エアロフォルムが魅力的な第三世代チャージャー

クーペ

ビンテージ

ダッジ

3rdチャージャー

神奈川県

BUBU横浜

チャージャー

MOPAR

アメマガ2020年3月号

不動のDODGE

1973 DODGE CHARGER

不動のDODGE ダッジの魂に魅了される


1973 DODGE CHARGER

ロングノーズ&ショ ートデッキが際立つ、疾走感のあるサー ドジェネレーション

排気ガス規制によって本来のパフォーマンスを保持できなくなった分、空力特性に重点を置いてよりスタイリッシュなフォルムを得た3rdチャージャーは、NASCARウォリアーとして活躍してアメリカでは人気のモデルだ。ダッジ・チャージャーは、アクション映画の劇中車としての採用例が多いだけに、MOPARの中でもとりわけメジャーな存在。しかし、そこでは第二世代(68~70年型)に集中しており、実車としての露出をはじめ、モデルカーなどでも製品化されるのも、第二世代に集中している。

1973 ダッジ チャージャー 1973 ダッジ チャージャー

マッスルカーとしてのポテンシャルの高さを基準にすると、パワーダウンする71年以降は魅力に欠けるかもしれない。しかし、第三世代(71~74年型)では、パワーが低下しながらも、NASCARで成果を上げるべく、エアロフォルムのニューボディで生まれ変わった。それまでの箱型フォルムとは打って変わって、ロングノーズ&ショートデッキが際立つ流線型のフォルムは、疾走感のある美しいデザインなだけでなく、実際に空力特性に優れている。


また、マッスルカーとしての性質が薄れた分、ラグジュアリーな要素が高まっているのがポイント。中でもスペシャルエディションのSEでは、クォーターガラス周辺の処理が大きくアレンジされ、専用のキャノピータイプのバイナルトップ&トリプルオペラウインドーを採用。独創的なスタイルでトリミングしたトップのデザインは、MOPARならではのオリジナリティが感じられ魅力的だ。


マッスルからラグジュアリーな路線で進化した第三世代として、定着しだした73年型は、歴代チャージャーの中で一番の高セールスを誇る。マッスルとしてのイメージが強いチャージャー ではあるが、他のモデル同様に、年式によってキャラクターは変化するもの。過渡期ともいえる第三世代では、ラグジュアリーの要素が定着した73年型のSEもまた、その時代のチャージャー らしさに溢れており、今こそ魅力的に映る。

1973 ダッジ チャージャー 1973 ダッジ チャージャー

SEグレードならではのキャノピースタイルのバイナルトップや、トリプルオペラウインドーなど、これまでよりもラグジュアリーなイメージが多く盛り込まれている。71~72を受け継いでいるように見えるが、ボディは全長、全幅共、わずかに大きくなっている。

1973 ダッジ チャージャー 1973 ダッジ チャージャー

ステアリング、ステアリングコラム、ダッシュ、コンソール、ドアパネルまで、徹底してグリーンで統一された内装は、まさに70年代らしいリッチ感。ウッド調の化粧パネルとのコントラストも素晴らしい。

V8エンジンの318ci搭載車

スタンダードとして設定されてV8エンジンの318ci搭載車。エコノミーな2bbl仕様で、最大出力は150hp程度だが、車重を感じることなく軽快に走る。トランスミッションは3足ATのA727。

マグナムホイール マグナムホイール

マッスルカーでは定番のマグナムホイールは、MOPAR純正では14インチだが、ここでは社外の15インチを採用。往年の雰囲気のあるホワイトレタータイヤをチョイスしている(FUTURA GL S F:225/60R15、R:255/60R15)。


Thanks / BUBU 横浜

TEL:045-923-0077
URL:https://www.bubu.co.jp


PHOTO:編集部
TEXT:石橋秀樹
アメ車マガジン 2020年 3月号掲載


最新記事


2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

ランキング


2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!