ネオマッスル系に仕上がっていたマスタングを手に入れ、自分好みの仕様へ仕立てていく

クーペ

アメマガガールズ

フォード

アメマガ2022年9月号

マスタング

マスタングGT

ワイドボディ

アメ車女子のライフスタイル

アメ車女子

彼女たち流のアメ車との付き合い方
以前ガールズオーナー特集でもチラッとご登場いただいたりこぴん。あの頃からさらに煮詰めたオンリーワンカスタム。一度ネオマッスル系に仕上がっていた車輛を手に入れ、自分好みの仕様へと仕立てていく過程が何よりも楽しい!

定番を打破する唯一無二の異端児的カスタムが気分♡

アメ車女子のライフスタイル


ワイドフォルムの縦造型までシルエットにこだわる!

FORD MUSTANG GT WIDE BODY

ノーマルの状態でマスタングに乗っていても、女の子ってだけで熱い視線を浴びるのがアメマガガールのセオリー。アメ車×女子の組み合わせはアメ車に乗る男性諸君にとって、年齢や性別を超えて意気投合できる大きなキッカケ。とは言っても、ここまで過激なカスタムを施したクルマに女性が乗ってくると、「えっ、俺の負けてるんですけど…」って気負いしてしまうオーナーも多いのでは?

りこぴんさんの愛車は数年前のクロスファイブファイナルにもエントリーしていた本格派で、前オーナーがネオマッスルをコンセプトに一度仕上げたショーカーだった。ワンオフのリベット止めFRPオーバーフェンダーはその前オーナーの名残である。もちろんそのまま乗りついでも十分に目立つ存在なのだが、彼女は自分色に染めていくことを決意。

手始めにWORKのVS XXをオーダーして、オフセットの見直しやワイドフェンダー越しに見えるホイールのバランスを調整。キャンバー角は付けずに面を限界まで合わせていくという玄人好みな履きこなしを実現させた。また、ワイドフォルムでのっぺり感が出てしまうトータルバランスの補正として、縦方向へのボリュームをマッスル4インチボンネットでアプローチすることでシルエットを一新。

純正シートから同色ブルーのBRAUMシートへ換装することでインテリアの雰囲気も一新。注目を集めた有名車両だからこそ、そのまま乗るのは忍びない。自分色に染めていくことで彼女らしさが加わって、さらに魅力が増す。

ミディアムブルーのボディカラーには黒をアクセントに立体感を高め、マッチングまで緻密な計算の上でオーダーしたWORK・VS XXの20インチはフロント9.5J(-20)、リア12.5J(+6)とかなり攻めたマッチングにピレリP-ZEROの245/35R20と305/30R20をマウント。バフアルマイトリムにチタンゴールドのディスク、ゴールドのピアスボルトもミディアムブルーと絶妙にマッチ!

ワンオフFRPオーバーフェンダーに見合うボリューム感を整えるべくアンダー部分はStreet Sceneフロントバンパー、サイドロッカー、リアバンパーを軸にAPRパフォーマンスのフロントスプリッターやTRUEFIBERカーボングリル、MRTリアルーバーにMMDカーボンダックテイルスポイラー、さらにマッスル4インチボンネットでトータルバランスを整える。

owner : RICOPIN


Special Thanks:TRIP2…

http://trip2.attic-outernational.com


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年 9月号掲載


関連記事

RELATED


「女の子がマスタングに乗っていたらカッコイイよね〜」と言われたことがキッカケで、マスタングを購入!

彼女たち流のアメ車との付き合い方
以前はプリウスに乗っていたが、同じクルマを目にし過ぎる。そこで普段見かけないクルマに乗りろうと思い、選んだのがこのマスタング。2021年まではノーマルだったが、自分らしさを追求しカスタムもスタート!

アメ車MTGでシェルビーGT500の存在を知ってこの子に乗ると決意!

彼女たち流のアメ車との付き合い方
最近じゃ若い男子もAT限定で免許を取得するケースが多いとか言われているけど、逆に若い女の子がマニュアルで免許を取得するパターンも少数派だけど実在する。そんなレアケースで実際にマニュアル車を軽快に操るアメ車女子のカーライフに迫る。

マスタングの最高峰と言えばGT350、記念すべき納車の日に取材敢行!

今とにかく女性たちが元気で、興味のあるモノにはとにかくどん欲。さらにSNSを駆使しての情報発信能力も高い。そんな女性たちの中にはアメ車を所有している人もいて、楽しんでいる様子が数多くSNSに投稿されている。早速彼女たちの車へのこだわりを聞いていこう!

#アメ車女子のライフスタイル アメマガガール MEGMEG FORD MUSTANG SHELBY GT350

通勤で活躍するマスタング、安心感が背中をプッシュ

#アメ車女子のライフスタイル アメマガガール AYANA
FORD MUSTANG GT

シェイカー乗るなら392! 赤いボディに赤い内装も譲れない!

乗りた車が明確な人は一切の迷いが無い。この色、このエンジン、そしてこの内装!予算で妥協しても後で後悔することを知っている彼女は、賢い買い物が出来る人。そんな女性は、自分時間の使い方も凄く有意義だったりするものだ

 

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。