試乗車で体験してほしい、アメ車は「意外と乗りやすい」

ピックアップトラック

アメマガガールズ

リンカーン

アメ車女子のライフスタイル

アメマガガール

シボレー名岐

アメ車女子

アメマガ2019年10月号

ウイングオート

MARK LT

#アメ車女子のライフスタイル
アメマガガール MANAMI
LINCOLN MARK LT


LINCOLN MARK LT

リンカーンマークLT、LINCOLN MARK LT

owner : MANAMI

 

彼女たち流のアメ車との付き合い方

今とにかく女性たちが元気で、興味のあるモノにはとにかくどん欲。さらにSNSを駆使しての情報発信能力も高い。そんな女性たちの中にはアメ車を所有している人もいて、楽しんでいる様子が数多くSNSに投稿されている。

しかし、SNSで分かることはごく一部。そこで本誌特集「AMEMAG GIRL」では、彼女たちがどういった経緯でアメ車と関わる様になったのか、愛車を選んだ理由にはどんな思いがあったのか、そしてどんなライフスタイルを送っているのかなどを掘り下げて、アメ車ライフを謳歌する女性オーナーたちの素顔を覗いちゃいます!

ウイングオートで受付として働く和田さんは、自身も大きなピックアップトラックに乗るアメ車ユーザー。しかもC-1500からスタートしている筋金入りで、コンパクトカーとの2台持ちという本格派のクルマ好きだ。
 

前職時代からトラック乗りきっかけは大型犬だった

リンカーンマークLT、LINCOLN MARK LT

ウイングオート を訪問すると、いつも明るい笑顔で迎えてくれる受付の和田茉那美さん。彼女の愛車は、日本ではめったに見かけない、リンカーンのピックアップトラック、マークLTだ。和田さんが ウイングオート で働き始めたのは約3年前。それ以前は動物の看護師として働いており、当時、大型犬を引き取る機会があって、大きなクルマとしてC‐1500を購入したところからアメ車に関わっている。


そもそも振り返れば、彼女がアメ車に興味を持ったのは、中学生の頃に見かけたPTクルーザー だった。そこからセダンに興味が移り、300C あたりを狙っていたものの、大型犬きっかけで大きなクルマになって、そのままアメ車が好きになっていった。そして、やがて転職することになって、まったく違う業界に挑戦しようと選んだのが ウイングオート だったという流れ。

リンカーンマークLT、LINCOLN MARK LT、アメマガガール

今から1年ほど前に下取りでリンカーンが ウイングオート に入荷し、それをそのまま個人として購入した。実は、MINIも所有している2台持ち。平日の通勤はMINIで、土日の通勤はリンカーンという使い分けでカーライフを過ごしている。これは「リンカーンがお客様との会話のネタになれば」という献身的(?)理由だ。

ピックアップトラックとコンパクトカー、両極端なクルマを使い分ける和田さんだが、「むしろリンカーンのほうが乗りやすい」とニッコリ。「パワーがあるし、背が高くて、ゆったり乗れます」とコメント。彼女は受付ながら、職場の試乗車を運転する機会もある。そのたびに「思ったより運転しやすい」と感じるという。

リンカーンマークLT、アメマガガール
「今ならカマロ、キャデラックXT5、CT6の試乗車がありますよ」と、 シボレー名岐 の受付としての仕事もキッチリこなす。担当は受付だが、女性目線でクルマ選びのサポートはしてくれるし、前職の経験から動物関連の相談にも乗れるだろう。女性に限らず「思ったより乗りやすい」を感じたいなら、気軽にショップへ問い合わせてみれば、きっと和田さんが対応してくれるはずだ。

リンカーンマークLT、アメマガガール
ウイングオート は2019年11月10日に全社挙げてのビッグイベント、ウイングデイ を開催する。和田さんも当然スタッフのひとりとして、このリンカーンに荷物を載せて参加する。同店ユーザーでなくても参加可能。詳細はウェブサイトでチェックしておこう。

リンカーンマークLT、アメマガガール
インテリアの飾り付けやステッカーは女性オーナーらしい乗りこなし。アメリカ車に興味を持ったきっかけPTクルーザーだが、そこからアメリカ文化そのものが好きになったため、インテリアのテイストもその方向性でまとまっている。


購入時点でギブソンマフラー、イーグルアロイホイール17インチがカスタム済みで、そのまま使っている。本当はコルベットの純正色ラグナブルー(水色)にオールペンしたいらしいが、コストがそれなりにかかるため資金を準備中らしい。
 
HACH5885
スマホのケースもアメリカンテイストで、クルマとコーディネート。ハワイアンジュエリーが好み。リンカーンは、ウイングオートに下取りで入荷され、カーオークションに出品される間際にストップをかけて購入。カーショップで働く人の特権のようなものだ。
 
アメマガガール
アメマガガール
ウイングオート(シボレー名岐)の受付であり、イベントでは率先して男性社員に指示を出す名物スタッフ。少し前に誕生日があり、お客さんからプレゼントをもらったというから、愛されっぷりがうかがい知れる。


Thanks: WINGAUTO(シボレー名岐)
TEL:052-409-5434
HP:http://www.wingauto.co.jp


★ PHOTO&TEXT:加藤山往
アメ車マガジン 2019年 10月号掲載


最新記事


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

ランキング


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]