フィールドスタイル初の野外開催!! 芝生の上で多彩なジャンルの「遊び」と「ライフスタイル」が体験・体感できる

イベントレポート

アウトドア

フィールドスタイルピクニック2019

アメマガ2019年9月号

アメ車と楽しめ「ソト遊び」

FIELD STYLE PICNIC 2019 OUTDOOR & LIFE STYLE FESTA
開催日●2019 年5 月25日(土)・26日(日)
開催場所●愛知県・愛・地球博記念公園(モリコロパーク)

GO! GO! OUTDOORS!! アメ車と楽しめ「ソト遊び」


FIELD STYLE PICNIC 2019 OUTDOOR & LIFE STYLE FESTA

週末には自分の好きなアイテムを愛車に積み込んで、気の向くままに「ソト遊び」を楽しむ。そんなアウトドアラーたちが今、まさに増えている。だが、自由なひと時を謳歌するためには頼れる相棒が必要だ。ソト遊びを満喫するにはタフでワイルドなアメ車こそが最高のパートナー。さあ、アメ車とともにアウトドアへ繰り出そうじゃないか!!

今はまさにアウトドアブームであることを再確認した2日間

アウトドア&ライフスタイルフェスタを開催しているフィールドスタイルの初野外イベント「フィールドスタイルピクニック2019」が2019年5月25日~26日の2日間に渡り開催された。

フィールドスタイルは「遊び」をテーマに楽しく豊かなライフスタイルを提案するイベントとして2017年にスタート。中部地区を中心に主催イベントの実施やプロデュースを行なっており、週末に出かける海や山、自宅のリビングや庭など、様々なライフスタイルに合わせた「遊び」を提案するとともに、アウトドアの知識やノウハウを活かして「備える防災・学ぶ防災」をテーマにした活動も推進しており、「遊び」を通して体験・体感できる時間と空間を提供しているわけだが、今回の会場となった愛・地球博記念公園のこどものひろば&芝生広場にはこのテーマに賛同するショップが200社近く集まり、会場を埋め尽くした。

もちろん来場者たちはブースに並べられたアイテムを見て、触って、確かめて、そして体験して、お気に入りのアイテムを品定めしながら練り歩いていたわけだが、驚きなのはその来場者数。今はまさにアウトドアブームであることを実感した2日間だった。

芝生の会場一面にズラリと並んだブーステントにチェアにデスク、それに各種小物までとにかくキャンプ用品が目白押し!




キャンプ系アイテムだけでなく、アメリカン雑貨やガレージアイテムを扱うショップも数多く出展。

DSC_09325

「植物のある豊かな暮らし」をコンセプトにしたイベントも同時に開催。




A,B,Cと3つのゾーンに分けられていたが、Cゾーンは車両展示をメインとしていたため、本誌でもお馴染みのSENSもデモカーを展示していたほか、電動バイクやトレーラーなどが並べられていた。



フォレストアドベンチャーやSUP、ボルダリング、スラックラインなど、多彩なアクティビティを体験できるエリアが充実。これには子供たちも体験せずにはいられない様子。


開催日●2019 年5 月25日(土)・26日(日)
開催場所●愛知県・愛・地球博記念公園(モリコロパーク)


主催:FIELDSTYLE 実行委員会
HP:http://field-style.jp
PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2019年 9月号掲載

最新記事


2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。