ジープが今とにかく熱い!【レガリアオートレファレンス】

SUV

ジープ

ショップ

XJチェロキー

アメマガリコメンドショップ

チェロキー

ジープ

アメマガ2017年12月号

レガリアオートレファレンス

Jeep専門店「レガリア・オート・レファレンス」


[vc_row][vc_column][vc_column_text]Regalia Auto Reference、レガリアオートレファレンス

AMEMAG RECOMMEND SHOP


XJチェロキーが欲しいならレガリアへ!


今、Jeepが来ている! とりわけ引き合いが強いのはXJチェロキー。そう、今大ヒットしているSUVの元祖のようなクルマだ。そんなXJの良質車を数多く揃え、ボクらを迎えてくれるのが埼玉県春日部市のJeep専門店「レガリア・オート・レファレンス」だ。
 

スクエアシェイプなスタイルと丁度良いサイズが人気のXJチェロキー


世界的なSUVブームが吹き荒れるなか、とりわけ今、注目されているのがJeepシリーズ。本格オフローダーのラングラー、プレミアムSUVのグランドチェロキー、そして、少し前のモデルにはなるものの、今なお、根強い人気を誇っているのが「XJチェロキー」だ。角張ったスタイル、シンプルながら実用性に富んだユーティリティ、そして4.0ℓ直6エンジンがもたらす力強い走り。数あるSUVの中にあっても、褪せない魅力がたっぷりなのだ。
そんなXJチェロキーをはじめ、Jeepシリーズを専門に扱うプロショップが埼玉県春日部市にある。『レガリア・オート・レファレンス』だ。訪ねてみると、広大な展示場にはXJチェロキーがズラリ! しかもどのクルマも新車同様に美しいフォルムを保っている。生産自体は'01年に終了し、クルマ自体の台数も、また程度のいい物件も減っていく一方のXJだが、この光景を目の当たりにすると、それもウソのよう。「確かに程度のいいクルマはどんどん減っていますが、それでも何とか良質車を探し、徹底的にリファインしてお客様にお届けするのが、レガリアのポリシーです」と、店長の鈴木敬徳さん。ご自身、Jeepが大好きで、専業店を経て10年以上、Jeepに接してきたノウハウ。弱点を知り尽くし、それをリカバリーすれば、Jeepは一生、付き合えるクルマ。レガリアはそんなJeepライフを、しっかりサポートしてくれるのである。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]1998 Jeep CHEROKEE、1998 ジープチェロキー

1998 Jeep CHEROKEE


すでに生産中止から15年以上も経っているXJチェロキー。しかし幅広い年齢層のユーザーから、それを求める声は大きいという。確かに物件自体が減っているが、それでもレガリアは後期型('97~'01モデル)、かつ10万km走行以下のクルマを中心に取りそろえている。たとえば今回、撮影に提供されたのは'98年型のスポーツ・リミテッドバージョン。走行はわずか8万8000kmで、タイヤ&ホイール、メッキグリル&クリアレンズ、レザー調シートカバー、社外ナビゲーションシステムなど、カスタムも施されている。しかもボディカラーは一番人気だという、ブラック。相場に準じた価格もうれしいが、もちろん、点検・整備をカンペキに行い納車をしてくれる「レガリア」の姿勢もありがたい。弱点を知り尽くし、それをカバーし、ユーザーをサポートしてくれるのが、やはり専門店の強みであり魅力なのだ。
 
1998 Jeep CHEROKEE、1998 ジープチェロキー
XJチェロキー人気の秘密は、なんといってもこの角張ったスタイル。今どきのSUVでもあり得ない独特なシルエットは、シンプルながら、すっきりしたカッコよさと、実用的で軽快な走りさえイメージさせてくれるのだ。
 



98年型といえば、すでに20年以上も前のクルマ。インテリアデザインには少し古さも感じるが、それでも実用性に問題はない。快適装備もしっかり充実している。レザー調シートカバーも高級感がある。
 

