3.0ℓディーゼルターボエンジン搭載の魅力的過ぎる2020年型シルバラード

ピックアップトラック

シボレー

ショップ

シルバラード

埼玉県

シルバラードZ71

テクニカ

アメマガリコメンドショップ

シルバラード 3.0 ディーゼルターボ

アメマガ2020年8月号

TECHNICA【テクニカ】

AMEMAG RECOMMEND PROFESSIONAL SHOP


アメマガリコメンド・プロショップ『テクニカ』
2020 Chevrolet Silverado 3.0L DIESEL TURBO

自動車業界では“ 排ガス登録のスペシャリスト”として知られる『テクニカ』。近年では同時に、ダッジ・チャレンジャーの取り扱いでも名を馳せているが、そんなテクニカが超魅力的な1台を輸入した。シボレーのフルサイズピック、しかもディーゼル搭載車なのだ!

最大トルク63.6kg-mをわずか1500rpmから発生するモンスター

1974~79年、6年連続でシリーズチャンピオンを獲得。70年代の「ストックカー・レースシリーズ」を席巻した伝説の名ドライバー・亀田(現姓は野島)賢一さんが代表を務める、技術系プロショップが「テクニカ」だ。


昔も現在も得意としているのは「排ガス試験をクリアする」ことで、大手輸入車ディーラーからキャンピングカー販売会社、そして中小カーショップまで、幅広い信頼を集めている。もちろん国産車・輸入車問わず、修理・メンテナンスも長年のノウハウを生かして対応。近年ではダッジ・チャレンジャーの販売にも力を入れているというから、アメ車ファンとしてもチェックしておきたいのだ。


そんなテクニカが今回、自社で輸入したのがフルサイズ・ピックアップトラック「シボレー・シルバラード」2020年モデルだ。搭載エンジンはなんと、DURAMAX 3.0ℓ直6ターボディーゼル!10速ATと組み合わせ、最大トルク63.6kg-mをわずか1500rpmから発生するモンスターだ!!

で、ディーゼルということで気になるのが排ガス登録の問題だが、ここはテクニカが最も得意とするところでノープロブレム。日本でこのクルマを堂々と乗れるのは、至福と言うしかない!


ちなみに今回のモデルはリヤシートが最大に稼がれた「クルーマックス」仕様。パートタイム4WDで、本革シート、20インチホイールなど装備も超ゴージャスな「LTZ」グレード。さあさあ、ゲットするのは早いモノ勝ちだ。

2020 シボレー シルバラード 3.0L ディーゼルターボ

シボレーのフルサイズピックアップシリーズである「シルバラード」。今回の「1500仕様」はライトデューティで乗用指向の強いモデルだが、それでも“クルーマックス・ショートベッド” で、全長5885mm、全幅2063mmの大迫力!

2020 シボレー シルバラード 3.0L ディーゼルターボ2020 シボレー シルバラード 3.0L ディーゼルターボ2020 シボレー シルバラード 3.0L ディーゼルターボ

今回の仕様は上級グレード「LTZ」で、パワー調整機能付きの本革シート、ベンチタイプのフロントは3分割式だ。さらに8インチタッチスクリーンのシボレー・インフォテインメント3プラスシステムなど、その内容は超高級SUV並み。

今回の仕様は「Z71」というオフロードパッケージも付属している。サスペンションはフロント=独立式、リヤ=リーフ・リジッド式だが、ランチョのショックアブソーバーで強化されている。また4WDモデルであったが、パートタイム式をベースに“ オートモード”も備え、走りの利便性をアップ。タイヤは275/60R20のオールテレーンタイプ。

2020 シボレー シルバラード 3.0L ディーゼルターボ

搭載エンジンは新開発の3.0ℓ直6ターボディーゼル。シルバラード1500では他、5タイプのガソリンエンジンが選べるが、スペックはこのディーゼルが、ガソリン最大排気量の6.2ℓV8に匹敵するほどだ。最大出力277hp、最大トルクの460lbft(63.6kg-m)はわずか1500rpmで発生するのだ。トランスミッションは10速ATで、燃費についても23MPG city&33highway(おおよそ9.7 ~13.9km/ℓ)と驚異的だ。


Special Thanks:テクニカ

Location:埼玉県所沢市松郷98-1
Tel:04-2968-7755
HP:http://www.technica-auto.com

かつてセドリックベースのマシンでサーキットシーンを震撼させていた野島社長率いる「テクニカ」。輸入車やキャンピングカーの“ガス検”を得意とし、多くの正規輸入車ディーラーや、キャンピングカー販売店の強い味方になってきた。一般的な修理、車検、新車・中古車販売はもとより、最近では「109 MOTORING」の名のもと、ダッジ・チャレンジャーのプロショッップとして名を馳せている。

テクニカテクニカ


★ Photo:浅井岳男
★ Text:高坂義信
アメ車マガジン 2020年 8月号掲載

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。