マグナムにチャレンジャーフェイスを移植、誰もが待ち望んだ脱クーペの進化!

ステーションワゴン

ダッジ

ボディワーク

アメマガ2022年11月号

ガレージジョーカー

千葉県

フェイス移植

マグナム

チャレンジャー

THRILL RIDES

誰もが一度は夢に見たであろう。脱クーペのチャレンジャーが遂に完成した。荷物も人も楽に載せられる、まさにステーションワゴンのメリットを兼ね備えた進化系チャレンジャー。この姿、増殖していくかもしれない。

THRILL RIDES


フェイス移植は更なる計画も始動!次は4枚ドアのチャレンジャー

MAGNUM×CHALLENGER

クーペ→ステーションワゴンとなる夢のチャレンジャー。 こちらのページにて 作業工程でも触れているように、ベースはマグナムSRT8。ここにチャレンジャー・ヘルキャットのフェイスを移植。チャレンジャーのコアサポートを用いることで、マグナムにもチャレンジャーのフェンダー、グリルバンパーを取り付けることは可能だが、重要なのは違うデザインのクルマを「違和感なく融合させる」こと。その融合点となるフェンダー成形が、作業時間の大部分を占める。

厚みのあるチャレンジャーフェイスを、マグナムボディ合わせるようにフェンダーはなだらかに成形され、サイドにあるボディプレスラインも、どちらかを完全に消すのではなく、お互いのデザインをなるべく生かしながら、ラインをグラデーションでボディに馴染ませている。また、大きなズレが生じていたボンネットの角とボディ側の段差も、そんな段差があったことすらも忘れるぐらいに、違和感なくフラットに成形。

プロショップ、職人毎に融合させるやり方には意見もあるだろうが、ガレージジョーカーもまた、今回のやり方が必ずしも正解とは思っておらず、更なる探求が進んでいる。実際にカタチを作り上げたからこそ分かるノウハウも蓄積され、今後は作業工程の短縮化も可能だと言うことから、ユーザーからのオーダーも受け付けることになるだろう。

 

そして更に、新たな計画も進行中。それが、チャージャー・SRT8をベースに、チャレンジャーフェイスの移植。ステーションワゴンの次は、セダンのチャレンジャーだ。


マグナムをチャージャーフェイスにする!【ガレージジョーカー】

チャージャーワゴン完成!この姿、純正にあっても面白い!


初代チャレンジャーを意識しヘッドライトはシールドビームに変更。そのヘッドライト・ハウジングは620ダットサントラック用を加工し取り付けられ、車検も問題なく取得可能。

当初はスタンダードグレードのチャレンジャーフェイス移植を予定していたが、グリルバンパーのボリューム感がマグナムには合わないとして、大型リップスポイラーが装着されているヘルキャット用に変更。当然ボンネットもヘルキャット用だ。ワインレッドのボディにオレンジパールを重ねオールペンしたボディは、見る角度や光の具合でオレンジの濃淡がガラリと変わる。

ボディサイドにあるプレスラインは、車両デザインにとって大きなポイントだけに、完全に消し去ると違和感を感じてしまう。お互いのボディプレスラインをパテ造形によってグラデーションでボカしていき、ボディに違和感なく馴染ませている。

また、ボリュームがあるチャレンジャーのフェイスを、ドア側のマグナムフェンダーに合うように、なだらかに成形もされている。チャレンジャーのボンネットは、フロントガラス側が反り返っているため、マグナムボディに合わせると大きなズレがあったが、何処をパテで造形したのかが分からないぐらい自然に仕上がっている。これぞまさに職人技。

ベースとなるマグナムSRT8 は、ジオバンナ22インチホイール、ローダウンサス、ボーラマフラー、タワーバーが装着されている。因みに、完成したこのクルマはガレージジョーカーのデモカーとして並ぶが、希望があれば販売も可能なので、気になる方は相談してみよう。


GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】

TEL:0479-25-7740
https://www.garage-joker.com


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年11月号掲載


関連記事

RELATED


日本初!?マグナムをチャレンジャーフェイスにする!

ダッジ・マグナムにチャージャーフェイスを移植したガレージジョーカー。今度は日本初となるマグナムにチャレンジャーフェイスを移植する作業に突入! この姿、マジでカッコイイぞ!

チャージャーワゴン完成!この姿、純正にあっても面白い!

遂に完成したチャージャーフェイスのマグナム。2台のクルマを融合させたとは思えない違和感の無い仕上がりは、まさに職人技。完成した姿も気になるが、ガレージジョーカーは早くも次なる計画も進行中!

20数年ぶりにアメ車に乗ることを決断したオーナーが選んだのは06年型マグナム

過去に数々の武勇伝を一緒に作り上げてきたガレージジョーカー小川氏の一声により、20 年ぶりのアメ車となる06年型マグナムを購入した野村さん。現在は、アメ車マガジンイベント「AMZ」でアワードを獲得するため、日々カスタムに励んでいる。

ATでも充分楽しいですが、MTならもっと楽しいハズ【2014 ダッジ チャレンジャーR/T】

ナイトライダーを観たことがきっかけでマスタングに興味を持つが、幼馴染の三善さんがチャレンジャーを購入した事に触発され、自分もマッスルカーワールドに踏み込んでしまったそうだ。

色のコダワリは無いが、何故か黄色のチャレンジャーを3台乗り継ぐ

走れるチャレンジャーカスタムを提案するCARBOX。ヘルキャットオーナーの竹林さんは、実はこの車両が3台目のチャレンジャーだったりする。

 

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429