チャージャーワゴン完成!この姿、純正にあっても面白い!

ステーションワゴン

ダッジ

ボディワーク

アメマガ2022年9月号

ガレージジョーカー

千葉県

フェイスリフト

マグナム

チャージャー

遂に完成したチャージャーフェイスのマグナム。2台のクルマを融合させたとは思えない違和感の無い仕上がりは、まさに職人技。完成した姿も気になるが、ガレージジョーカーは早くも次なる計画も進行中!

マグナムにチャージャーフェイスを移植


職人の拘りで違和感なく2台を融合

前から見ればチャージャー、後ろから見ればマグナム。その組み合わせに違和感はあれど、全体の見た目から受ける違和感は感じない。その理由はやはり、単純に取って付けた作業を行なっていないからだ。アメ車に詳しくない人が見たら、この形で販売しているクルマだと思うに違いない。

工程を振り返ると、作業スタート時に見たチャージャーフェンダーとマグナムボディの違いは一目瞭然。同じLXプラットフォームだとはいえ、ボディデザインが違うのだから当然のこと。だがそれを、お互いのフェンダーを組み合わせる手法、ボディラインをグラデーションでボカし融合させる造形技術はまさに職人。また、カスタムにありがちな表面だけ繕う仕様にはせず、フェンダー裏側など見えない部分の処理も手を抜かず行なっているのもプロショップの証だ。

さて完成したこのクルマ、実は販売車両となる予定。車検も問題なく通り、希望があれば1ナンバーの取得も可能。そして、ショップでは次なる計画の準備も進められ、ファクトリーにはチャレンジャーのフェイスが…。

チャージャーのフェンダーとマグナムのボディサイドでは形状が違うため、ボディラインに大きなズレがあった。しかしお互いのフェンダーを切り取り組み合わせ、鉄板の絞り加工、パテ造形技術により、お互いのボディラインをグラデーションでボカして違和感のないように仕上げられた。10日間の作業のなかで、一番時間を掛けたのがフェンダー処理。この拘りが美しいボディを生み出したと言えるだろう。

フェイスチェンジに合わせ、ホイールはSRTタイプの20インチに履き替えて、シャンパンゴールドにペイント。他にボンネットにはダクトを加え、フロントリップスポイラーも追加。

次なる計画は4ドアor ワゴンのチャレンジャー!?


GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】

TEL:0479-25-774 0
HP:https://www.garage-joker.com/


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年 9月号掲載


関連記事

RELATED


マグナムにチャレンジャーフェイスを移植、誰もが待ち望んだ脱クーペの進化!

誰もが一度は夢に見たであろう。脱クーペのチャレンジャーが遂に完成した。荷物も人も楽に載せられる、まさにステーションワゴンのメリットを兼ね備えた進化系チャレンジャー。この姿、増殖していくかもしれない。

日本初!?マグナムをチャレンジャーフェイスにする!

ダッジ・マグナムにチャージャーフェイスを移植したガレージジョーカー。今度は日本初となるマグナムにチャレンジャーフェイスを移植する作業に突入! この姿、マジでカッコイイぞ!

マグナムをチャージャーフェイスにする!【ガレージジョーカー】

ダッジ・マグナムに注目するガレージジョーカーが、職人の鈑金技術を駆使してフェイス移植を行なっている。今回はマグナムをベースにチャージャーのフェイスを移植。その作業に密着し、遂に完成となったので紹介しよう!

20数年ぶりにアメ車に乗ることを決断したオーナーが選んだのは06年型マグナム

過去に数々の武勇伝を一緒に作り上げてきたガレージジョーカー小川氏の一声により、20 年ぶりのアメ車となる06年型マグナムを購入した野村さん。現在は、アメ車マガジンイベント「AMZ」でアワードを獲得するため、日々カスタムに励んでいる。

そろそろアメ車が乗りたいんだよね、マグナムって面白いかも

2006y DODGE MAGNUM R/T

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429