豊富な在庫から好みのチャレンジャーを選べ、ないモデルはアメリカから直輸入!!!

クーペ

ダッジ

ショップ

チャレンジャーRT SCATPACK

CPL CAR STYLE

アメマガ2019年8月号

チャレンジャーSXT

埼玉県

TRAGET THE CHALLENGER

チャレンジャーRT PLUS

チャレンジャー

TRAGET THE CHALLENGER
2015 CHALLENGER R/T PLUS
2015 CHALLENGER R/T SCAT PACK
2017 CHALLENGER SXT


狙いはただひとつ、ダッジ・チャレンジャー

日本に正規輸入されていないが、アメリカ本国には魅力的なクルマが沢山ある。アメマガの読者さんなら、日本車にはない個性的でオンリーワンなクルマに乗りたいと思う人がほとんどだろう。そんな夢を現実にしてくれるお店が、CPLだ。

まるでチャレンジャー専門店、充実した在庫量を誇る!

長年に渡り、アメ車を中心とする輸入車を取り扱う「CPL」。以前はSUVなどを数多く取り揃えていたが、最近はユーザーのニーズに応える形で、パッセンジャーカーもそのラインアップに加わっており、中でも チャレンジャー の在庫量は専門店と思うほど充実した内容を誇る。


取材でお伺いした時は、在庫が売れてしまい少なくなっていたそうだが、それでも店頭には7台の チャレンジャー を展示。ベーシックな3.6ℓのSXT から、HEMIを搭載するスキャットPACK まで、豊富なラインアップを誇る。もちろん店頭にないモデルでも、リクエストすればアメリカ本国から取り寄せることも可能。時間はある程度必要だが、デーモン やヘルキャット なども取り寄せ可能とのこと。


訪れる人の年齢層も非常に幅広く、若い人は経済性からV6をチョイスする傾向が強いが、中には「絶対V8に乗りたい!」と言う人も多いとか。ミドルエイジ以上になると余裕があるのか基本的にV8を選ぶそうで、豊富な在庫の中から自分の予算に合わせた納得の1台を選び出すことが可能だ。


またカスタマイズにも対応しており、特にホイールなどはアメリカから直接取り寄せることが可能。もちろんメンテナンスや車検といった整備にも対応しているので、安心してチャレンジャーライフを楽しめる。余談だが、ビンテージカーも取り使っているので、60年代~最新のアメ車まで対応する、頼りになるお店と言えそうだ。

2015 CHALLENGER R/T PLUS

2015 CHALLENGER R/T PLUS、2015 ダッジチャレンジャーR/T プラス
2015 CHALLENGER R/T PLUS、2015 ダッジチャレンジャーR/T プラス

存在感の強いアメ車だが、せっかくMOPARに乗るのなら、一度見ただけで忘れることのできない「ハイインパクトカラー」をチョイスするのもアリだろう。白/ブラック系の人気が高いそうだが、CPLではグリーンのR/T PLUSも在庫中。

エンジンは5.7ℓのHEMIを搭載しており、シートやドアの内張にはボディカラーと同じグリーンのレザーをあしらう。過激な走りまでは求めていないが、心地よいV8 サウンドを楽しみたいと言う人にオススメしたい。


シェイカーフード搭載のチャレンジャーR/Tプラスシェイカーの魅力
 

2015 CHALLENGER R/T SCAT PACK

2015 CHALLENGER R/T SCAT PACK、2015 ダッジチャレンジャーR/T スキャットパック
2015 CHALLENGER R/T SCAT PACK、2015 ダッジチャレンジャーR/T スキャットパック

R/Tのキャラクターを一言で言えば、「装備面は比較的スタンダードで、走りの性能を重視したモデル」だ。その中でもスキャットパックはさらに過激な走りを求めた仕様で、リーズナブルな価格でありながら6.4ℓのHEMIエンジンを搭載。上級グレードのSRT392と同じパワーユニットで、ブレーキはブレンボで、オプションの鍛造20 インチホイールを装着する。車内はハーフレザーシートを採用。豪華さは不要で純粋に走りを楽しみたい人に最適だ。


憧れのチャージャーに乗るもチャレンジャーのサウンドに一目惚れ
 

2017 CHALLENGER SXT

2017 CHALLENGER SXT、2017 ダッジチャレンジャーSXT
2017 CHALLENGER SXT、2017 ダッジチャレンジャーSXT

スタンダードな3.6ℓのV6を搭載するSXT。純白のボディカラーとは対照的に、インテリアは赤のレザーでカスタムを実施。ホイールは22インチのSAVINIを装着しており、フロントは255/30、リヤは295/30の極薄タイヤを組み合わせる。足元を変更するだけでガラリと雰囲気が変わり、SXTとは思えないほどのオーラを感じさせる。ちなみに車検は2021年の5月まで、ほぼ丸々2年付いているので、購入後の負担も少なくて済みそうだ。


ワイルドスピードの虜!高校から憧れて夢中で手に入れたチャレンジャー


CPL CAR STYLE【CPLカースタイル】

CPL CAR STYLE、CPLカースタイル
Location:埼玉県本庄市児玉町蛭川288-1
Phone:049-571-5955
URL:http://www.cpl.jp.net/

関越自動車道の本庄児玉ICから、西に進むこと約10分。進行方向右側にさまざまなアメ車が見えて来たら、そこがCPL CAR STYLEだ。従来はSUVやピックアップなどを数多く取り扱って来たが、昨今のマッスルカー人気の高さを反映し、SUV だけでなくチャレンジャーもそのラインアップに追加。

人気の高さを色濃く反映しており、在庫してもすぐに売約済みとなるそうで、取材時には7台のチャレンジャーをご用意頂いたが、発売された頃にはなくなっているかも。お気に入りのクルマが見つかったら、迷わず即決すべきだろう。


■写真:浅井岳男 ■文:空野 稜
アメ車マガジン 2019年 8月号掲載


最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。