質感やダッシュパネルの造型、ウッドをあしらった純正のステアリングなど、どれもがワンランク上の仕立てとなる。

OWNER:藤本雅之さん


THANKS:F.A.S.T

TEL:06-6784-1976
https://fast1976.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年10月号掲載


関連記事

RELATED


クライスラー・300Cをフェイスチェンジ、誰もがひれ伏す超高級車のエッセンス

フェイスチェンジカスタムを次々進めるガレージジョーカーが、300Cをベースにイングリッシュフェイス化。超高級車を連想させるデザインを取り入れたことにより、街を走れば誰もがひれ伏すスタイルへ生まれ変わった。

Super Beeをベースに唯我独尊のスタイルを貫く

10㎝ワイドフォルムにフロント10J、リア11Jのディープリム。社外マッスルフードにバンパーボリューム加工で、ナチュラルな造形を崩さないままにモパーマッスルカスタムを施す進化系!その独創的なスタイリングと拘りに迫る。

上質、かつ流麗なプレミアムセダン 2019 CADILLAC CTS

NEW MODEL IMPRESSION 2019 CADILLAC CTS

同じフェイスでもキャラクターの異なる2台の魅力 ロードランナー&サテライトワゴン

VINTAGE MOPAR FANATICS
1970 PLYMOUTH ROAD RUNNER
1970 PLYMOUTH SATELLITE WAGON

アメ車と、仲間と戯れる、最高の空間を手に入れた夫婦

夫婦でそれぞれクルマを所有しているのは珍しいことではないけれど、それが共にアメ車となれば話は別。さらにガレージ、アメ車が10台以上止められる広い敷地、これはもうアメ車乗りの理想形が詰まっている!

 

最新記事


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

ランキング


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】