新車のチャレンジャー中心だが手の届きやすい価格も両立する良心派

クーペ

ダッジ

ショップ

愛知県

アメマガ2019年8月号

TRAGET THE CHALLENGER

ライオンハート

チャレンジャー

チャレンジャーRT SHAKER Package

チャレンジャーRT SCATPACK

TRAGET THE CHALLENGER
2019 CHALLENGER R/T SCATPACK
2019 CHALLENGER R/T SHAKER Package


チャレンジャー、ライオンハート

2019 CHALLENGER R/T SCATPACK
2019 CHALLENGER R/T SHAKER Package

TRAGET THE CHALLENGER

狙いはただひとつ、ダッジ・チャレンジャー
アメ車専門店 ライオンハート には、複数の新車 チャレンジャー がそろっていた。同店のスタンスは「アメ車をたくさんの人に乗って欲しい」ため、価格を抑える企業努力も厚い。

新車を中心に揃えつつリーズナブルな選択も

チャレンジャー の取り扱いに豊富な実績をもつ愛知県一宮市の ライオンハート には、取材当日、オーダーして到着間もない新車 チャレンジャー が数台鎮座していた。人気が根強く、良質な チャレンジャー を求める層が多いことから、新車をあらかじめ注文し、展示しているという格好だ。もちろん、ファクトリーオーダーを新たに受注し、希望どおりの新車を仕入れることもできる。


ライオンハート はこれまで、あらかじめ在庫車にローダウン&ホイールインストールを行ない、ライトなカスタムを施して展示する例が多かったが、 チャレンジャー は新車ということもあり、純正ノーマルの状態で保管されている。現時点ではノーマルでも、購入時にカスタムを施すことは大得意。希望のスタイルがあれば、何でも相談してみるといいだろう。

なお、ボディカラーの傾向は、渋めのブラックやガンメタがメインとなる。派手なボディカラーもある チャレンジャー だが、敢えてオトナなイメージで在庫している傾向は、 ライオンハート ならではの特徴だと言える。


今回は新車を取材したが、在庫にそろえるスタンスとしては、比較的安価なSXTプラス の高年式モデルにも積極的だという。このグレードは価格を抑えられることから、若い人をはじめ、より多くの人にアメリカ車を触れる機会を提供できる。たくさんの人に、アメリカ車の魅力を知って欲しい。アメリカ車専門店として長年の歴史を数える、 ライオンハート らしいスタンスである。
グレードが整理された2019年モデル、狙い目チャレンジャーに変化あり?

2019 CHALLENGER R/T SHAKER Package

2019 CHALLENGER R/T SHAKER Package、2019 ダッジチャレンジャーR/T シェイカーパッケージ
2019 CHALLENGER R/T SHAKER Package、2019 ダッジチャレンジャーR/T シェイカーパッケージ

ライオンハートに入荷していたシェイカーパッケージは2019年の新車で価格は538万円。グリルやホイールがブラックに塗装されるなど、黒がテーマのオプション「ブラックトップパッケージ」のほか、ブレンボブレーキを含む「パフォーマンスハンドリンググループ」のオプションを装備してある充実装備の1台だ。
 

2019 CHALLENGER R/T SCATPACK

2019 CHALLENGER R/T SCATPACK、2019 ダッジチャレンジャーR/T スキャットパック
2019 CHALLENGER R/T SCATPACK、2019 ダッジチャレンジャーR/T スキャットパック
2019 CHALLENGER R/T SCATPACK、2019 ダッジチャレンジャーR/T スキャットパック
サンルーフ、アルカンターラレザ―といった人気の装備をそろえたスキャットパックの新車。ボディサイドおよびシートには、ダッジブランドの伝統的アイコン「スーパー・ビー」が飾られている。スキャットパックでホイールなどもそろうため、それ以外のカスタムは現状施されていない。
話題のワークスモデルを“ 百式” 強化武装!2009y ダッジ チャレンジャーR/T

LIONHEART【ライオンハート】
所在地:愛知県一宮市萩原富田方上畑19-1
TEL:0586-67-1711
業時間:10:00~21:00
定休日:第2・3水曜日
URL:http://www.lionheart2005.com
ライオンハート
ライオンハート
アメ車専門店らしくアメリカンテイストが魅力の商談スペース。チャレンジャーのみならず多くのアメリカ車を扱ってきた経験から、さまざまなスタイルに応じたカーライフをサポート可能。カスタムも得意分野だ。

■写真&文:加藤山往

アメ車マガジン 2019年 8月号掲載


関連記事

RELATED


豊富な在庫から好みのチャレンジャーを選べ、ないモデルはアメリカから直輸入!!!

TRAGET THE CHALLENGER
2015 CHALLENGER R/T PLUS
2015 CHALLENGER R/T SCAT PACK
2017 CHALLENGER SXT

スタッフ自ら愛用するチャレンジャー得意店『プロスピード』

TRAGET THE CHALLENGER
2019 CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY

良質なユーズド・チャレンジャーをライバル車と見比べられる好環境

狙いはただひとつ、ダッジ・チャレンジャー
多彩なラインナップで知られる愛知県一宮市のカーズスパークには、良質なチャレンジャーが展示されていた。得意とするMTモデルも含めた販売車両の豊富さは、購入の検討に役立てる環境といえるだろう。

TRAGET THE CHALLENGER
2018 CHALLENGER SXT
2015 CHALLENGER SRT8

2019年モデルのチャレンジャーに変化あり?オプション設定でグレード展開は増加。

2019年モデルのダッジ・チャレンジャーの大幅な変更について紹介。特にSRT392の廃止、特別グレードのオプション化、ヘルキャット・レッドアイとヘルキャットのパワーアップなどにフォーカス。R/T Scat Packがノン・スーパーチャージド・モデルのトップとして注目されている。

アイファイブならではの確固たるスタンスは、リニューアルしても変わらず人々を魅了

TRAGET THE CHALLENGER
I-5 CORPORATION

 

最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2022/07/05

モパーが並ぶショップでマスタングは狙い目

クーペ

フォード

2013 FORD MUSTANG GT PERFORMANCE PKG

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/06/02

モデル史上最大のボディサイズとなるフォードサンダーバード

クーペ

ビンテージ

フォード

1974 FORD THUNDEBIRD