日米のチャレンジャーファンを魅了する!深い海をイメージした作品!

クーペ

ダッジ

ROHAN

チャレンジャー

グラインダータトゥー

チャレンジャーRT SHAKER

エッジカスタムズ S-LINE

エッジカスタムズ

ラグジ

アメマガ2020年4月号

EDGE CUSTOMS

岐阜県

2015 DODGE CHALLENGER R/T SHAKER

EXTREME AMERICAN


2015 DODGE CHALLENGER R/T SHAKER

見る者を飲み込むかのような深い海をイメージした作品!

2020年の東京オートサロン・ROHANブースには、 こちらで紹介している紅蓮のチャレンジャー と対を成すような蒼いチャレンジャーも展示。アメマガの熱心な読者ならご存知だと思うが、2019年のSEMAショーに出展されたあの車両が、ついに凱旋帰国した!

 

燃え盛るような真紅のチャレンジャーとは対照的な、水をイメージしたチャレンジャーSのフルコンプリートモデル。実はこのデモカー、東京オートサロン2020に展示する前に一度太平洋を渡り、アメリカ本土に里帰りしている。そう、2019年ラスベガスで開催された世界三大カスタムカーショーの1つ・SEMAショーに出展されたのが、このチャレンジャーだ。ラグジがローハンとコラボした記念すべきファーストモデルで、紅いチャレンジャーと同様、ラグジ・島澤社長にとって単なるクルマではなく、作品と呼ぶに相応しい内容に仕上げられている。

2015 DODGE CHALLENGER R/T SHAKER、2015 ダッジ チャレンジャー R/T シェイカー

ベースとなったのは2015年型R/Tシェイカーで、世界限定10セットのエッジカスタムズ・チャレンジャーSのフルコンプリートモデルでワイド化を実現、エアフォースのエアサスやJウルフの可変マフラーも備わるが、やはり最大のポイントと言えるのは、ローハンによるボディワーク。グラインダータトゥーやダイヤステッチなど、あらゆる技法を盛り込み、塗装とは信じられないほど奥行きを実現。水をイメージしており、見る者を海の中へと引きずり込むような激しさも兼ね備える。

 

その足元を引き締め、マッスルカーらしいスポーティさを強調するのは、やはりNITTO。ホイールはローハンのオリジナルGSR20インチをインストール。アメ車をカスタムするには必要不可欠と言えるアメリカ製パーツという図式を完全に排除し。ジャパニーズセンスだけカスタムを実施。SEMAで好評を博した、その実力をとくとご覧あれ!

2015 DODGE CHALLENGER R/T SHAKER、2015 ダッジ チャレンジャー R/T シェイカー2015 DODGE CHALLENGER R/T SHAKER、2015 ダッジ チャレンジャー R/T シェイカー_N6I4928_N6I4944_N6I4956

ラグジがチャレンジャーの販売を開始してジャスト10年。これまでの集大成と言うべき、10台限定のエッジカスタムズ・チャレンジャーSコンプリートモデルでスタイリングを一新。ベースは5.7ℓのR/Tだが、ヘルキャットやデーモンが霞んでしまうほど大胆な変貌を遂げている。

2015 DODGE CHALLENGER R/T SHAKER、2015 ダッジ チャレンジャー R/T シェイカー_N6I4983

塗装とは思えないほどの深みや奥行きを実感させる、ROHANのペイントワーク。深い海をイメージしたキャンディブルーで、クールな雰囲気を感じさせつつも、作り手の情熱を感じさせてくれる。フェンダー部分にさりげなくあしらわれるLUXZとROHANのロゴは、いたずらに自らを主張しないスタンスを象徴しているかのようにも見える。

ホイールはROHANのオリジナルGSRで、20インチをチョイス。タイヤはもちろんNITTO

ホイールはROHANのオリジナルGSRで、20インチをチョイス。タイヤはもちろんNITTOで、アメリカンとも違う独特なカスタムスタイルを創り出していると言えよう。

_N6I5009

インテリアは隅々にわたるまで、スネークをイメージさせるテクスチャーに張替えを実施。紫のイルミネーションが、妖しさを感じさせずにはいられない。まさに、夜が似合いそうな1台だと言えよう。


Produce:LUXZ【ラグジ】

TEL:058-259-3922
URL:https://luxz.jp/


■写真:浅井岳男
■文:空野稜
アメ車マガジン 2020年 4月号掲載

最新記事


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

ランキング


2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger