ワイスピのリアル・ドミニクになるべくチャージャーをゲット!

クーペ

ビンテージ

ダッジ

アメマガ2019年6月号

チャージャー

VINTAGE MOPAR FANATICS

VINTAGE MOPAR FANATICS
1968 DODGE CHARGER


1968 DODGE CHARGER

1968 DODGE CHARGER、1968ダッジチャージャー

矍鑠たるビンテージ・モパー

VINTAGE MOPAR FANATICS

フォードもいい、GMもいい、しかし、もっとも「アメ車らしく」、エキゾチックなのはMOPARだろう。コアなファンの多いMOPARだが、今回は矍鑠(かくしゃく)としている…年月が経っても元気に凛としている「ビンテージ・モパー」にスポットを当てることにした。一度ハマってしまったら逃れることのできない、魅力的なMOPARの世界へようこそ。
 
ボディビルダーとして活躍する酒井さんがマッスルカーに興味を持ったのは、映画:ワイルドスピードがキッカケ。ドミニクが劇中でワイルドに乗りこなす姿に惚れ込んだのが始まり。そのドミニクに負けず劣らずの上腕二頭筋で、ビンテージモパーを巧みに乗りこなす姿は圧巻!
 

マッチョの相棒はマッスルカー!!

1968 DODGE CHARGER、1968ダッジチャージャー
映画「ワイルドスピード」でヴィン・ディーゼルが演じる登場人物ドミニク・トレッド。その圧巻のカーアクションや格闘シーンでの圧倒的な強さ、そしてファミリーを愛する魅力に満ちたキャラクターに惹かれるワイスピファンは多い。そのドミニクが劇中で乗りこなしているのが同年代の チャージャー

1968 DODGE CHARGER、1968ダッジチャージャー

父親の形見として受け継ぎ、ブライアンとのレースで大破、メガマックスでは黒からグレーに変わって、スカイミッションではオフロードカスタムを施した チャージャー も登場。シリーズを辿って行くとドミニク× チャージャー のシーンはいつも刺激的で印象に深く残るモノばかりだ。

1968 DODGE CHARGER、1968ダッジチャージャー
そこに大きく影響を受けて、「ドミニクになりたい!」と、1968年型のチャージャーを探していた矢先に見つけたのが現在の愛車である。しかし3児のパパとしてファミリーを愛するが故、見つけて即決とはいかず、雑誌で目星を付けるも断念。その後、二年が経過して購入資金や保管場所、家族の理解も整った上で再び目星を付けた個体を探してみると、当時のまま在庫していた。


「これは運命!」と言わんばかりに購入に至った。しかし、クルマに興味を持つお年頃の長男、次男の反応も上々…とはならず、セカンドカーとして所有する国産ミニバンの方が快適! と家族に言われているとか。それでも将来的には、ビンテージマッスルの チャージャー が家にあることの素晴らしいさを知るのに、それほどの時間は必要はないはずだ。



古いクルマにありがちなドアの下がりやチリ合わせの狂いもほとんどなく、室内保管で雨天走行は可能な限り行なわない管理の徹底から、非常に状態の良い個体。オリジナルの良さを維持していきたいとの方針から、ボディビルダーをモチーフにした自身の似顔絵ステッカーを貼る程度でカスタムとは無縁。
 

383ciを3速ATで操る感覚は、シフトチェンジのタイミングに最初は戸惑いを覚えるものの、小刻みにシフトしていく現代のモパーとは異なる味わい深さがある。MOPAR PERFOMANCEのヘッドカバーやエアクリーナー、A/Cリフレッシュなど、一通り手を加えられている。
 


黒基調のインテリアに、センターコンソールのメタルな質感、そこに一際存在感を高めるシフトノブが鎮座。当時物のカーラジオがストックされており、デジタルな装飾品を一切使わない拘りが、60年代のビンテージ・モパーを色濃く感じさせてくれる。
 
1968 DODGE CHARGER、1968ダッジチャージャー

大阪で特殊ナット、ネジを取り扱う仕事をする傍ら、ボディビルダーとして活動する酒井さん。2014年、キングオブフィジーク準優勝、2016年には大阪クラス別で3位を勝ち取るなど、その肉体美はお墨付。仕事にトレーニングに、家族サービスにとチャージャーに費やせる時間は限られるが、これからも共にグッドコンディション&パフォーマンスを維持しながら、時を刻んで行きたいと語ってくれた。


STARKEY'S
Phone:06-6537-9110
URL:https://www.starkeys-ilf.com/


Photo & Text ◆ Akira Ishii
アメ車マガジン 2019年 6月号掲載


最新記事


2023/09/25

目指すは普段乗りができるシボレーC10のプロストリート!

ピックアップトラック

シボレー

C10人気が高まる昨今、オリジナル重視の個体はもちろん、パティーナやラット、さらにはビレットホイールを履かせたスタイルなど、多種多様の盛り上がりを見せている。そんな中、度肝を抜く一台を大阪の6ディグリーズで発掘してきた!

2023/09/22

稀少限定色のレインにルビコン392を搭載するモンスター!

SUV

ジープ

1981年まで生産されたCJ以来、40年ぶりにV8エンジンを搭載した「RUBICON 392」。モパーらしさを色濃く感じさせるハイパフォーマンスな走りは、良い意味でラングラーらしからぬ魅力を放つ。

2023/09/21

ひと手間加えて防音・猛暑対策も!たるんだ天井を自らの手で張り替える!

メンテナンス

最近、愛車の天井がたるんできた。そんな悩みを持つオーナーは多いのでは?でも張り替えって、お願いすると高いんでしょ? だったら自分でやってみる?生地もネットで買えるし専門工具も不要。やろうと思えば、なんだってできる!

2023/09/20

【ダッジ・チャレンジャーのオーナーを取材!】こだわりの愛車とカーライフを総まとめ

ダッジ

ダッジ・チャレンジャーといえばただの交通手段ではなく、夢と冒険の象徴となる魅惑のクルマ。映画やカルチャー、知人からの影響など、様々な出会いから始まり、カスタムへのこだわりや、ライフスタイル、走行のパワフルさなどいろいろな魅力に沼っていくオーナたち。今回はそんなダッジ・チャレンジャーのオーナーたちのこだわり、魅力をまとめて一挙にご紹介しよう!

ランキング


2023/09/20

【ダッジ・チャレンジャーのオーナーを取材!】こだわりの愛車とカーライフを総まとめ

ダッジ

ダッジ・チャレンジャーといえばただの交通手段ではなく、夢と冒険の象徴となる魅惑のクルマ。映画やカルチャー、知人からの影響など、様々な出会いから始まり、カスタムへのこだわりや、ライフスタイル、走行のパワフルさなどいろいろな魅力に沼っていくオーナたち。今回はそんなダッジ・チャレンジャーのオーナーたちのこだわり、魅力をまとめて一挙にご紹介しよう!

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2022/02/21

日本では稀少なグレードのダッジ・ラムバンB350

バン

ダッジ

アウトドア

1986 DODGE RAM VAN B350

2020/09/01

マスタング史上最強のBOSS 429、859台にのみ搭載された極めて希少なBOSS 9

クーペ

ビンテージ

フォード

1969 Ford Mustang Boss 429