LAXスタイルチェロキーの足もとに奢られるのは、WORKの2ピースホイール

SUV

ジープ

ホイール

ラグジ

チェロキー

Seeker GX

LAX STYLE

2ピース

XJチェロキー

アメマガ2020年1月号

WORK

Seeker FX

LAX STYLE XJ CHEROKEE
WORK Seeker FX
WORK Seeker GX


LAX STYLE XJ CHEROKEE

LAXスタイル XJチェロキー、WORK シーカーFX、LAX STYLE XJ CHEROKEE WORK Seeker FX
LAXスタイル XJチェロキー、WORK シーカーGX、LAX STYLE XJ CHEROKEE、WORK Seeker GX

WORK Seeker GX / WORK Seeker FX

2ピースホイールが生む、無限の可能性を感じろ!

愛車をカスタムする上で、非常に大きな要素を占めるタイヤ&ホイール。それ1つで印象が大きく変わるだけに選ぶ時は慎重になるが、人と同じじゃツマラナイ。足もとにも個性を演出したいというアメ車オーナーの諸君にオススメしたいのが、 WORK のSeekerシリーズだ。

スタンス御用達ホイールが、全く異なるテイストを産む

LAXスタイル XJチェロキー、WORK シーカーGX、LAX STYLE XJ CHEROKEE、WORK Seeker GX

今なお根強い人気を誇り、 チェロキー といえばやっぱり XJ でしょ! というオーナーは多い。角張ったスタイルなどは、これぞ4WDだと感じられ、最近のクルマにはない個性的な部分と言える。とはいえその XJチェロキー も生産終了から20年はゆうに経過しているので、どうしても古さは否めないのは事実。


ならば、家をリフレッシュするように、クルマもリノベーションしてはどうだろうか? と考えたのが、 チャレンジャー のカスタムで知らない人はいない LUXZ 。新たに LAXスタイル という専門店を2019年の夏にオープンし、ユーザーの好みや予算に応じてセミコンプリートやフルコンプリートをプロデュース中だ。


そんなLAXスタイルチェロキーの足もとに奢られるのは、 WORK の2ピースホイール・Seekerシリーズ。元々はスタンススタイルのカスタムをターゲットとしてリリースされたものだが、リムの組み合わせ次第で様々なインセット展開を可能とするのがポイント。

通常ならプラスインセットがメインでディッシュスタイルに見えるが、今回LAXスタイルチェロキーに装着したものは、どちらもインセットがマイナス18。リムの深さが強調されることで、全く異なる雰囲気を醸し出すことに成功している。

LAXスタイル XJチェロキー、WORK シーカーFX、LAX STYLE XJ CHEROKEE WORK Seeker FX
サイズの設定だけでなく、カラーバリエーションの豊富さもSeekerの魅力で、リムとディスクのカラーが好きなように組み合わせられるので、ノーマル車両だけでなくヘビーにカスタムされた車両でも、そのテイストにマッチしたモデルをチョイス可能。


エッジの効いた力強さを強調したいならGXがオススメで、 チェロキー の軽快さや疾走感を演出したいなら、FXがよく似合う。共に16インチから18インチまで幅広いラインナップを展開しているので、 チェロキー のみならず、ありとあらゆるアメ車の足もとを彩ってくれることを約束しよう。

LAX STYLE CHEROKEE : Seeker GX(18×10.0J)×TOYO OPEN COUNTRY AT(285/60R18)

WORK シーカーFX、WORK Seeker FX
WORK シーカーFX、WORK Seeker FX
センターキャップには、探求者という意味を持つ「Seeker」と「WORK」のロゴがあしらわれる。切削タイプのほかにマットブラックも設定。


WORK シーカーFX、WORK Seeker FX
クラシカルなデザインがSeeker のコンセプトの1つ。メッシュ風のデザインで力強さを演出。断面の色を変えるなど、細部にもこだわる。


WORK シーカーFX、WORK Seeker FX
段リムを採用することで、単調になりがちなデザインに立体感を持たせる。エアバルブもユーザーの好みに合わせてブラックもラインナップ。


SPECIFICATIONS Seeker GX
SIZE / HOLE P.C.D
16×6.0J~9.0J / 5H-100 114.3
17×7.0J~10.5J / 5H-100 114.3
18×7.5J~11.5J / 5H-100 114.3
●カラー:マットブラック(MBL)/カットクリア(MSP) 
●構造 :2 ピース 
●付属品:センターキャップ/エアバルブ
 

LAX STYLE CHEROKEE : Seeker FX(18×10.0J)×NITTO TERRA GRAPPLER(285/60R18)

WORK シーカーFX、WORK Seeker FX
WORK シーカーFX、WORK Seeker FX
マットブラックのスポーク中央には、あえて対照的な切削タイプのオーナメントを装着。メリハリをつけることで、存在感を際立たせる。


WORK シーカーFX、WORK Seeker FX
軽量な印象を与えるフィンスポークを採用するが、スポーク部分に段差をつけ色を変えるなど、オーナーの欲求を満たすディティールを施す。


WORK シーカーFX、WORK Seeker FX
リムはブラックアルマイトをチョイスし、これにマットブラックのディスクをセット。ブラック同士でも、ほかにはない色の組み合わせが楽しめる。


SPECIFICATIONS Seeker FX
SIZE / HOLE P.C.D
16×6.0J~9.0J / 5H-100 114.3
17×7.0J~10.5J / 5H-100 114.3
18×7.5J~11.5J / 5H-100 114.3
●カラー:マットブラック(MBL)/カットクリア(MSP) 
●構造 :2 ピース 
●付属品:センターキャップ/エアバルブ


問い合わせ/ワーク
TEL:06-6746-2859(西日本コールセンター)
TEL:052-777-4512(中日本コールセンター)
TEL:048-688-7555(東日本コールセンター)
HP:https://www.work-wheels.co.jp


車両協力/ LAX STYLE
TEL:058-248-0094
HP:www.edge-customs.com


PHOTO:浅井岳男 TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2020年 1月号掲載


最新記事


2024/05/27

じゃがいも好きな店主が始めた、フレンチフライ専門のキッチンカー【FRIED pride】

バン

2000年型のGMC・サバナをベースにトーマス・ビルト・バス社が製作したスクールバスをキッチンカーとして使用する「FRIDE pride」はフレンチフライ専門店。関東圏で開催される週末のイベントに出店しており、鮮やかなイエローのバスが目印だ!

2024/05/25

満を持してコルベットに搭載されたハイブリッド型全輪駆動のeAWD

クーペ

シボレー

新車インプレッション

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2022/08/16

超絶ワイドのシボレーカマロのコンセプトは街乗りできる仕様

クーペ

シボレー

2012 CHEVROLET CAMARO SS

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】