スタッフ自ら愛用するチャレンジャー得意店『プロスピード』

クーペ

ダッジ

ショップ

岐阜県

チャレンジャーRT SCATPACK

プロスピード

アメマガ2019年8月号

TRAGET THE CHALLENGER

チャレンジャー

TRAGET THE CHALLENGER
2019 CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY


2019 CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY

2019 CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY


TRAGET THE CHALLENGER
狙いはただひとつ、ダッジ・チャレンジャー

新車ワイドボディを充実させ、カスタムでどんなスタイルも実現させる


岐阜市のアメ車専門店 プロスピード は、多彩なアメ車を扱うなかでも、特にマッスル系を得意としている。現在のラインナップは チャレンジャー のワイドボディを中心に新車が特に充実し、今後も続々と入庫予定だという。取材時点で チャレンジャー の新車を4台在庫し、さらにもう2台が到着予定という岐阜市のアメ車専門店 プロスピード


チャレンジャー についてはクオリティにこだわって仕入れるスタンスで、おすすめのモデルとして新車オーダーして順次到着している現状。実車を見ながら検討し、具体的な希望があるなら、そのとおりにファクトリーオーダーをかけて仕入れるというのがショップのスタイルだ。 チャレンジャー らしい個性的なボディカラーを積極的に注文しているのは、実車の雰囲気を見たいユーザーにとって嬉しい特徴である。もちろんユーズド・チャレンジャーもクオリティ重視で仕入れることができる。


カスタム次第でこれほど見違える 現行カマロ×プロスピード


なお、 プロスピード の特徴はカスタム面にもある。取材した2台は新車のため派手なカスタムは施されていないが、どんなスタイルにも仕上げてくれる柔軟さがショップの持ち味だ。例えば、車両本体価格を抑えるために廉価グレードをベースとしつつ、しかしハイパフォーマンスモデル、デーモン のパーツや、本来は備わらないワイドボディキットを装着したり。

ユーザーの予算や希望に応じて、あらゆるアメ車ライフを実現してくれるのは、プロスピードらしい特徴のひとつだ。もちろん、ローダウンやホイールといったカスタムも喜んで引き受ける。なお、 プロスピード のスタッフは代表を含め、2名が チャレンジャー のユーザーでもある。実際に使っているからこそのアドバイスも、他店ではなかなか得られないメリットだと言えるだろう。

2019 CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY、2019 ダッジチャレンジャーR/Tスキャットパック ワイドボディ
2019 CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY、2019 ダッジチャレンジャーR/Tスキャットパック ワイドボディ
2019 CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY、2019 ダッジチャレンジャーR/Tスキャットパック ワイドボディ
2019 CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY、2019 ダッジチャレンジャーR/Tスキャットパック ワイドボディ
プラムクレイジーのスキャットパック・ワイドボディパッケージ。新車のためカスタムはほとんど施されていないものの、ルーフとトランク部分にブラックのステッカーが貼られている。サンルーフ、ブラック内装といった人気のポイントはきっちり抑えてあり、すぐに快適なチャレンジャーライフを始められる。
 
2019 CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY、2019 ダッジチャレンジャーR/Tスキャットパック ワイドボディ
2019 CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY、2019 ダッジチャレンジャーR/Tスキャットパック ワイドボディ
こちらのボディカラー名はトーレッド。右のプラムクレイジーと同じく新車で到着した1台だ。なお、両方の「ワイドボディパッケージ」は、R/Tスキャットパック以上の上位グレードだけに設定されているオプションパッケージ。「デビルズ・リム」のホイールや305/35ZR20のタイヤ、アダプティブサス、ブレンボブレーキなどがそろう。

すべてがハイパフォーマンス 走る楽しみを味わうSRTヘルキャット

純正パーツを用いた本格派カスタムも可能

プロスピードの特徴は、純正パーツを用いた本格派カスタムの徹底ぶり。店頭にはデーモンタイプのボンネットが置かれており、どんなチャレンジャーでも見た目だけデーモンといったカスタムが可能となる。また、ワイドボディは限られたグレードだけのオプションだが、プロスピードはベースを問わずワイドボディ化ができる。
レアな二台!ポンテアック・グランプリ、そして丸目4灯フェイスのC10
SHOP INFO

カスタムが得意なプロショップ新車もカスタムも自由自在

PROSPEED、プロスピード
PROSPEED【プロスピード】
所在地:岐阜県岐阜市北鶉1-57-1
TEL:058-273-1188
営業時間:10:00 ~20:00
定休日:年中無休
URL:http://prospeed-623.jp/
PROSPEED、プロスピード
店先には合計4台の新車チャレンジャーがあり、近くもう2台が到着するという。シェイカーパッケージのモデルもあり、ボディカラーのバリエーションも相まって、さまざまなチャレンジャーが見比べられる。
■写真&文:加藤山往
アメ車マガジン 2019年 8月号掲載  

最新記事


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

ランキング


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。