1/18ダイキャストにもトラックブーム到来!モンスタートラックのド迫力ハンパねぇ!!

ホビー・雑貨

ミニチュア

アメホビ

ミニカー

ダイキャスト

アメマガ2020年5月号

イジリーズ・ルーム

アメカル

IJIRY'S ROOM:Recommend 1/18 scale Model

イジリーズ・ルーム


KINGS OF CRUNCH 1/18 MONSTER TRUCK SERIES

魅力的なアメ車のミニカーはたくさんリリースされているけど、これぞ「アメリカン」なモンスタートラックの1/18 スケールダイキャストシリーズの「キングス・オブ・クランチ」がグリーンライト社が展開開始!この迫力のアピアランスをご覧あれ!!

ビッグスケールでモデル化された「化物」トラック

今も昔もアメ車のミニカーのもっともポピュラーなのは1/18スケールのいわゆる「ビッグスケール」だろう。これまではモデル化のメインストリームは、マッスルカーやスポーツモデルだった。そんな中、今やアメリカのミニカーメーカー界の巨人:グリーンライト社が、モンスタートラックのシリーズ「キングス・オブ・クランチ」をスタートさせた。 2019年から展開されているシリーズだが、その第一弾として、モンスタートラックの元祖である「ビッグフット」が発売され、その後、数バリエーションがリリースされている。その魅力は、何と言っても、そのデカさとド迫力。これぞアメリカンなカテゴリーのダイキャストミニカーを堪能していただきたい。

1/18 GREENLiGHT:BIGFOOT #1 THE ORIGINAL MONSTER TRUCK 1974 FORD F-250

1/18 GREENLiGHT:BIGFOOT #1 THE ORIGINAL MONSTER TRUCK 1974 FORD F-250 1/18 GREENLiGHT:BIGFOOT #1 THE ORIGINAL MONSTER TRUCK 1974 FORD F-250 AM3I0213AM3I0204AM3I0190

オリジナルのモンスタートラックとなる「ビッグフット」。この伝説的なマシンが1/18スケールダイキャストとしてグリーンライトから登場。こちらの初期仕様は48インチタイヤを装着しているが、その後66インチ仕様もリリースされている。ギミックはボンネット、左右ドア、テールゲート。残念ながらサスペンション機構やステア機構は再現されていない。とはいえ、このド迫力は他に類をみないもので、超オススメのミニチュアだ。

1/18 GREENLiGHT:JEFF DANE'S KING KONG 1975 FORD F-250

1/18 GREENLiGHT:JEFF DANE'S KING KONG 1975 FORD F-250 1/18 GREENLiGHT:JEFF DANE'S KING KONG 1975 FORD F-250 AM3I0105AM3I0152

こちらは初の66インチタイヤを装着したモンスタートラックとして知られる「キングコング」。ギミックはビッグフットと同じだが、66インチタイヤ装着により、より巨大でド迫力となっているぞ!

AM3I0238

上の写真は、左が66インチタイヤ装着のキングコング、そして48インチタイヤ装着のビッグフット。その横には比較用に32年型フォードのストリートロッド、さらに1/18のフィギュアを並べたがモンスタートラックの巨大さが分かってもらえるだろう。

AM3I0217

上の写真は、通常の1/18 スケールのパッケージと「キングス・オブ・クランチ」の比較。ミニカーがデカいだけに、当然ながらパッケージもデカい! 価格もビッグに2万円前後を覚悟しておこう(汗)。

モンスタートラックってナンダ?!

オフロードマニアのボブ・チャンドラーが愛車の74年型F250をモディファイしてレースに参戦する中、市販されているパーツでは満足がいかず、自ら4駆専門のパフォーマンスセンターを開業。モディファイを重ねた愛車は、79年には軍用車の48インチ・タイヤを装着し、4WS機構を導入。超巨大なタイヤを装着したことから、“ ビッグフット” と命名。ここで世界初のモンスタートラックが誕生した。当初はトラクタープル(牽引レース)やカーショーに参加していたが、ふざけて廃車を踏み潰すシーンをビデオに収めてショップで流していたところ、それを見たイベントプロモーターが、イベントの余興として同等のパフォーマンスの披露を依頼。


その圧倒的なパフォーマンスは爆発的な人気となり、一つのショーイベントに発展。現在ではモンスタージャムとしてメジャースポーツ並みの人気を誇っている。近年日本国内でも開催され、日本人ドライバーも誕生している。モンスタートラックのパイオニアが“ ビッグフット” なのに対して“ キングコング” は、初めて66インチ・タイヤを導入したマシンとしてモンスタートラック史上外せない存在なのである。

GREENLIGHT: www.greenlightcollectibles.com


※今回紹介しているミニカーには絶版品も含まれます。プライスも含め入手できるかどうかは「マリブホビーズ」に問い合わせてみよう。どんなレアモノでも世界中から探し出してくれるのでノープロブレムだ。

◆マリブホビーズ

tel:0480-85-7306
http://www.malibuhobbys.com/


★ Photo: 古閑章郎
アメ車マガジン 2020年 5月号掲載

最新記事


2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/01/23

クアートFABでキャデラックATSを見た瞬間、奥様が一目惚れをして乗り換え

セダン

キャデラック

クルマを購入する時、一番重視するのは何か? もちろん欲しいクルマがあるかは当然だが、その次に価格ばかり見てはいないだろうか? でも、結局はお店とお客さんとの信頼関係で、人と人との縁が重要と言える。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】