FISCOがアメリカ一色に染まったアメフェス

イベントレポート

IKURA's AMERICAN FESTIVAL

アメフェス

富士スピードウェイ

アメマガ2019年11月号

2019.08.18(SUN)
IKURA’S AMERICAN FESTIVAL
富士スピードウェイ


IKURA’S AMERICAN FESTIVAL

amefes、アメフェス
2019.08.18(SUN)富士スピードウェイ
富士スピードウェイにて毎年開催される日本最大級のアメリカンモータースポーツイベント 「IKURA's American Festival」 通称AMEFES( アメフェス) が2019年8月18日に開催された。途中から天候には恵まれなかったものの、今回もFISCOはアメリカ一色に染まったのだった。



 

ドラッグレースを筆頭に、アメリカを感じられるイベントがアメフェスだ!

amefes、アメフェス
数あるイベントの中でも、レース場である富士スピードウェイを会場として、ドラッグレースが行なわれるカーショー&スワップミートは、 イクラ アメフェス ぐらい。日本ではドラッグレースの専用コースのほか、ドラッグレースを可能とする場所がそもそも限られるだけに、400mでのドラッグレースの開催というだけでもポイントが高い。


そんな国内の状況もあり、ここでは、ハーレーに限定したドラッグレース団体である、Vツイン・ドラッグ(VTD)のシリーズ戦も組み込まれている。とにかくドラッグレースは、アメリカの国技ともいえるほどお馴染みなうえ、最もホットロッドに直結するレースなだけに、アメ車ファンであるならば、絶対に体験または参戦すべきなのだ!

そして、ショートコースでは、ロードレースも行なわれている。レースを通して、実際のパフォーマンスを観ることで、アメ車の魅力がダイレクトに味わえるという点でも重要なイベント。今回は、ドラッグレースの合間に、ハーレーによるエクストリームパフォーマンスが盛り込まれた。急角度のウィリー走行を、不可能と思える巨漢なハーレーでやってのけるのだ。

当日は、晴天に恵まれてスタートしたものの、午後からは雨に見舞われたため、ドラッグレースとロードレースは午前中で終了となってしまった。カーショーの取材を始めたタイミングでの雨だったので、一時はどうなるかと心配したが、雨はしばらくして上がり、晴空が戻った。ステージではライブパフォーマンスが行なわれ、イベントは終盤まで盛り上がったのだった。


ショップや常連レーサーによる参加がメインだが、近年は、純粋にドラッグレースを行なうべく、日本車やVW によるハードコアなマシンの参加が増加傾向にある。レースというと敷居が高く考えがちだが、アメ車オーナーなら、自分の愛車で一度は参加すべし!


グランドスタンドに面したメイン会場では、カーショーとスワップミートのブース、そしてフードコートで埋め尽くされる。通路の部分にも各種パレードに参加するハーレーが大量に整列。特設ステージでは、入れ替わりでお馴染みのアーティストによるライブパフォーマンスを楽しめる。そのほかにも、KICKER SOUND MEETING 、FMXエクストリームショーも行なわれた。

1959 Chevrolet Apache

1959 Chevrolet Apache

クラッシックトラック人気で注目度が上がっているアパッチ。スラムド系が主流だが、この個体のようにホットロッドなアプローチが抜群にイカス!

1965 Ford Mustang Coupe

1965 Ford Mustang Coupe
クーペをベースにフードスクープ、スポイラー、そしてアメリカンレーシングのホイール&車高アレンジによって、クラブマンレーサー的にカッコ良い!


1938 Chevy Panel Truck

1938 Chevy Panel Truck

Ford一色のホットロッド系の戦前車の中でも、ニッチなシェビーにして安定人気の38年型。パネルトラックをレストロッド的に纏めたナイスな個体。

1932 Ford Model B 5window Coupe

1932 Ford Model B 5window Coupe

程よいチョップトップやバランスのとれた車高&タイヤサイズによって、魅力大な個体。トラディショナルなスタイルが際立つ配色にもセンスを感じる!

2018 Dodge Charger SRT Hellcat

2018 Dodge Charger SRT Hellcat

モダンマッスルきっての狂暴マシン、ヘルキャット様! ホイールのアレンジや、化け猫ロゴをあしらったグラフィックで魅力大の1台。


1994 Chevy C1500 Sportside

1994 Chevy C1500 Sportside

C1500のショートボックスという時点で近年希少な存在だが、国内では激レアなスポーツサイド!総合的にクリーンな状態で抜群にカッコイイ!


1967 Pontiac GTO

1967 Pontiac GTO

縦目GTOの象徴的な存在の67年型。ストックをキープしながらも足元は定番のAR5スポークで引き締めたクールな個体。

1960 Ford Country Sedan Wagon

1960 Ford Country Sedan Wagon

水平方向のテールフィン&ラウンドしたリアガラスによる仮想未来感が溢れる60年型フォード・ワゴン。ベーシックな“セダンワゴン” なのが渋い。


1968 Dodge Charger R/T

IMG_7295

基本的にオリジナルをキープしながらも、FOOSEのモダンなリムをセットして魅力を高めた個体。サイズ感や車高プロポーションもいい感じ!


Photo & Report:石橋秀樹
アメ車マガジン 2019年 11月号掲載


最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2020/09/03

存在感としては控えめながら、血統の良さでアメリカでは人気のダート

クーペ

ビンテージ

ダッジ

The Golden Age 60’s-70’s
1967 Dodge Dart

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger