旬のトレンドアイテムにて現行型ラムをアップデート

ピックアップトラック

ラム

ラッピング&ペイント

ラム1500ララミー

セントラル

フューエル・オフロード

アメマガ2020年5月号

リフトアップ

ラム1500ララミー ビッグホーン

オープンカントリー

ラム1500

EXTREME AMERICAN

6インチリフトアップ

群馬県

フューエル

RAM 1500 LARAMIE LONGHORN EDITION

EXTREME AMERICAN


RAM 1500 LARAMIE LONGHORN EDITION

魅せるストリート・リフテッド

オフロード・シーンから波及したリフトアップ系カスタムだが、泥臭さよりもストリート映えする“ 魅せる”演出がトレンドスタイル。

 

ピックアップが軒並み新型モデルへと切り替わるなかで、もちろんラムも同様に新型モデルへとリニューアル。それらが日本へ続々とインポートされているというアナウンスも誌面にてお伝え済みだが、それらを目にする機会はそう多くはない。ましてやカスタムとなればなおさら。そんな中で群馬のセントラルがメイクしたデモカーはというと、2019年型ラム1500をベースとしている。「やるなら一番先に!」という考え方はいかにもアメ車ショップらしい。

ラム1500 ララミー ロングホーンエディション、RAM 1500 LARAMIE LONGHORN EDITIONラム1500 ララミー ロングホーンエディション、RAM 1500 LARAMIE LONGHORN EDITION

ピックアップのカスタムと言ったら、アゲるかサゲるかの二極。セントラルが迷うことなく選択したのはアゲ。ファブテックの6インチアップ・パフォーマンスシステムを用いて新たなサスペンションを構築するとともに、ボトムスは37インチ外径のトーヨー・オープンカントリーM/Tタイヤにフューエルオフロードホイールのフォージド24インチという組み合わせ。さらにボディにはファブフォースのバンパーを装着するなど、最旬トレンドアイテムをしっかりと押さえてメイク。本場流を体現した仕立てはまさにクール!

ラム1500 ララミー ロングホーンエディション、RAM 1500 LARAMIE LONGHORN EDITIONDSC_6663DSC_6665ラム1500 ララミー ロングホーンエディション、RAM 1500 LARAMIE LONGHORN EDITION

元々のボディカラーはブラックだが、ラッピングにてパールオレンジへと一新。前後にはファブフォース(マトリックス・フロントバンパー/ベンジェンス・リアバンパー)バンパー、ベッドにはADDICTIVEデザートデザインズのHONEYBADGERチェイスラックを装着してアグレッシブにメイク。

フューエル・オフロード フォージドFF01

訳すと“ 燃料” を意味するブランドが「フューエル・オフロード」。1ピースに2ピース、フォージド、ディープリップ、デューリーと、種類はもちろんデザインもバラエティーに富んで人気を博す。そんな中から撮影車が履くのは、フォージドFF01。渦を巻いたデザインのディスクが実に個性的。そんな14Jの極太リムに、タイヤはトーヨー・オープンカントリーM/T(37×13.50R24LT)を組み合わせる。

DSC_6660

サスペンションは一掃され、ファブテックの6インチアップ・パフォーマンスシステムをインストール。このシステムにはフロントにリモートリザーバーを備えたダートロジック2.5コイルオーバーショック、リアにダートロジック2.25ショックが組み込まれているだけでなく、1/4インチ厚の頑丈なスチール製クロスメンバー、ステアリングナックル、スキッドプレートなどが内包され、オン・オフ問わず優れた乗り心地を生み出す。


THANKS:CENTRAL【セントラル】

TEL:0274-24-4541
HP:http://www.automobile-central.com


PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2020年 5月号掲載


最新記事


2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger