ワイドボディのチャレンジャーに一目惚れして即決!

クーペ

アメマガガールズ

ダッジ

アメマガ2020年9月号

アメ車女子のライフスタイル

チャレンジャー

アメ車女子

彼女たち流のアメ車との付き合い方
2013 DODGE CHALLENGER

#アメ車女子のライフスタイル


2013 DODGE CHALLENGER

2013 DODGE CHALLENGER

ワイルドなビジュアルとは裏腹にドライバーは清楚系というギャップ!

ワイドボディにファントムグリル、その見た目からドミニクみたいなゴツい系のオーナーが運転席から顔を出しそうな雰囲気を、良い意味で裏切る清楚系女子!

ワイドボディに一目惚れして即決!

ワイルド系女子と言うよりはキュートな清楚系と言った印象のレイカさん。なので、どちらかと言えばワイドボディのチャレンジャーよりも高級車の助手席が似合いそうな雰囲気で、「免許は持っていません…」的な返事が返ってきそうな第一印象だったが、そんな印象とは対照的に、ワイルドなチャレンジャーを操り運転席から降りてくるギャップが堪らなくセクシーで映える。

2013 DODGE CHALLENGER 2013 DODGE CHALLENGER

彼女がチャレンジャーを手に入れたのは今から一年前。チャレンジャー特有の可愛い丸目と、往年のモパーマッスルを忠実に再現したフォルムに一目惚れしたのがキッカケだ。しかしオリジナルのチャレンジャーに乗る女子は意外と多く、より個性を追い求める彼女にとって普通のチャレンジャーでは物足りない。どちらかと言うと黒いボディを活かしたワイルドなカッコ良さのなかに、ほんのり可愛さを散りばめた仕様が好みなだけに、エッジカスタムズのワイドボディ化やファントムグリルは、ドストライクだったと話す。購入後、さらにアレンジを施すべく装着したルーバーやサイドピラーカバーを駆使して、思い描いていたチャレンジャーの姿へと一心不乱にカスタムに勤しむ姿もステキ?

DSC_3294

作業はもっぱらDIYでと意気込むものの、なかなか自分一人では難しく、作業に困っているレイカさんの姿を見かねた近所のおじさんに手伝ってもらうこともしばしば。カワイイ女の子の特権とはまさにこのことだ(笑)。「仕上りはDIYなりで、アメリカンクォリティです…」と自虐しているが、見る限り完成度の高い仕上がりであり、文句なしにカッコイイ〝的を射たカスタム〟は玄人をも唸らせる勢いである。


また、チャレンジャーと同じくらいハマっているのが釣りで、チャレンジャーを3時間運転して1人で釣り場まで出かけることも多いらしい。ワイドボディのワイルドチャレンジャー×清楚系美女というだけでもギャップを感じるのに、さらにこのクルマで釣りに出かけているとは、ギャップにギャップを重ねた、必殺〝ギャップ重ね〟である。 ツーリングやミーティングはもちろん、アメ車で釣りを一緒に楽しめる方も募集中とのことなので、心当たりの方はぜひお誘いしてみてはいかがだろう。

DSC_3264 DSC_3256 DSC_3269DSC_3271

ビレットのファントムグリルにカーボンボンネット、HYPER FORGED20インチ履きにブレンボブレーキ、ローダウンにエッジカスタムズのワイドボディキットで完全武装するレイカさんのチャレンジャー。そのワイドフォルムをよりディープに、そしてワイルドに仕立てるべく、リアルーバーやサイドピラーパネルを追加。着々と彼女好みのスタイルへと進化中。

DSC_3299 DSC_3302DSC_3306

黒基調の落ち着いた雰囲気のインテリアはホワイトのアクセントやステッチを際立たせ、エレガントかつスポーティな印象。モパーのシフトノブの存在感も相まって程よくレーシーに仕立てる。そして何より個人的に大好きなのがリアフォルム。まるで戦闘機のような攻撃体制万全のビジュアルは、ただものではないオーラがハンパなく溢れ出ている。

 2013 DODGE CHALLENGER

owner : REIKA


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2020年 9月号掲載

最新記事


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

ランキング


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。