エンジンは4.0ℓ直6ガソリン。YJやTJラングラーなどにも搭載される伝統のユニットで、壊れにくいと評判のエンジン。ただし水回りだけはしっかり見ておきたいと鈴木さんは言う。駆動系は4速AT、4WDシステムはセレクトラックという、2WD、センターデフ式4WD、リジッド4WDハイ&ロー、4つのモードを備えた独特の方式を採用。
 


XJチェロキーのサスペンションは、フロントにコイル・リジッド、リヤにリーフ・リジッドという変則的な前後リジッド式を採用している。しかしながら乗り味は洗練されていて、普段の街乗り、高速道路、そしてオフロードも快適そのものだ。
 

搭載エンジンは190馬力&31kg-mの強心臓、これにセミモノコックの軽量ボディの組み合わせだから、XJチェロキーの走りは豪快、かつ軽快だ。この印象は20年経ってもまったく色あせなていなかった。もちろん『レガリア』によってコンディションが調えられていたこともあるだろう。年季の入ったクルマは、やはりショップの信頼性で選ぶべきだと思わされた。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]ジープチェロキー
今回の撮影車のほか、ざっと他の展示車両を見せていただいたが、やはり良質なクルマを揃えられているのがよく分かった。中にはリフトアップ・カスタムされたモノもあれば、フルノーマル仕様もあり。人気のブラックボディのほか、最近ではブルーやグリーン系も人気だとか。走行距離は10万km以下で、相場はだいたい120~160万円といったところだろうか? ちなみにWJグランドチェロキーは、プレミアムな装備内容で、XJより相場は低め。お買い得感があるぞ。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]Regalia Auto Reference レガリアオートレファレンス
埼玉県春日部市八丁目1005-1
TEL:048-876-8833
E-mail:regaliaautoreference@bird.ocn.ne.jp
埼玉県春日部市にオープンして5年のJeep専門ショップ。店長の鈴木敬徳さんご自身もJeep大好き、仕事としてももう10年以上、Jeepと付き合ってきたという。店頭にはXJチェロキーを並べるが、WJグランドチェロキーも在庫多し。もちろんラングラーなど他のJeepも得意としている。納車はすべてをリフレッシュ、だからクルマに「当たり外れはありませんよ!」とのことだ。
Regalia Auto Reference、レガリアオートレファレンス[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]TEXT ■高坂義信
PHOTO ■能勢博史[/vc_column_text][vc_separator][vc_column_text]アメ車マガジン 2017年12月号掲載[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

最新記事


2023/02/07

-フリースタイルで行こう- ♯23 イシヴァシのMOPARのある人生

コラム

2023/02/06

中学3年でアメ車購入を決意、マスタングを購入してから免許取得を目指す

クーペ

フォード

初々しい初心者マークが貼られるマスタング。オーナーは今春高校卒業を迎える現役高校生のnomustangさん。中学3年のときにアメ車に乗ることを決意し、高校卒業を前にマスタングを購入。しかも免許取得をする前に…。

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

ランキング


2023/02/06

中学3年でアメ車購入を決意、マスタングを購入してから免許取得を目指す

クーペ

フォード

初々しい初心者マークが貼られるマスタング。オーナーは今春高校卒業を迎える現役高校生のnomustangさん。中学3年のときにアメ車に乗ることを決意し、高校卒業を前にマスタングを購入。しかも免許取得をする前に…。

2019/05/14

『60セカンズ』で駆け回るマスタング“エレノア”を忠実に再現

クーペ

ビンテージ

フォード

Ford Mustang & Chevrolet Camaro
FORD MUSTANG “ELEANOR”

2019/03/13

映画『60セカンズ』の劇中車としてお馴染みの“マスタングエレノア”

クーペ

ビンテージ

フォード

シルエットの美しさは“エレノア”ならではの美点。

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

×