そろそろアメ車が乗りたいんだよね、マグナムって面白いかも

ステーションワゴン

ダッジ

ガレージジョーカー

マグナム

アメマガ2020年3月号

プラムクレイジー

千葉県

マグナムRT

不動のDODGE

2006y DODGE MAGNUM R/T

不動のDODGE ダッジの魂に魅了される


2000年代前半モデルが手頃に買えて狙い目だ

2006y DODGE MAGNUM R/T

ダッジの魂に魅了される 千葉県のガレージジョーカー・小川氏の先輩であり、イベントなどではスタッフとしてサポートする野村さん。これまで多くのクルマに乗ってきたが、なぜかアメ車経験はゼロ。しかし、ガレージジョーカーが最近注目するダッジ・マグナムが気になり、銚子の町を初ドライブ!マジで買う!?

90年代中心の車両をメインに扱う千葉県のガレージジョーカーだが、最近は2000年代前半のモデルを積極的に扱っている。中でも注目しているのが、04~08年で生産終了となったダッジ・マグナム。SUVが圧倒的な人気を誇るアメリカではウケなかったものの、ボディサイズもバカみたいに大きいワケでもなく(5021mm)、開口部がCピラーのルーフ付近まで開き、広大なラゲッジスペースを確保できるなど、日本での使い勝手はまったく悪くないモデルとして、改めて注目しているのだ。

2006y ダッジマグナムR/T 2006y ダッジマグナムR/T

そしてもう一つの理由が、90年代の車両が高騰気味のなか、マグナム は低価格で提供できること。ショップでは、弱点とされる足回りなどをしっかり整備し、ある程度手を加えて販売することで好評を得ている。20インチのゴールドカラーホイール、プラムクレイジーにオールペンしたこの06年型マグナムR/Tも、そんな一台だ。

 

しかしこのマグナム 、すでに購入希望者がいる。ガレージジョーカー小川氏の先輩であり、時にはイベントでスタッフとして力を貸す、過去に二人で数々の武勇伝を作ってきた野村さんだ。長くショップに出入りしてきたものの、アメ車は未経験。アウトドアが趣味で、車中泊用としてハイエースを所有し、もう一台使い勝手の良いクルマを探していたところ、マグナム に一目惚れ。撮影時は、初めてのドライブとして銚子の町を駆け回ったのだ。 目指すはamZでのアワード獲得。アッと驚くカスタムをしてくれることに期待しよう!

2006y ダッジマグナムR/T 2006y ダッジマグナムR/T

野村さんが初めて見たときはボディが黒で、その時に購入を本気で検討したようだが、次に見たときは、まさかのプラムクレイジーにオールペンされていた。「黒も良かったけどコレも格好いいね」と満足の様子。いずれはamZでアワードを獲得するために、カスタムに着手する予定だ。

ホイールはSRTタイプの20インチゴールドカラー。タイヤはTOYO PROXES CF2 SUV・245/45R20 2006y ダッジマグナムR/T 2006y ダッジマグナムR/T 2006y ダッジマグナムR/T 2006y ダッジマグナムR/T 2006y ダッジマグナムR/T

ホイールはSRTタイプの20インチゴールドカラー。タイヤはTOYO PROXES CF2 SUV・245/45R20。エンジンは5.7L V8 HEMI。最初は恐る恐るアクセルを踏んでいた野村さんだが、帰りには満面の笑みで一気に加速! ベージュのシートは「いつかシート張り替えをしたい」とのことで、インテリアも大きく変更することを描いているようだ。


GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】

TEL:0479-25-7740
URL:https://www.garage-joker.com


写真&文/相馬一丈
アメ車マガジン 2020年 3月号掲載


関連記事

RELATED


20数年ぶりにアメ車に乗ることを決断したオーナーが選んだのは06年型マグナム

過去に数々の武勇伝を一緒に作り上げてきたガレージジョーカー小川氏の一声により、20 年ぶりのアメ車となる06年型マグナムを購入した野村さん。現在は、アメ車マガジンイベント「AMZ」でアワードを獲得するため、日々カスタムに励んでいる。

フェイスチェンジで日本に設定がない左ハンドル300Cツーリングに

マグナムをベースにチャージャー、チャレンジャーのフェイスを移植し話題のガレージジョーカー。現在は300Cフェイスを移植し、設定にはない左ハンドルの300Cツーリングを増産中だ。

マグナムにチャレンジャーフェイスを移植、誰もが待ち望んだ脱クーペの進化!

誰もが一度は夢に見たであろう。脱クーペのチャレンジャーが遂に完成した。荷物も人も楽に載せられる、まさにステーションワゴンのメリットを兼ね備えた進化系チャレンジャー。この姿、増殖していくかもしれない。

日本初!?マグナムをチャレンジャーフェイスにする!

ダッジ・マグナムにチャージャーフェイスを移植したガレージジョーカー。今度は日本初となるマグナムにチャレンジャーフェイスを移植する作業に突入! この姿、マジでカッコイイぞ!

チャージャーワゴン完成!この姿、純正にあっても面白い!

遂に完成したチャージャーフェイスのマグナム。2台のクルマを融合させたとは思えない違和感の無い仕上がりは、まさに職人技。完成した姿も気になるが、ガレージジョーカーは早くも次なる計画も進行中!

 

最新記事


2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。

2024/05/15

SUVが小さく見える、本気のモーターホーム【2022 TIFFIN ALLEGRO BREEZE 33BR】

キャンピング

OTHER

アウトドア

アメ車の専門店は全国にあるが、バスの様なモーターホームを扱うのは、熊本のワッツ以外にないのでは?代表の村上さんは「他店にはない個性」を追求した結果と語るが、全国から問い合わせが後を絶たないそうだ。

ランキング


2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2020/07/28

【パワーと贅沢の融合】一度は乗ってみたいGMCシエラ・デナリの魅力

ピックアップトラック

GMCシエラ・デナリについて解説。シボレーよりもGMC派にとっては、ヘビーデューティ性能とラグジュアリーが融合した魅力的な選択肢として人気の車種。豪華な装備やオフロード性能、EcoTec3 5.3L V8エンジンなど、ユニークな特徴をご紹介しよう!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。