日本初!?マグナムをチャレンジャーフェイスにする!

ステーションワゴン

ダッジ

ボディワーク

アメマガ2022年11月号

チャレンジャー

マグナム

フェイス移植

ガレージジョーカー

千葉県

ダッジ・マグナムにチャージャーフェイスを移植したガレージジョーカー。今度は日本初となるマグナムにチャレンジャーフェイスを移植する作業に突入! この姿、マジでカッコイイぞ!

ダッジ・マグナムフェイス移植計画 Vol.2

THRILL RIDES


フロントのボリュームが大きいチャレンジャーをいかに馴染ませるか

こちらのページで、 ガレージジョーカーが製作したダッジ・マグナムベースのチャージャーフェイスは、読者はもとより、プロショップからの反響も大きかった。しかし、そんな熱も冷めないうちに、次なる計画であるマグナムをベースにチャレンジャーフェイス移植の作業に取り掛かっていたガレージジョーカー。


チャージャーワゴン完成!この姿、純正にあっても面白い!


作業の基本は、チャージャーの時と同様に、チャレンジャーのコアサポート(アッパーサポート)、グリルバンパー、ボンネット、フェンダーをマグナム側に移植し、フェンダーはドア側をマグナム、フロント側はチャレンジャー用を溶接して組み合わせる。

しかしボディを細かく採寸していくと、チャレンジャーのボンネットのフロントガラス側の角の高さ(ソリ)が、マグナムのフェンダー位置と大きな差があるなど、改めてチャレンジャーのフロントボディのボリュームが大きいことが判明。そのため、チャージャー移植作業以上にフェンダーを違和感なくボディに馴染ませる成形が必要となる。それこそが、まさに職人の腕の見せ所。

 

そして遂に、職人の鈑金技術を駆使した、日本初のマグナム・チャレンジャーフェイスが誕生したのだった。

マグナム&チャレンジャーのフェンダーを溶接融合させ、職人の「鉄板絞り」と「パテ技術」が駆使される

ベースとなるのは06年型マグナム・SRT8。そこにチャレンジャー・ヘルキャットの新品コアサポート、バンパーグリル、ボンネット、フェンダーを移植していく。ヘッドライトは初代チャレンジャーを意識してシールドビームに変更するが、これは車検(光軸調整)を合法で通過させる狙いもある。そのため、ヘッドライトは国産車用を使用し、取り付けるハウジングも加工することになる。

チャージャーフェイスを移植した時と同じく、ボディ側はマグナムのフェンダー、フロント側はチャレンジャーのフェンダーを分割して組み合わせる手法を取る。お互いのボディプレスラインをグラデーションでぼかすこと、ボンネットのチリを合わせる緻密な作業が大きな肝となる。

2つのフェンダー(鉄板)を重ね、熱を与えて成形する加工の「絞り」を行ない基本の形を作っていく。その接点となる断面は直線ではなく、計算によって導き出した上写真のような切り口になる。ハンマーで鉄板を絞っていき、形ができたら溶接して接合していく

チャレンジャーのフロントボディはマグナムと比べて厚みがあり、フロントガラス側のボンネット位置がマグナムフェンダーと大きくズレる。この段差を、パテ造形によって違和感なくボディに馴染ませていく。

チャレンジャーのフェンダーアーチは、独特な張り出しのあるデザインであるため、どのように仕上げるか悩むポイント。最終的に、溝を埋めてフラットにすることになった。

2つのフェンダーが溶接によって組み合わさった。溶接スポットを削り、表面はパテ造形の下準備が完了。

フェンダー裏側の余分な鉄板を切り取り、ハンマーを使ってカタチを微調整していく。最終的にはパテで造形もできるが、極力パテを厚盛せず鉄板を絞って理想のカタチに近づけるのも、職人のこだわりだ。

フェンダー裏側の溶接で組み合わせた部分には、密閉度を高めるため薄めたサフェーサーを流し込み、さらにアスファルト性の防錆剤を塗り込んでいく。これにより、耐震、防音、防錆も向上する。

裏側処理・鉄板の絞りによる調整が終わったらフェンダーをボディに組み込んで、速乾で金属のように固まる鈑金(造形・厚盛)パテを使い造形し、細かいボディラインを造り上げていく。

鈑金パテの削り作業の後、ポリパテ、サフェーサー、スポットパテを使い表面を徐々に仕上げていく。マグナム側、チャレンジャー側のボディプレスラインをグラデーションでボカしていく技術はさすが職人。

ワインレッドのボディの上にオレンジパールを吹き、クリア塗装を重ねる3コートでオールペン。仕上がりはマジョーラを思わせる、見る角度によって濃淡が現れるボディカラーを目指す。

チャレンジャーステーションワゴンが完成


GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】

TEL:0479-25-7740
https://www.garage-joker.com


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年11月号掲載


関連記事

RELATED


マグナムにチャレンジャーフェイスを移植、誰もが待ち望んだ脱クーペの進化!

誰もが一度は夢に見たであろう。脱クーペのチャレンジャーが遂に完成した。荷物も人も楽に載せられる、まさにステーションワゴンのメリットを兼ね備えた進化系チャレンジャー。この姿、増殖していくかもしれない。

フェイスチェンジで日本に設定がない左ハンドル300Cツーリングに

マグナムをベースにチャージャー、チャレンジャーのフェイスを移植し話題のガレージジョーカー。現在は300Cフェイスを移植し、設定にはない左ハンドルの300Cツーリングを増産中だ。

チャージャーワゴン完成!この姿、純正にあっても面白い!

遂に完成したチャージャーフェイスのマグナム。2台のクルマを融合させたとは思えない違和感の無い仕上がりは、まさに職人技。完成した姿も気になるが、ガレージジョーカーは早くも次なる計画も進行中!

20数年ぶりにアメ車に乗ることを決断したオーナーが選んだのは06年型マグナム

過去に数々の武勇伝を一緒に作り上げてきたガレージジョーカー小川氏の一声により、20 年ぶりのアメ車となる06年型マグナムを購入した野村さん。現在は、アメ車マガジンイベント「AMZ」でアワードを獲得するため、日々カスタムに励んでいる。

そろそろアメ車が乗りたいんだよね、マグナムって面白いかも

2006y DODGE MAGNUM R/T

 

最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]