通勤で活躍するマスタング、安心感が背中をプッシュ

クーペ

アメマガガールズ

フォード

フォード松阪

マスタングGT

マスタング

アメ車女子のライフスタイル

アメマガガール

アメマガ2019年10月号

アメ車女子

三重県

#アメ車女子のライフスタイル アメマガガール AYANA
FORD MUSTANG GT


FORD MUSTANG GT

アメマガガール、FORD MUSTANG GT

owner : AYANA

ーアメ車を乗りこなす女性たちの素顔ー
#アメ車女子のライフスタイル

彼女たち流のアメ車との付き合い方

アメマガガール、FORD MUSTANG GT

今とにかく女性たちが元気で、興味のあるモノにはとにかくどん欲。さらにSNSを駆使しての情報発信能力も高い。そんな女性たちの中にはアメ車を所有している人もいて、楽しんでいる様子が数多くSNSに投稿されている。

しかし、SNSで分かることはごく一部。そこで本誌特集「AMEMAG GIRL」では、彼女たちがどういった経緯でアメ車と関わる様になったのか、愛車を選んだ理由にはどんな思いがあったのか、そしてどんなライフスタイルを送っているのかなどを掘り下げて、アメ車ライフを謳歌する女性オーナーたちの素顔を覗いちゃいます!

フォードマスタングGT、FORD MUSTANG GT

毎日の通勤でアメ車を使いたい、実用重視のアヤナさん。以前から欲しいと憧れていたマスタングのオーナーになるため、一生懸命お金を貯めて、ついに念願をかなえたところ。安心してアメ車を購入できたのは、ショップのサポートも大きい。

 

想定よりも近くにあった、元ディーラーのマスタング

フォードマスタングGT、FORD MUSTANG GT
看護師として働くアヤナさんは、欲しかった マスタング を2019年3月に購入して2019年4月に納車されたばかり。オーナーになって3カ月少々で、通勤のアシとして普段使いしている。実は、学生時代からアメ車が欲しく、働き始めてお金を貯めて、約1年で念願が叶ったというストーリー。


そもそもクルマに興味を持ったきっかけは「たぶん父の影響だと思う」とアヤナさん。父はクルマ好きでバイクも乗る。そしてアヤナさんの運転免許はMT可、さらに大型二輪も乗れる。そのうえで、学生時代にワイルドスピードシリーズにハマったことで、アメ車が欲しいと感じるようになったそうだ。

なお、購入前に別のショップで マスタング V6のエンジン音を聞いて「少し物足りない」と感じてV8に決定したぐらいだから、相当の入れ込みようだ。ちなみに所有バイクはカワサキ・ニンジャ250。実は、 カマロマスタング で悩んでいたそうだが、「カマロよりマスタングの方が運転しやすい」と感じたという。

フォードマスタングGT、FORD MUSTANG GT

アヤナさんの マスタング を運転した父の感想が「思っていたより運転しやすい」だったそうだから、 マスタング には、見た目以上に扱いやすいという魅力もあるわけだ。

さて、購入直前の話。三重県南部、勤め先の近くに住むアヤナさんは、憧れのクルマを購入するためなら、近隣県ぐらいまでなら足を伸ばそうと考えていたそう。そうして中古車情報サイトで検索していると、同じ三重県にあるフォード四日市が在庫している、ブラックのマスタングを見つけた。

そのクルマは他へ売れてしまったものの、同じFLCグループのフォード松阪にガンメタがあると聞きつけ「実はガンメタが欲しかった」と購入に至る。むしろ家に近くなったという幸運だ。FLCグループが、フォードの元ディーラーであることも、背中を押すきっかけになったとアヤナさんは話す。通勤で使うつもりだし、安心感は重視したい。

店で説明を聞いてもしっかりしているし、信用できると感じたことが、最終的には背中を押してくれた。「仮に後輩看護師からクルマ選びで相談されたら?」という質問に、「好きなデザインのクルマに乗るのが良いと思うよ」とニッコリ笑顔でアドバイスをしてくれた。


フォードマスタングGT、FORD MUSTANG GT
現行型よりも6世代目。彫りの深いフェイスデザインが好きだというアヤナさん。4月に納車されたばかりのため、まだノーマルのままだが、いずれはてストライプを入れたり、ホイールを交換したいとも。ローダウンも魅力的だが実用性を重視する派。
 
アメマガガール、FORD MUSTANG GT
中古車情報サイトで情報を収集して、最初はフォード四日市を訪問。狙っていたマスタングはタッチの差で売れてしまったが、ガンメタのマスタングがフォード松阪にあると聞きつけ購入。「元ディーラーと聞いて安心して購入できました」。

Thanks:フォード松阪
TEL:0598-56-5220
HP:http://www.f-l-c.jp

PHOTO&TEXT:加藤山往
アメ車マガジン 2019年 10月号掲載


関連記事

RELATED


マスタングの最高峰と言えばGT350、記念すべき納車の日に取材敢行!

今とにかく女性たちが元気で、興味のあるモノにはとにかくどん欲。さらにSNSを駆使しての情報発信能力も高い。そんな女性たちの中にはアメ車を所有している人もいて、楽しんでいる様子が数多くSNSに投稿されている。早速彼女たちの車へのこだわりを聞いていこう!

#アメ車女子のライフスタイル アメマガガール MEGMEG FORD MUSTANG SHELBY GT350

ノーマルのマスタングで納車されると思ってたら、旦那様が内緒でカスタム実行!

#アメ車女子のライフスタイル
アメマガガール KIMIKO
2015 FORD MUSTANG 2.3 EcoBoost

ネオマッスル系に仕上がっていたマスタングを手に入れ、自分好みの仕様へ仕立てていく

彼女たち流のアメ車との付き合い方
以前ガールズオーナー特集でもチラッとご登場いただいたりこぴん。あの頃からさらに煮詰めたオンリーワンカスタム。一度ネオマッスル系に仕上がっていた車輛を手に入れ、自分好みの仕様へと仕立てていく過程が何よりも楽しい!

アメ車が好きというよりは、とにかくチャレンジャーが大好き

#アメ車女子のライフスタイル アメマガガール RINA DODGE CHALLENGER SRT8

家族のことを思えば エクスプロラーが一番です!

#アメ車女子のライフスタイル
アメマガガール MISATO
2016 FORD EXPLORER Titanium

 

最新記事


2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger