ラグジの新提案はニュー&クラシック、ラックスタイルが2019年8月10日オープンした!

ショップ

ラグジ

LAX STYLE

XJチェロキー

岐阜県

アメマガ2019年11月号

Opening Event
LAX STYLE


Opening Event LAX STYLE

LAX STYLE(ラックスタイル)

開催日:2019年8月10日(日) 開催場所:LAX STYLE ダッジ・チャレンジャー のカスタムで知られる ラグジ が16周年を迎え、新たなコンセプトの新店舗 LAX STYLE(ラックスタイル) をオープンさせた。周年日であり、オープン日でもあった2019年8月10日にオープンイベントが開催された。

XJチェロキーの新提案が集う拠点誕生

ラグジ の新コンセプトを発信する新たな基地として 「LAX STYLE(ラックスタイル)」 が2019年8月10日にオープン。店を会場にオープンイベントが開催された。なお、同日はラグジ16周年の記念日。ラグジ17年目に向けた新たな展開の拠点というわけだ。

新店舗の場所は、既存の ラグジ(本店) と同じ通りに面し、数百メートルほど歩けば到着できる。 オープンイベント当日は、 ラグジ のユーザーや取引業者が次々と来場し、新提案 ラックスタイル でカスタムされた XJチェロキー のデモカーを熱っぽい視線で見学。また、テレビ番組の取材班も来場していた。

迎える店側は、大量に用意したフリードリンク、シェフを招いてのハンバーガー提供、子どもには抽選会を展開。家族連れで来場し、お父さんがクルマを眺めつつスタッフと話し込んでいる傍ら、お母さんと子どもたちが、エアストリームの中や日陰で食事をしながら涼むという光景を多く見ることができた。

XJチェロキー のカスタム専門店として誕生した ラックスタイル の名称は、ロサンゼルス国際空港の略称「LAX」が語源だという。さまざまな感性を持つ人々が集まり、文化が自然と交流する空港のようにありたい。

ラグジ による XJチェロキー のカスタムという新提案は、来場者の目にも新鮮な刺激を与えたことだろう。ラックスタイルのカスタムチェロキー。店に足を運べば、現車をいつでも見られる。

ラックスタイルで商談などを行なうスペースは、店らしい建屋でなく、さりとてプレハブでもなく、トレーラーの最高峰エアストリームを店舗に設えたもの。この中に入れる機会は貴重。オープン日は関係各所からお祝いの花が届けられており、トレーラー内は賑やかな雰囲気だった。

イベント当日に設置されたグリルでシェフが作りたてのハンバーガーを無料提供。また、子ども向けの抽選会やフリードリンクで来場者を歓迎する大盤振る舞い。

オープン日にはTV愛知の番組「薬師寺流」の取材撮影が行なわれ、元WBC世界バンタム級世界王者、薬師寺保栄さんも来店。放送自体は残念ながら2019年8月30日深夜に放送済み。

LUXZとはここが違う! LAX STYLE ではXJ チェロキーのカスタムコンプリート販売を専門に行なう

ラックスタイルは1997年~2001年型のチェロキー(XJ型)専門店で、良質な個体をベースとして、現代的なカスタムを施したスタイルを提案する。アメリカ直輸入のパーツを中心に、トータルコーディネートしたフルモデル、部分的なカスタムで個性を演出するハーフモデルをラインナップ。

HACH6474 HACH6483 HACH6494HACH6484 HACH6481 HACH6461HACH6460HACH6459HACH6471HACH6511

LAX STYLE【ラックスタイル】
所在地:岐阜市北一色7-25-24
TEL:058-248-0094


写真&レポート:加藤山往
アメ車マガジン 2019年 11月号掲載


最新記事


2023/09/22

稀少限定色のレインにルビコン392を搭載するモンスター!

SUV

ジープ

1981年まで生産されたCJ以来、40年ぶりにV8エンジンを搭載した「RUBICON 392」。モパーらしさを色濃く感じさせるハイパフォーマンスな走りは、良い意味でラングラーらしからぬ魅力を放つ。

2023/09/21

ひと手間加えて防音・猛暑対策も!たるんだ天井を自らの手で張り替える!

メンテナンス

最近、愛車の天井がたるんできた。そんな悩みを持つオーナーは多いのでは?でも張り替えって、お願いすると高いんでしょ? だったら自分でやってみる?生地もネットで買えるし専門工具も不要。やろうと思えば、なんだってできる!

2023/09/20

【ダッジ・チャレンジャーのオーナーを取材!】こだわりの愛車とカーライフを総まとめ

ダッジ

ダッジ・チャレンジャーといえばただの交通手段ではなく、夢と冒険の象徴となる魅惑のクルマ。映画やカルチャー、知人からの影響など、様々な出会いから始まり、カスタムへのこだわりや、ライフスタイル、走行のパワフルさなどいろいろな魅力に沼っていくオーナたち。今回はそんなダッジ・チャレンジャーのオーナーたちのこだわり、魅力をまとめて一挙にご紹介しよう!

2023/09/20

【ジープ グラディエーター】遊びに使うことに特化した、ある意味スーパーカー

ピックアップトラック

ジープ

JLラングラーが空前のヒットを続けており、それに続けとばかりに日本で正規発売されるJTグラディエイター。ただボディを伸ばしただけはない本気度が感じられるモデルだ。

ランキング


2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2020/11/24

コルベットヒストリー③【1968~1982 コルベットC3】

クーペ

シボレー

1968~1982 CHEVROLET C3
The CORVETTE HISTORY③

2020/09/01

マスタング史上最強のBOSS 429、859台にのみ搭載された極めて希少なBOSS 9

クーペ

ビンテージ

フォード

1969 Ford Mustang Boss 429

2023/09/22

稀少限定色のレインにルビコン392を搭載するモンスター!

SUV

ジープ

1981年まで生産されたCJ以来、40年ぶりにV8エンジンを搭載した「RUBICON 392」。モパーらしさを色濃く感じさせるハイパフォーマンスな走りは、良い意味でラングラーらしからぬ魅力を放つ。