良質なユーズド・チャレンジャーをライバル車と見比べられる好環境

クーペ

ダッジ

ショップ

アメマガ2019年8月号

TRAGET THE CHALLENGER

チャレンジャーSXT

チャレンジャーSRT8

チャレンジャー

カーズスパーク

愛知県

狙いはただひとつ、ダッジ・チャレンジャー
多彩なラインナップで知られる愛知県一宮市のカーズスパークには、良質なチャレンジャーが展示されていた。得意とするMTモデルも含めた販売車両の豊富さは、購入の検討に役立てる環境といえるだろう。

TRAGET THE CHALLENGER
2018 CHALLENGER SXT
2015 CHALLENGER SRT8


多彩な展示で検討支援、わがままオーダーも可

2018 CHALLENGER SXT、2018 ダッジチャレンジャーSXT

カーズスパーク の基本的なスタンスは、幅広い展示ラインナップで、じっくりと検討してもらうという姿勢だ。 チャレンジャー を例に挙げれば、年式は新しめ、走行距離は低マイルのものを積極的に直輸入し、ショップにはライバルに相当する マスタング なども展示する。 チャレンジャー を検討するつもりで訪問すれば、ライバル車との見比べが、このショップだけで完結するという仕組みだ。


特に、マニュアルシフトの チャレンジャー を積極的に在庫する点は、他ではあまり見かけない特徴だ。アメリカンマッスルのパワフルな走りを自由自在にマニュアルで楽しみたいと考えるならば、同店を訪れて実車に触れてみるといい。シフトの操作感は実車に触れなければ分からないものだ。

2018 CHALLENGER SXT、2018 ダッジチャレンジャーSXT
展示車両は高年式・低走行の基準で仕入れられているものの、ボディカラー、グレード、予算、オプションといった各要素について、自分なりのわがままな注文があるならば、気兼ねなく相談してみると良い。 カーズスパーク は注文販売も得意としており、数ヶ月程度でオーダーどおりの1台を仕入れてくれる。


さらに、カスタムについても得意分野のひとつである。 カーズスパーク の在庫は幅広く、カスタムの経験もまた幅広い。オーソドックスなローダウン&ホイールインストールだけでなく、エアロパーツやオリジナルペイント、カスタム内装など、どんな要望にも柔軟に応えられるノウハウがある。クルマの検討に役立てられるすべてが、この店にそろっている。

2018 CHALLENGER SXT、2018 ダッジチャレンジャーSXT
2018年型で走行距離1.3万kmの直輸入SXT。年式が新しく、走行距離も少ない良質なユーズド・チャレンジャーであり、手の届きやすいV6・SXTグレードという点も魅力。なお、カスタムなどは施されていない状態。8ATモデルのため、気軽にチャレンジャーに乗り始めたい層にぴったりの選択肢だ。
2015 CHALLENGER SRT8、2015 ダッジチャレンジャーSRT8
2015 CHALLENGER SRT8、2015 ダッジチャレンジャーSRT8
2015 CHALLENGER SRT8、2015 ダッジチャレンジャーSRT8

392HEMIエンジン
392HEMIエンジンを搭載した 直輸入の SRT8。2015年型ながら走行距離はわずか1.8kmという少なさ。人気のサンルーフ、レザーシートを完備。走りを本格的に楽しめる、6速マニュアルシフトという点も特徴。現時点でカスタムは施されていないが、購入時にローダウンやホイールインストールなどショップで相談可能だ。


6MTで乗りこなしたい!必見のユーズド・マスタング×2
カーズスパークはアメ車の品ぞろえが豊富なカーショップ
アメ車ズラリの職場で感じる、実用性重視のアメ車選び
アメリカンクーペからSUVまで、フォードも充実したスパーク


CARS SPARK【カーズスパーク】

CARS SPARK、カーズスパーク

所在地:愛知県一宮市木曽川町外割田伊勢田189
TEL:0586-64-7444
URL:http://www.cars-spark.co.jp/
営業時間:9:30~20:00
定休日:水曜日
CARS SPARK、カーズスパーク
たっぷりの在庫が置かれた店舗の中心部にある商談スペースは、清潔で開放的な雰囲気。本国オーダーやカスタムなど、細かな相談はこの空間で行われる。カスタムの参考になるホイールも展示されている。


■写真&文:加藤山往
アメ車マガジン 2019年 8月号掲載


最新記事


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]