そろそろアメ車が乗りたいんだよね、マグナムって面白いかも

ステーションワゴン

ダッジ

ガレージジョーカー

マグナム

アメマガ2020年3月号

プラムクレイジー

千葉県

マグナムRT

不動のDODGE

2006y DODGE MAGNUM R/T

不動のDODGE ダッジの魂に魅了される


2000年代前半モデルが手頃に買えて狙い目だ

2006y DODGE MAGNUM R/T

ダッジの魂に魅了される 千葉県のガレージジョーカー・小川氏の先輩であり、イベントなどではスタッフとしてサポートする野村さん。これまで多くのクルマに乗ってきたが、なぜかアメ車経験はゼロ。しかし、ガレージジョーカーが最近注目するダッジ・マグナムが気になり、銚子の町を初ドライブ!マジで買う!?

90年代中心の車両をメインに扱う千葉県のガレージジョーカーだが、最近は2000年代前半のモデルを積極的に扱っている。中でも注目しているのが、04~08年で生産終了となったダッジ・マグナム。SUVが圧倒的な人気を誇るアメリカではウケなかったものの、ボディサイズもバカみたいに大きいワケでもなく(5021mm)、開口部がCピラーのルーフ付近まで開き、広大なラゲッジスペースを確保できるなど、日本での使い勝手はまったく悪くないモデルとして、改めて注目しているのだ。

2006y ダッジマグナムR/T 2006y ダッジマグナムR/T

そしてもう一つの理由が、90年代の車両が高騰気味のなか、マグナム は低価格で提供できること。ショップでは、弱点とされる足回りなどをしっかり整備し、ある程度手を加えて販売することで好評を得ている。20インチのゴールドカラーホイール、プラムクレイジーにオールペンしたこの06年型マグナムR/Tも、そんな一台だ。

 

しかしこのマグナム 、すでに購入希望者がいる。ガレージジョーカー小川氏の先輩であり、時にはイベントでスタッフとして力を貸す、過去に二人で数々の武勇伝を作ってきた野村さんだ。長くショップに出入りしてきたものの、アメ車は未経験。アウトドアが趣味で、車中泊用としてハイエースを所有し、もう一台使い勝手の良いクルマを探していたところ、マグナム に一目惚れ。撮影時は、初めてのドライブとして銚子の町を駆け回ったのだ。 目指すはamZでのアワード獲得。アッと驚くカスタムをしてくれることに期待しよう!

2006y ダッジマグナムR/T 2006y ダッジマグナムR/T

野村さんが初めて見たときはボディが黒で、その時に購入を本気で検討したようだが、次に見たときは、まさかのプラムクレイジーにオールペンされていた。「黒も良かったけどコレも格好いいね」と満足の様子。いずれはamZでアワードを獲得するために、カスタムに着手する予定だ。

ホイールはSRTタイプの20インチゴールドカラー。タイヤはTOYO PROXES CF2 SUV・245/45R20 2006y ダッジマグナムR/T 2006y ダッジマグナムR/T 2006y ダッジマグナムR/T 2006y ダッジマグナムR/T 2006y ダッジマグナムR/T

ホイールはSRTタイプの20インチゴールドカラー。タイヤはTOYO PROXES CF2 SUV・245/45R20。エンジンは5.7L V8 HEMI。最初は恐る恐るアクセルを踏んでいた野村さんだが、帰りには満面の笑みで一気に加速! ベージュのシートは「いつかシート張り替えをしたい」とのことで、インテリアも大きく変更することを描いているようだ。


GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】

TEL:0479-25-7740
URL:https://www.garage-joker.com


写真&文/相馬一丈
アメ車マガジン 2020年 3月号掲載


関連記事

RELATED


20数年ぶりにアメ車に乗ることを決断したオーナーが選んだのは06年型マグナム

過去に数々の武勇伝を一緒に作り上げてきたガレージジョーカー小川氏の一声により、20 年ぶりのアメ車となる06年型マグナムを購入した野村さん。現在は、アメ車マガジンイベント「AMZ」でアワードを獲得するため、日々カスタムに励んでいる。

マグナムにチャレンジャーフェイスを移植、誰もが待ち望んだ脱クーペの進化!

誰もが一度は夢に見たであろう。脱クーペのチャレンジャーが遂に完成した。荷物も人も楽に載せられる、まさにステーションワゴンのメリットを兼ね備えた進化系チャレンジャー。この姿、増殖していくかもしれない。

日本初!?マグナムをチャレンジャーフェイスにする!

ダッジ・マグナムにチャージャーフェイスを移植したガレージジョーカー。今度は日本初となるマグナムにチャレンジャーフェイスを移植する作業に突入! この姿、マジでカッコイイぞ!

チャージャーワゴン完成!この姿、純正にあっても面白い!

遂に完成したチャージャーフェイスのマグナム。2台のクルマを融合させたとは思えない違和感の無い仕上がりは、まさに職人技。完成した姿も気になるが、ガレージジョーカーは早くも次なる計画も進行中!

わずか4年の短命に終わるマグナムだがSRT8の市場価値は高い

2006 Dodge Magnum SRT8

 

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429