グランドチェロキーカスタムは、オーバーフェンダーレスもクール!

SUV

ジープ

BCD

アメマガ2019年11月号

ローダウン

グランドチェロキー

センス

Jeep Grand Cherokee BCD Full Body Kit Style


2018 グランドチェロキー スターリングエディション、BCD、SENS

2018y Jeep Grand Cherokee Sterling Edition
SENS CUSTOM BRAND BCD

 

オトナのシャープなグラチェロカスタムは、オーバーフェンダーレスもキマる


グランドチェロキー用カスタムパーツを展開するBCD。同ブランドはフルボディキットだけでなく、パーツを選択して仕上げられる柔軟性も特徴のひとつ。後期型オーバーフェンダーレスも最高にクールだ!

柔軟なカスタムを実現できるBCDエアロ


近年注目を集めているグランドチェロキー用カスタムパーツブランドBCD。プロデュースは名古屋市のショップ、 SENS(センス) だ。同ブランドの魅力は、主張をしすぎないオトナなデザインと、自由なカスタムを実現できるパーツ構成にある。
エアロブランドのなかには、フルセットで取り付けることを前提にデザインされたものもあり、スポット的な取付が不可な場合がある。しかし、BCDなら欲しいところだけ増やせて、自分流のアレンジが可能というわけだ。
今回のデモカーは、オーバーフェンダーを敢えてレスにした、フロントバンパー、サイドスカート、リアバンパー、リアゲートスポイラーを加え、ローダウンでバランスを整え、ワンオフマフラーによって視覚と聴覚を刺激させる内容。ベースは後期型(2017年~)の2018型グランドチェロキー25周年特別限定モデル「スターリングエディション」。
オーバーフェンダーを追加すれば、より幅広のタイヤやホイールを履けるようになり、伴ってカスタムの自由度は高まる。その反面「カスタムしてますよ」の主張は強くなる。もし、目立ちすぎることは望まないという、譲れない一線がある場合でも、BCDと SENS はしっかり期待に応えてくれる。2018 グランドチェロキー スターリングエディション
2018 グランドチェロキー スターリングエディション、BCD、SENS
2018 グランドチェロキー スターリングエディション、BCD、SENS
2018 グランドチェロキー スターリングエディション、BCD、SENS
SENS が提案するBCDエアロのフルボディキットは、フロントバンパー、サイドスカート、リアバンパー、前後オーバーフェンダー、リアゲートスポイラーだが、今回のモデルはオーバーフェンダー以外を装着した例となる。後期型以外に中期型(2014~2016年)もラインナップ。
2018 グランドチェロキー スターリングエディション、BCD、SENS
2018 グランドチェロキー スターリングエディション、BCD、SENS
ノーマルのグラチェロから大きく印象を変えることなく、しかし明確なカスタム感を演出できるBCDエアロの真骨頂。逆にオーバーフェンダーだけといったカスタム例は、SENSウェブサイトで公開されている。今回のモデルはグランドチェロキー誕生25周年特別限定モデル「スターリングエディション」がベースで、そのモデルで使われているグレーとシルバーのアクセントカラーを取り入れ、フロントバンパーなどを色分けしている。さらにローダウンが施され、全体のバランスを整えた仕様だ。
 

SENS【センス】


所在地:愛知県名古屋市中川区荒子2-14-1
TEL:052-363-1100
定休日:水曜日
営業時間:10:00 ~19:00
HP:http://bcd.co.jp/

写真&文/加藤山往
アメ車マガジン 2019年 11月号掲載

最新記事


2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。